6.コミュニティとともに

「味の素グループ行動規範」へ


私たちは、常に謙虚で誠実な態度で社会の要請を受け止め、事業活動を通しての社会への貢献はもとより、味の素グループ各社が、積極的に地域社会とコミュニケーションを深め、地域の経済、文化、教育の発展に貢献するよう行動します。

私たちは、個人においても地域社会の一員として社会貢献活動に参加することを奨励します。


6.1 事業活動を通した社会への貢献
6.1.1 私たちは、私たちの事業が原材料の調達をはじめ社会と様々なかかわりをもっていることを意識し、事業活動を通じて可能な限り、社会の課題解決に貢献するよう努めます。
6.2 地域文化の尊重
6.2.1 私たちは、事業を行う地域の社会と共存するため、その地域社会の文化、慣習、伝統を理解し、尊重する努力をし続けます。
6.3 NGO・NPOとの連携
6.3.1 私たちは、健全で豊かな社会づくりを目指し、社会と対話しつつ、NGO・NPOや地域社会との連携を図ります。
6.3.2 私たちは、連携を図るNGO・NPOについては、その活動にふさわしいパートナーを選び、共に活動していきます。
6.4 寄付、賛助活動、財団運営
6.4.1 私たちは、「味の素グループミッション」にかかわる社会的課題や社会ニーズへの対応のため、社会貢献として意義のある適正な寄付、賛助活動を行います。また、自らが設立した財団や基金などの公益事業の運営を支援します。
6.4.2 私たちは、寄付や賛助活動を行うにあたっては、その必要性、妥当性を十分に考慮し、関係法令に従って行います。