品質保証システム

味の素グループは独自の品質保証システムを用い、全ての工程で厳格な品質保証を行っています。

味の素グループのHACCPについて

HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point:危害分析重要管理点)は、1960年代に米国で考案された宇宙計画向けの食品衛生管理方法で、膨大な数の検体を必要とする最終製品検査システムではなく、製造における重要な工程を連続的に監視することにより、ひとつひとつの製品の安全性を保証しようとする衛生管理法です。
(厚生労働省 関東信越厚生局ホームページより抜粋)

味の素グループのHACCPについて

厚生労働省は、限定されたジャンルの食品(乳製品、食肉製品、レトルト製品など)を製造する工場を対象に、HACCPの認定(「総合衛生管理製造過程」の承認)を行っており、「Cook Do®」製造工場もその承認を受けています。さらに、味の素グループでは独自の「HACCP基準」を定め、認定の対象外の製品についても同様な考え方で製造しています。 こうした厳しい管理体制で製造された「ほんだし®」は、HACCP発祥の地であるアメリカFDAの厳しいHACCP基準をクリアし、アメリカに輸出しています。