品質へのこだわり

設計・開発から原料調達、生産、物流、販売、お客様までの各ステップに沿って、品質に対する味の素グループのこだわりをご紹介します。

原材料のおいしさと安全性を追求

おいしさの決め手となる原料には妥協しません。
生産者、サプライヤーと協力し、品質向上に取り組んでいます。また、独自の原材料品質基準に準拠し、原材料のおいしさと安全性を追求します。

原料から徹底して「おいしさ」を追求
(クノール®カップスープの場合)

コーンスープの味の決め手はスイートコーンの質と、それをパウダーにする高い技術です。安全な原料コーンを確保するため、農薬や肥料の使用などを管理しながら、農家の皆さんと共に努力しています。

さらに詳しくはこちら

原料から徹底して「おいしさ」を追求

味の素グループ品質保証システム「アスカ」を満たす原料サプライヤーとの協力体制

すべての原料は、味の素グループ独自の品質保証システム「アスカ」で定めた要件を満たすサプライヤーから購入しています。サプライヤーの皆様とは定期的にミーティングを実施するほか、製造現場を訪問して製造の様子を確認するとともに、品質保証レベルの向上について提案・指導を行っています。
また、味の素グループ独自の基準である「原材料の品質管理基準」に従って、すべての原料について作成した品質保証書をデータベース化して保管し、ロットごとにあらかじめ定めた方法で検査と記録を実施しています。