人々の生活に貢献する新素材・新製品の開発

AminoScience アミノサイエンス AminoScience アミノサイエンスアミノサイエンス

人々の生活に貢献する新素材・新製品の開発

アミノ酸は、呈味機能、栄養機能、生理機能、薬理機能など幅広い機能を持っています。
私たちは、アミノ酸、核酸やそれらの誘導体などに関する豊富な有用性データにもとづき新素材・新規用途を見出し、独自技術によって新製品・新事業の創出に取り組んでいます。

高機能バイオ素材への展開

味の素グループのアミノサイエンスの強みとして、アミノ酸およびその関連物質の製法において、発酵技術と合成技術の両方を保有していることがあげられます。また、それぞれの長所を組み合わせることにより、ハイブリッド製法によるペプチド新製法をはじめ、各種ファイン新製品の革新的な製法の開発につなげています。
味の素グループならではの技術と、多様な顧客ニーズや課題に対応し価値を創造する力の融合により、スペシャリティの高いバイオ新素材の開発に取り組んでいます。

動物栄養/植物栄養

味の素グループは、1965年に飼料用アミノ酸事業に乗り出し、以来トップメーカーとしてグローバルな生産・供給体制を構築し、現在、飼料用リジン、スレオニン、トリプトファン等を生産しています。これらのアミノ酸は、動物体内では必要要求量が合成されないことから、配合飼料で補わねばなりません。飼料にアミノ酸を添加することにより飼料中のアミノ酸バランスが改善し、飼料原料コストの削減、飼料効率の改善、成長促進を図ることができます。
また、資源循環型社会につながる製品・事業の開発を目指し、アミノ酸、核酸やその発酵製造の過程で得られる副産物の農作物に対する有効性についての研究開発を推進し、その知見を活かした高付加価値肥料を国内外で展開しています。

動物/植物栄養
動物/植物栄養

化成品

香粧品

アミノ酸は肌にもともと存在する天然保湿因子〈NMF〉の半分以上を占める保湿成分です。アミノ酸が持つ、肌にやさしく、生分解性が高い性質を活かし、私たちは、1970年代より肌や髪にかかわるアミノ酸・アミノ酸誘導体の研究開発を行ってきました。現在、味の素グループのアミノ酸系香粧品素材は、世界50カ国3,000社以上もの化粧品メーカーの商品に使用され、高い評価を得ています。

香粧品

もっと詳しい情報ページ

味の素ヘルシーサプライ株式会社

味の素ヘルシーサプライ株式会社

味の素へルシーサプライ(株)は“アミノ酸"のスペシャルティ&ソリューション企業として、“食"“健康"“美"“バイオ"“動植物栄養"の分野で幅広く質の高い製品づくりをサポートしています。

通販化粧品 アミノ酸スキンケアJino

通販化粧品 アミノ酸スキンケアJino

エイジングケアに効果の高いアミノ酸を見つけ出し、「ジーノ」のスキンケア化粧品が誕生しました

電子材料

私たちは、グルタミン酸ナトリウムの生産技術や中間体応用の取り組みから、機能材料事業(エポキシ樹脂硬化剤・樹脂添加剤など)を展開してきました。そこで培われた素材開発力・配合技術・評価技術などを活用し、更なる高付加価値事業を目指して電子材料分野に参入しました。その主力製品が、半導体搭載基板に用いられるプリント配線板用層間絶縁フィルム「味の素ビルドアップフィルム(ABF)」です。ABFは絶縁材料をフィルムにしたもので、基板加工工程における作業性を大幅に改善しました。また、絶縁材料の表面に直接銅めっきを行える特徴により、微細な高密度配線形成が可能となり半導体の処理速度の向上に貢献しています。現在、コンピュータやスマートフォンなどで使用されており、更に応用分野が拡大しています。

電子材料

もっと詳しい情報ページ

味の素ファインテクノ株式会社

味の素ファインテクノ株式会社

味の素ファインテクノは絶縁材料ABFシリーズをはじめとする味の素グループのファインケミカル事業の中核を担う会社です。

AminoScienceに関連する研究所

バイオ・ファイン研究所 バイオ・ファイン研究所