生活に密着!アミノ酸のチカラ

「健康」な毎日のために

~カラダの機能調節にも活躍するアミノ酸~

「健康」な毎日のために

POINT

  • 1

    アミノ酸は毎日必要。

  • 2

    アミノ酸は睡眠や免疫力にも関係している!

  • 3

    アミノ酸で健康チェックができる!

アミノ酸は毎日必要!

毎日合成・分解を繰り返すタンパク質

私たちの身体を構成するタンパク質は、毎日合成と分解を繰り返しています。
そのタンパク質を作るアミノ酸をきちんと食事から摂ることは、毎日の食事の重要なテーマです。食事でカラダに摂り入れられたタンパク質は、分解・吸収され、肝臓に達するまでにほとんどがアミノ酸になっています。

食事からしか摂取できないアミノ酸が9種類!

タンパク質を形成する20種類のアミノ酸のうち、11種類は他のアミノ酸から作ることができます。しかし、残りの9種類は体内で合成することができません。この9種類のアミノ酸は「必須アミノ酸」とよばれ、食事から摂取する必要があるのです。

たんぱく質をつくる20種類のアミノ酸必須アミノ酸非必須アミノ酸

9種類の必須アミノ酸について、体重あたり・1日あたりの摂取必要量を年齢別に示したのが下の表です。この表は国際機関(FAO/WHO/UNU)が2007年に定めたものです。

<必須アミノ酸の必要量>
必須アミノ酸 0.5歳 1歳〜2歳 3歳〜
10歳
11歳〜
14歳
15歳〜
18歳
成人
mg/kg/日
イソロイシン 36 27 23 22 21 20
ロイシン 73 54 44 44 42 39
リジン 64 45 35 35 33 30
メチオニン+シスチン 31 22 18 17 16 15
フェニルアラニン+チロシン 59 40 30 30 28 25
スレオニン 34 23 18 18 17 15
トリプトファン 9.5 6.4 4.8 4.8 4.5 4
バリン 49 36 29 29 28 26
ヒスチジン 22 15 12 12 11 10
必須アミノ酸
合計
377.5 268.4 213.8 211.8 200.5 184
食生活が偏りがちな人にはアミノ酸補給が有効

一般に動物性のタンパク質は、必須アミノ酸の量が多く、そのバランスも人間のタンパク質によく似ているので、体内での利用効率がよいと考えられています。また、植物性のタンパク質にもアミノ酸は豊富に含まれていますが、食品によっては一部必須アミノ酸(リジン、メチオニン)が不足しているものもあります。食生活がつい偏りがちな現代人は、足りないアミノ酸を補給することも、健康維持のために有効だといえるでしょう。

アミノ酸が不足すると…低栄養状態や肌あれなどが起こることも。

アミノ酸が不足すると、身体の様々な機能が正しく行われにくくなります。とくに必須アミノ酸の欠乏時は低栄養状態や、肌あれなどが起こることがあります。
アミノ酸は私たちが生きていく上で欠かせない栄養成分なのです。


健康な毎日のために活躍するアミノ酸

   

アミノ酸で減り続ける筋肉量を維持しよう

筋肉量が減少する「サルコペニア」

高齢になるに従い、骨格筋の筋肉量がだんだん減少していく「サルコペニア」と呼ばれている自然現象が誰のカラダにも起こってきます。
このサルコペニアが進行すると、外出する頻度が低くなったり、転倒や骨折のリスクが大きくなることなどにつながりやすく、その結果として、自立して日常生活を送ることが難しくなる可能性が高くなると考えられています。

アミノ酸を利用してサルコペニアを予防しよう

サルコペニアの予防や改善には、適度にカラダを動かし、動物性タンパク質を十分摂取することが欠かせませんが、栄養面からの対策として注目されているのが、アミノ酸の利用です。
最近では、これらのアミノ酸の摂取により、カラダの筋肉量が増え、体力も改善されることが明らかになってきています。

もっと詳しく!

   

アミノ酸で質の良い睡眠を

“質の良い眠り”とは

ぐっすり眠れてスッキリ目覚める“良い眠り”には、睡眠時間の確保とともに、“質の良い睡眠”をとることがとても大切です。
睡眠とは、「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」を組み合わせた睡眠サイクルを繰り返しますが、ストレスや不規則な生活など、さまざまな要因で健康な睡眠サイクルが崩れてしまうことがあります。

アミノ酸「グリシン」で自然な深い眠りを

質の良い睡眠をとる人は、寝入りばなにぐっすりとした深い眠りに入ります。
最新の研究によりグリシンを就寝前に摂取することで、すみやかに自然な深い眠りに入ることが分かりました。
アミノ酸を上手に補給することで、深い眠りで体を回復させ、疲労感も軽減し、すっきりと目覚めて、いきいきとした日々を過ごすことに役立つのです。

もっと詳しく!

   

飲みすぎ・二日酔いにもアミノ酸

アルコールやアセトアルデヒドの代謝を早めるアミノ酸

二日酔いは、お酒を飲んで体内に取り込まれたアルコールや、アルコールからできるアセトアルデヒドによって生じます。

アラニンやグルタミンというアミノ酸を、飲酒前、飲酒後、そして翌日にとることで肝機能を助け、これまであきらめていた二日酔いの不快感を軽くすることができます。

もっと詳しく!

  

アミノ酸で風邪予防・カラダのコンディション保持を

シスチン・テアニンでカラダのコンディションを保ちましょう

普段からシスチン・テアニンというアミノ酸を定期的に摂っていると、免疫細胞の活性を維持することができるようになります。
その結果、風邪予防や、ベストコンディションを保つことが期待できるようになります。

もっと詳しく!

アミノ酸でがんや糖尿病のリスクをチェック  

アミノインデックス® で健康状態をチェック

味の素KKがこれまでに培ってきたアミノ酸分析技術とアミノ酸代謝研究を融合させた技術がアミノインデックス®です。

アミノ酸は基本栄養素であり多様な機能を持つ物質なので、人の健康状態や疾患の様子を把握するために有用であると考えられますが、その有用性について科学的な証拠が十分ではありませんでした。

味の素KKでは血中のアミノ酸を測定することによって、がんや糖尿病など各種疾患リスクの評価や、健康状態チェックを行うことを目指して多くの臨床研究を行っています。

アミノ酸コラム

カラダの中で、バラバラの状態で常備される遊離アミノ酸

私たちのカラダの中にはタンパク質を構成しているアミノ酸とは別に、それぞれのアミノ酸がバラバラの状態で常備されています。これらは遊離アミノ酸と呼ばれ、ビタミンやホルモンをつくる材料として使われたり、タンパク質を新しく合成したりするために使われます。