「食の安全」についてうかがいました

食の専門家の皆様に、「食の安全」に関するお話をうかがいました。

農薬の役割って?農薬を使わないとどうなる?

ニュースなどの情報から、農薬に対して漠然とした不安を抱く消費者も少なくありません。
そこで今回は、日本農薬学会会長もお務めになった上路雅子氏にお話を伺い、そもそも農薬とはどういうものなのか、また、気になる「残留農薬」の安全性などについて解説していただきます。

第1章 農薬ってそもそも何?

農薬は、多様な役割を持っている

ニュースなどの多くの情報源から、農薬に対して不安をお持ちの方がいらっしゃると思います。そのような不安を払拭できるよう、そもそも農薬とはどういうものなのかというところからお話ししたいと思います。
農薬にはたくさんの法律が関係しています。大きく関わっているのが「農薬取締法」という法律で、その中に記載されている農薬の定義が、農薬を位置づける一番の基本とされています。そこでは、農作物の生産上問題になる病害虫や雑草などを防除するだけではなく、農作物の生理機能の増進や、抑制に用いられる薬剤も農薬と定義されています。農作物の成長促進や抑制という点については、ナシやメロンなどの果実をつきやすくしたり大きくしたり、また稲などの成長を抑えて倒れにくくするなどの例があります。このような有用性も農薬を考える時に重要な要素です。
また、同じく定義の中にある「生物農薬」というのは、生物を生きた状態で病害虫の防除に利用する天敵昆虫や微生物などをさしています。なお、農作物とは人が栽培している植物の総称であり、ゴルフ場や公園の芝生などもこれに該当し、多くの「ゴルフ場農薬」が使用されています。
これらの定義から、農薬は、病害虫や雑草など、農作物の生産上での問題を解決するための資材であることが大前提だといえるでしょう。

農業の定義

「農業取締法第一条の二」

(1) 農作物(樹木、農林産物含む)を害する金、線虫、だに、ねずみその他の動植物又はウイルスの  防除に用いられる殺菌剤、殺虫剤、その他の薬剤

(2) 農作物などの生理機能の増進又は制御に用いられる成長促進剤、発芽抑制剤その他の薬剤

(3) ゴルフ場農薬

(4) 天敵、有用微生物などの生物薬品

・収穫後の作物に使われているポストハーベスト用の農薬は「食品添加物」扱いで食品衛生法の規制対象
・衛生害虫(ハエ、ダニ、カなど)の防除は農薬ではない

農薬取締法での農薬の定義:解説

(1) 農作物とは:
鑑賞目的の樹木・盆栽・草木、ゴルフ場・公園・街路樹・山林樹木を含む

(2) 農林産物とは:
農作物から生産されたもので加工されていないもの(加工された酒、パンなどは含まない)

(3) 病害虫とは:
病菌、害虫、ネズミなどに加えてスズメなどの鳥類、ナメクジ、ザリガニ、雑草などが含まれる
農作物に害を与えない不快害虫、衛生害虫などは含まれない

(4) その他の薬剤とは:
除草剤、忌避剤、展着剤(各種農薬の効力増進)、農薬をしみ込ませて使用する
防虫・防菌袋、殺草用マルチフイルムなど

農薬の、一番の目的とは?

農薬の、一番の目的とは?

「農薬取締法」は、昭和23年に、不足していた食糧の増産に向けて、病害虫の防除用農薬の適正管理を行うために出来た法律です。ですからその想いをくめば、農薬の一番の目的は、安全な農作物を量的にも安定して供給できるようにすることで、食糧自給率の向上にも貢献することといえます。 このように農業生産における病害虫や雑草などの防除はとても重要で、農作物の収量が減少したり品質が低下する状況を作らないためにも、農薬の存在価値があるのです。
最近よく耳にする言葉に「環境保全型農業」があります。「環境保全型農業」というのは、化学的に合成された肥料や農薬の使用を抑制し環境負荷を軽減する農法のことで、合鴨・鯉などを使う農法や、有機栽培も、環境影響に配慮した農法です。農薬を使った栽培法もひとつの農法であり、これらのさまざまな技術の特長をいかし、 あるいは相互に補い合って、安全な農作物を生産することが求められています。
日本の農作物の総生産量における有機栽培が占める割合は、今はまだ全体の0.17%程度です。日本の農業生産として、食糧の安定供給という観点から見ると有機栽培だけでは難しい状況です。したがって、農薬の特性を十分理解し、病害虫や雑草などの防除技術としていかに上手に組み込んでいくかが、重要なポイントだと思います。次回は、農薬を使わないとどうなるのかについてお話しします。

有機農産物の格付数量の国内総生産量に占める割合(平成18年度)

区分 (%)
野菜 0.19
果樹 0.05
0.13
0.06
大豆 0.43
緑茶(あら茶) 1.68
その他の農産物 2.17
全体平均 0.17

農林水産省生産局農業環境対策課
平成20年8月「有機農薬の推進について」より

取材内容は2010年8月時点のものです。

ページの続きはこちらからご覧ください

【第2章】もし農薬を使わなかったら?