「食の安全」についてうかがいました

食の専門家の皆様に、「食の安全」に関するお話をうかがいました。

気になる輸入食品のリスクや検査、そして輸入食品との付き合い方

食料自給率が低い傾向にある日本にとって無くてはならないのが輸入食品です。「輸入食品は国産品よりも安全性で劣るのでは?」と考える消費者も少なくありませんが、実際はどうなのでしょうか。輸入食品のリスクから安全性を確保するための検査から、輸入食品との付き合い方まで、厚生労働省医薬食品局食品安全部監視安全課輸入食品安全対策室の近藤卓也氏にお伺いします。

第1章 輸入食品とは?

遠洋マグロは輸入食品なのか?

食料自給率がカロリーベースで40%を下回っている現代の日本において、輸入食品は私たちの生活に欠かすことのできない存在となっています。
輸入食品とは、文字通り「輸入された食品」を指しています。「輸入」とは、税関手続きを経て、外国の貨物を日本に引き取ることです。また、「食品」とは人の口に入るすべての飲食物を意味し、肉や魚、野菜、果物、飲み物、加工食品に使用される原材料や香辛料など、色んなものが含まれます。つまり、輸入食品を定義すると、「外国から日本に引き取られたあらゆる食品」ということになります。

では、日本から何千キロも離れた遠洋で捕獲されたマグロは、輸入食品になるのでしょうか。
この場合、マグロ漁船の船籍(人の戸籍に相当する、船舶の所属地を示す籍)が判断基準となります。日本の船籍を持つ漁船であれば、捕獲した水産物は外国の貨物ではなく、税関手続きも不要なため、輸入食品ではないということになります。一方、これが外国船籍の漁船であれば、税関手続きが必要になり、たとえ同じ漁場で捕れたマグロであったとしても、輸入食品になります。

遠洋マグロは輸入食品なのか?

輸入食品のリスクとは?

輸入食品のリスクとは?

「輸入食品は、国産品よりも安全性で劣るのでは」という声を聞くことがありますが、実際のところ、輸入食品のリスクの種類が国産品とそれほど大きく違っているとは思いません。
たしかに、輸入食品には日本では発生し得ないリスクも考えられます。たとえば、ある特定の地域でのみ生育できるカビが存在し、そのカビ毒が食品に混入する可能性もあるわけです。しかし、そういった特殊なケースを除けば、国産品であれ輸入品であれ、リスクの種類にあまり違いはないと言えます。

食品の安全において重要なのは、どこの国の食品であるかではなく、衛生管理がいかに適切に行われているかどうかです。輸入食品の場合、生産現場が海外であるために管理の状況が直接把握できず、それが消費者のみなさんの不安感につながっているものと思います。 ただ、食品を輸入することは経済活動であって、その食品が日本国内で販売できなければ、事業として成立しません。日本で販売するためには、日本の法律に合った安全な食品を作ることが不可欠であり、国内企業と同様に、海外の事業者も食品の安全確保に向けた努力を行っています。 また、このような民間レベルの取り組みに加え、国としても、安全な食品の輸入を実現するため、輸入段階での監視を行うとともに、相手国政府との協議や現地調査を実施し、管理体制の不備などを指摘・改善しながら、政府レベルで問題解決の推進を図っています。 次回は、輸入食品の安全確保に向けた国の取り組みについて、さらに詳しくお話しします。

取材内容は2012年6月時点のものです。

ページの続きはこちらからご覧ください

【第2章】輸入食品と国の取り組み