カンタン解説!アミノ酸ってなに?

地球

解説2

アミノ酸がつくるタンパク質の役割

アミノ酸はタンパク質となって生命を司る

図:アミノ酸の役割

カラダをつくるだけではない、アミノ酸の役割

アミノ酸はタンパク質の原料です。
ではそのタンパク質はカラダの中で何をしているのでしょうか?

タンパク質は「体をつくっている」だけではなく、体を動かす生命活動のほとんどを司っています。
栄養・血液になったり、各種の酵素、ホルモン、抗体となって身体を守ったり、様々な生体内反応に関わっているのです。

たった20種類のアミノ酸が10万種類のタンパク質となり、「いのちのもと」となっています。