味の素の
工場見学
九州工場

佐賀県、佐賀市に味の素九州工場がございます。

九州工場の見学コース

九州工場の環境への取り組み「バイオサイクル」

バイオサイクルシステム:農業→農作物(トウモロコシ・サトウキビ・タピオカ)→原材料(タピオカ・デンプン等)→発酵工場→副生物→再資源化→有機質肥料→農業

九州工場の概要

九州工場の概要
設立
1943年(昭和18年)
敷地面積
230,000m²(約7万坪)
住所
佐賀県佐賀市諸富町大字諸富津450
  • 1943鈴木食料工業(株)工場建設
    大日本化学工業(株)佐賀工場と改名
  • 1946味の素(株)佐賀工場と改名
    乳幼児濃縮滋養糖を製造
  • 1948テックス生産開始
  • 1949カラメル生産開始
  • 1962味の素(株)九州工場と改名
    「味の素®」生産開始
  • 1964イノシン生産開始
  • 1965リジン生産開始
  • 1969「ハイミー®」生産開始
  • 1981シスチン生産開始
  • 1982フェニルアラニン生産開始
  • 1986PM優秀事業場賞受賞
    アルギニン生産開始
  • 1990医薬用アミノ酸生産開始
  • 1995リジン生産海外移転
  • 1996イノシン・フェニルアラニンの増産増設
  • 1998国際環境基準「ISO14001認承」取得
  • 2000第22回食品産業優良企業表彰の資源・環境保全部門で農林水産大臣賞受賞
  • 2002安全功労内閣総理大臣表彰受賞
    無災害記録全社表彰受賞
  • 2003ポリグルタミン酸生産開始
  • 2005九州事業所へ名称変更、バイオ工業化センター設立
    国際規格ISO9001品質マネジメントシステム認証取得
  • 2007OHSAS18001労働安全衛生マネジメントシステム認証取得
  • 2008ヒスチジン発酵生産開始
  • 2011ビタミンK2生産開始
  • 2012FSSC22000食品安全マネジメントシステム認証取得
  • 2013シスチン発酵生産開始
    チロシン発酵生産開始
  • 2015業務用「味の素®」包装 川崎より移管