「食の安全」についてうかがいました

食の専門家の皆様に、「食の安全」に関するお話をうかがいました。

ホントに知っていますか?食品添加物のこと

「体に悪いもの」というイメージを持つ人も多い食品添加物。しかしそれらは本当に危険なものなのでしょうか?食品添加物の安全性や、食品添加物が果たしている役割について、東京大学名誉教授の唐木英明氏にお伺いします。

第1章 なぜ食品添加物を嫌がるの?

ホントに知っていますか?食品添加物のこと

食品添加物というと、とても嫌がる人がいます。では、そもそも食品添加物とはどんなものなのでしょう。食品衛生法では、「『食品添加物』とは食品の製造過程で、または食品の加工や保存の目的で食品に添加、混和などの方法によって使用するもの」と定義されています。以前の法律では、合成添加物だけが食品添加物に指定されていたのですが、現在では「天然」、「合成」の区別なく食品添加物として認められています。たとえば、昔から着色のために使われてきたシソの葉やクチナシなどは、現在はエキスにして食品添加物の着色料として使用されています。

日本では、加工したり、保存したり、味をつけたりするときに使う調味料、保存料、着色料などをまとめて食品添加物と呼んでいます。もちろん、安全性とその有効性を科学的に評価し、厚生労働大臣が認めたものだけが食品添加物として使用できるように決められています。

ホントに知っていますか?食品添加物のこと

食品添加物とは

食品衛生法では、食品の製造過程で、または食品の加工や保存の目的で食品に添加、混和などの方法によって使用するものと定義されています。

食品添加物の分類(2016年9月26日現在)

食品添加物の分類

食品添加物の分類

400種類以上の天然添加物が食品添加物として認められています。

食品添加物の指定および使用基準改正に関する基本的な考えかた(厚生労働省)
(1)安全性が要請された使用方法において実証又は確認されること
(2)食品添加物の使用が、次のいずれかに該当することが実証又は確認されること

1. 食品の栄養価を保持させるもの

2. 特定の食事を必要とする消費者のための食品の製造に必要な原料又は成分を供給するもの

3. 食品の品質を保持し若しくは安定性を向上するもの又は味覚、視覚等の感覚刺激特性を改善するもの

4. 食品の製造、加工、調理、処理、包装、運搬又は貯蔵過程で補助的役割を果たすもの

一般の方たちが食品添加物を怖がる理由

一般の方たちが食品添加物を怖がる理由

食品添加物は、安全とその有効性が認められたものが法律で使用を許可されています。ところが不思議なことに、食品添加物が嫌われてしまっているのです。その理由は、高度成長期につぎつぎと起こった公害などの影響が大きいのではないでしょうか。水俣病をはじめ、四日市ぜんそくなど、多くの人々に健康被害を与えてしまった公害のイメージが、化学物質に対する不信感を広げてしまい、食品添加物に対しても誤解したイメージを持ってしまったのではないでしょうか。

日本における食品安全の現状

日本における食品安全の現状 SP画像

日本における食品安全の現状

大昔から食品の最大の危険は、食中毒でした。厚生労働省の統計を調べてみると、終戦後の1955年頃、日本は食中毒で亡くなってしまう人が数百人もいました。安全な食品をおなかいっぱい食べること、それが戦後の日本人の夢でした。そんな中で、食中毒の減少に非常に大きな役割を果たしたのが、冷蔵庫と保存料です。

私たちの子供の頃は、生鮮食品がほとんどで、加工食品というと塩漬けや干物、缶詰ぐらいしかありませんでした。しかし、この保存料の登場で、食品の腐敗や変質を長期間にわたって防ぐことができるようになったのです。保存料をはじめとする食品添加物や、保存技術の向上により、レトルト食品や冷凍食品などのさまざまな加工食品が誕生し、簡単に安全な食品を手に入れることができるようになりました。

食品の腐敗や食中毒などを防ぐために、そして産地や地域に関係なく便利で豊かな食生活を享受するために、食品添加物が大きな役割を果たしているのです。では、もし食品添加物がなかったら私たちの食生活はどうなるのでしょうか。このお話は、第2章でご紹介しましょう。

取材内容は2009年5月時点のものです。

 関連リンク:気になる「食」のキーワード「食品添加物」

ページの続きはこちらからご覧ください

【第2章】もし食品添加物がなかったら?