こんな時に 〜離乳食に〜

「もぐもぐ期」からご利用いただけます

赤ちゃんの食事は離乳食の時期から始まります。この時期は、ごっくん期、もぐもぐ期、かみかみ期とお子様の成長に合わせて、食べられるものもどんどん増えてきます。

お子様の離乳食にも安心。
ごっくん期(5~6ヶ月)ごっくん期(5~6ヶ月)
飲み込むことしかできないので、噛まなくてもよいものが基本。おかゆ以外にすりつぶした野菜や裏ごしした野菜などが中心です。
もぐもぐ期(7~8ヶ月)もぐもぐ期(7~8ヶ月)
舌を使って食べ物をつぶすことができるようになりますが、柔らかくて小さな塊が食べられるようになってきます。鶏のささみなども食べられるようになってきます。
かみかみ期(9~10ヶ月)かみかみ期(9~10ヶ月)
歯茎を使って柔らかいもの(バナナぐらい)をつぶして食べられるようになります。

お子様にも安心な、「味の素KKおかゆ」シリーズ

「味の素KKおかゆ」は、国産米を使用し、南アルプスの清水を使って作られています。
お子様にも安心な「味の素KKおかゆ」。まとめ買いもどうぞ。