品質へのこだわり

設計・開発から原料調達、生産、物流、販売、お客様までの各ステップに沿って、品質に対する味の素グループのこだわりをご紹介します。

製造での取り組み1(「ほんだし®」の場合)

かつお節の新鮮さを生かした製品「ほんだし®」。
かつお節の新鮮さを生かした製品であるため、わずかな原料品質の違いを職人的な感覚で感じ取り、安定した品質で提供しています。

ほんだし®の工程図

ほんだし®の工程図

かつお節の鮮度管理や異物チェック、微生物分析を徹底

「ほんだし®」には、専用に開発した燻し(いぶし)香の強い荒節を使い、更に燻し方を変えた3種類の荒節をブレンドすることで最適な風味を実現しています。
お客様に安全で安心してお使いいただける製品をお届けするため、製造工程では数多くの目視点検、点検装置を用いて異物が入らないようチェックを重ね、徹底した異物管理、微生物管理を行っています。

かつお節の鮮度管理や異物チェック、微生物分析を徹底

かつお節投入の様子。

コンピュータによる制御で常に高品質を維持

製造工程全体をコンピュータ制御し、運転マンによる工程パトロールを併用することで、常に安定した品質の「ほんだし®」を作り続けています。

コンピュータによる制御で常に高品質を維持

管理室で製造工程全体をチェック。

要の工程「造粒」は常に人の目でもチェック

“顆粒”を作り出す押出造粒工程は、顆粒の使いやすさ、溶けやすさ、美しさ、風味の維持を決める大事な工程です。
この造粒工程を中心にすべての工程でどんな小さな事でも見逃さず、いつでも、手軽に、安心してお使いいただける「ほんだし®」をお手元にお届けすることを約束します。
「ほんだし®」製造工程は、川崎工場で実際にご覧いただくことができます。担当者一同、皆様のお越しをお待ちしております。

押出造粒の様子。節粉と調味料を混練(こんねり)したものを造粒する。

押出造粒の様子。節粉と調味料を混練(こんねり)したものを造粒する。

押出造粒機から出てきた、生まれたばかりの「ほんだし®」

押出造粒機から出てきた、生まれたばかりの「ほんだし®」

 関連リンク:WEBで工場見学「ほんだし®」シアター