「食の安全」についてうかがいました

食の専門家の皆様に、「食の安全」に関するお話をうかがいました。

食品の国際規格「コーデックス」の役割とは?

新聞やテレビで取り上げられることが増えてきた言葉、「コーデックス」。聞き慣れない言葉ですが、世界的に認められている食品規格として私たちの食の安全に大きく関わっています。コーデックスがどんな役割を果たしているのか、消費者にはどのように関わっているのかについて、国立感染症研究所 名誉所員である吉倉廣氏にお伺いします。

第1章 コーデックスとは?

FAO/WHOが決める世界食品規格

食の安全に対する関心が高まる中、新聞やテレビで「コーデックス」という言葉を見聞きする機会が増えています。
コーデックスとは、「食品規格」を意味するラテン語、コーデックス・アリメンタリウス(Codex Alimentarius)を略したもので、コーデックス規格とも呼ばれています。この規格を策定しているのが、国連機関であるFAO(国連食糧農業機関)とWHO(世界保健機関)が合同で設立した国際食品規格委員会、通称コーデックス委員会です。コーデックス委員会には日本を含む187ヶ国と1機関(EU)が加盟しており(2016年7月現在)、コーデックスは国際社会で共有される食品規格として、世界的に認められています。
コーデックスそのものの歴史は非常に古く、13世紀から15世紀のヨーロッパまで遡ります。当時のヨーロッパでは国を越えたパンや肉の流通が始まり、食中毒などの衛生問題が発生していました。そこで、いくつかの国が集まって協定を作ることになり、これがコーデックスの起源になったと言われています。
現在のコーデックス委員会が設立されたのは1963年のことです。設立当初はヨーロッパの古い伝統を受け継ぎ、麦などの個別食品に関する規格を決めることが主な目的でした。設立から約半世紀が経過した今日、コーデックス委員会は、衛生管理のガイドラインから添加物や残留物の基準値に至るまで、さまざまな規格を策定する重要な組織のひとつとなっています。

コーデックス委員会の位置づけ

コーデックス委員会の位置づけ

コーデックス委員会の位置づけ

食の「質」と「量」

食の「質」と「量」

コーデックス委員会は、活動の目的として、「消費者の健康保護」と「食品取引における公正性の確保」のふたつを掲げています。
ひとつめの「消費者の健康保護」は、文字通り、食の安全を追求することを意味しています。一方、ふたつめの「食品取引における公正性の確保」は、公正な貿易の実現を意味していますが、消費者の方から見ると、食の安全を追求している組織がなぜ貿易の話をするのか、疑問に思われるかもしれません。その理由は、コーデックス委員会が国連の一組織であることと深い関わりがあります。
国連は、第二次世界大戦後に「国際平和と安全の維持」を目的として設立された組織です。そのため、新たな戦争の火種となりうる差別貿易を撤廃し、自由貿易を実現することが、国連にとって重要な使命のひとつになっています。

さらに、食には「質」と「量」のふたつの側面があり、どんなに安全な食品であっても、全世界の人々にいきわたる量を確保できなければ意味がありません。各国で生産されている食品を世界規模で効率よく消費するためにも、公正な自由貿易の実現が不可欠なのです。

次回は、コーデックスの具体的な役割について、より詳しくお話しします。

取材内容は2012年1月時点のものです。

ページの続きはこちらからご覧ください

【第2章】コーデックスの役割