鍋キューブ®

鍋キューブ 小さな一粒に技術力が凝縮された「鍋キューブ」小さな一粒に技術力が凝縮された「鍋キューブ」

食生活に新しい価値を、新しい事業を。一粒のアイデアがやがて確信に変わる。

家庭用の調味料分野において、事業の柱となるような新しい製品をつくりたい。食生活や文化として継続し、広がっていくような新しい価値を生み出したい。その想いのもと開発に取り組んだマーケティングチームは、まずお客様が「今何を食べているのか」「今後何を食べたいのか」を徹底的に紐解き、何通りものアイデアの素が生まれてきました。それら多くのアイデアをもとにリサーチをしたところ、その場の空気を変えるほど注目されたアイデアがありました。それが「キューブ状の鍋の素」。一粒のアイデアに確信が持てた瞬間です。

一人前が一個のキューブになった鍋の素一人前が一個のキューブになった
鍋の素

リサーチした主婦たちの「キューブ状の鍋の素」への反応は、事前の予想とはまったく異なる「使える」「助かる」というものでした。それまでの鍋用調味料は、3〜4人前の液体スープや、ボトルに入った濃縮タイプが主流でした。しかし一回で使い切る必要があったり、重くて持ち運びづらいといった点がありました。もともと、開発チームが考えていたアイデアは、個別化・多様化する食生活に応えるために「一人前が一個になった鍋の素」だったのです。当初は、基幹商品である固形スープの素、味の素KKコンソメのキューブ製造技術(配合、物性、成形速度・圧力等)を活かせると考えたのです。

おいしく手軽な一粒のキューブを実現するために結集された技術おいしく手軽な一粒のキューブを
実現するために結集された技術

鍋料理は、さまざまに凝縮された「うま味」をゆっくり楽しむ料理です。そのおいしさ、複雑な味わいを出すために複数の原材料を組み合わせることが必要でした。しかし、そのスープを単純に圧縮してキューブに固めるだけではバラバラになってしまい、形を保ちやすい原材料の配合を多くすると鍋の中で溶けにくくなってしまいます。キューブでおいしさを実現するために、3つの課題〈1.味・風味が強くて後味の良い素材の活用、2.粒にする前の流動性と形状保持の両立、3.溶けやすさの確保〉に取り組みました。

01.口の中で味と風味がふくらみ、後味まで楽しめる

本来は液体である鍋スープの固形化とおいしさを両立するには、一つ一つの素材が高機能であることが必要でした。そこで新たに、開発中であった少量でも強い味のインパクトを引き出せる新しいだし風味や、深いコク味を出すための素材を組み合わせて活用しました。これらによって、口に含んだ瞬間には様々なエキスのうま味がふくらみ、そして飲み込む瞬間まで後味が広がるというコクと厚みを実現しました。

口の中で味と風味がふくらみ、後味まで楽しめる

味覚と時間について

横軸の左端が口に含んだ瞬間。横軸の右端が後味も含めて味を感じなくなるまで。

02.キューブにする前はやわらかく、キューブにした後は強く

独自素材の活用、独自の配合・製造技術

一粒のキューブの中にさまざまな原材料を均一に分散させるためには、それぞれの原料が粉体のときにはある程度の流動性を持っていることが必要でした。さらに、その均一な原料を固形化する際には、流通している間も崩れずにキューブ形状を保つように安定した強度で成形することが必要でした。製造過程において、これら相反する課題を両立するための制御技術を開発し、ひとつひとつのキューブの中でバランスさせています。

キューブにする前はやわらかく、キューブにした後は強く
キューブにする前はやわらかく、キューブにした後は強く

03.キューブ自身がこわれることで、素早く溶けていく

固形化され安定した強度を保つキューブは、同時にそのままでは溶けにくいという課題が発生します。そこでキューブの中に、水分と反応することで発泡する特性を与えることで、湯の中でキューブ自身が内側から崩れていく新技術も開発されました。この技術によって、鍋に入れたときには、自ら素早く均一に溶け始める「鍋キューブ®」が実現しました。

キューブ自身がこわれることで、素早く溶けていく

鍋キューブ®は価値の凝縮そのもの。お客様が喜ぶ価値をこれからも提案します。

「鍋キューブ®」によってさまざまな変化が生まれました。液体では一人前約180gの重量が「一人前7.3g」にまで軽量化され、さらに「一人前一粒」としたことで、ひとりから大家族まで、さまざまなシーンでより食を楽しむ新しい価値が生まれました。そして、お客様から喜びの声が届くこともあります。だからこそ、これからもお客様が本当に喜ぶことは何かということを深掘りしていきたいと考えています。10年後のおいしさ+αの価値は何か。その製品によって、ひとつの食文化が当たり前になるような新しい価値を提供することが大切なテーマです。

もっと詳しい情報ページ

鍋キューブ

鍋キューブ®商品サイト

鍋つゆのおいしさをギュッと凝縮した、【味の素KK】の商品「鍋キューブ®」公式サイト

Recommended Links

研究開発の領域 研究開発の領域
研究開発の概要 研究開発の概要
オープンイノベーション オープンイノベーション