九州工場の交通アクセスACCESS

九州工場までの交通のご案内です

〒840-2193
佐賀県佐賀市諸富町大字諸富津450
TEL:0120-474-963
受付時間: 8:30 - 16:30(平日のみ。12:00 - 13:00 除く)


  • バスの場合
    【JR佐賀駅バスセンターより】
    西鉄バス 柳川行き または佐賀市営バス 諸富経由早津江行き 諸富橋下車(所要時間25分+徒歩5分)
    【西鉄柳川駅より】 西鉄バス JR佐賀駅バスセンター行き 諸富橋下車(所要時間27分+徒歩5分)
  • 自家用車の場合
    ・佐賀大和I.Cより車で40分
    ・東脊振I.Cより車で30分
    ・八女I.Cより車で30分
    ・みやま柳川I.Cより車で30分
    ・佐賀空港より車で20分
    ・吉野ヶ里歴史公園まで車で25分
    ・佐賀城本丸歴史館まで車で20分
    ・柳川まで車で25分

周辺のみどころ

筑後川昇開橋

筑後川昇開橋は九州一の大河筑後川に架かる可動橋で全長506m。現在は「タワーブリッジ遊歩」として諸富町の新名所となりました。


吉野ヶ里歴史公園

日本中の注目を集めた吉野ヶ里遺跡は、弥生時代の日本最大級の環壕集落跡です。貴重な文化遺産を保存し活用しようと、国と県の共同事業で、総面積117haの「吉野ヶ里歴史公園」として整備されています。


佐賀城本丸歴史館

佐賀市城内の県史跡佐賀城跡に、幕末期の佐賀城本丸御殿の一部を忠実に復元し建てられた歴史博物館です。木造復元建物としては日本最大の規模を誇ります。建物周囲には、天守台、城堀、国重要文化財の鯱の門などの史跡もあり、当時の雰囲気を味わうことができる魅力的な空間です。


世界遺産 三重津海軍所跡

幕末に佐賀藩が洋式船による海軍教育を行うとともに、藩の船の係留地として、また修船・造船を行う場として機能した施設です。
現在は、佐賀市の佐野記念公園として整備されており、佐野常民記念館と目前に広がる三重津海軍所を再現した歴史公園となっています。


佐野常民記念館

日本赤十字社の生みの親である佐野常民の業績に関わる資料、遺品などを展示すると共に、次世代教育・ボランティア活動・生涯学習・地域交流活動を通して、常民の偉業や人道、博愛の精神を学んでいく人材育成の拠点施設を目指しています。


柳川の川下り

四季折々の風情を感じられる城下町を、船の上からゆったりと楽しめます。船頭の巧みな竿さばきの中、赤レンガの『並倉』や白い『なまこ壁』。ふと日常をわすれて、遠い世界にいる。そんなひとときを味あわせてくれます。


古賀政男記念館

古賀政男の偉業をたたえ、これを永遠に記念するために、幼年時代を過したふるさと福岡県大川市の生家近くに建設され、昭和57年3月1日から開館されました。愛用の楽器・遺品や数々の古賀メロディーを通 じて、人間古賀政男73年の歩みをたどることができます。


北原白秋生家

白秋の著書や遺品、さらには柳川の風物にゆかりの深い資料が数多く展示されています。 この生家は、記念的な建物であると同時に、柳川地方の明治時代の商家の形態を知る上で、重要な建物といえます。また同敷地内には記念館もあり、水郷柳川の民俗資料や白秋の詩業を紹介しています。


  • 九州工場に行ってみよう! ご予約はこちら

味の素KKの工場見学に行こう!