食品研究所

食品研究所 おいしさの全てを科学する

「食」のすべてを科学し、
世界中の人々のおいしさと健康に貢献する。

ビジョン

私たち食品研究所は、味の素グループの創業の原点である「おいしく食べて健康づくり」という志とともに、人の暮らしの「基本」であり、お客様のライフスタイルとともに変化し続ける「食」の領域において、つねに顧客視点と独自の技術力による価値提案型の研究開発を行い、世界中の人々の「Eat Well, Live Well.」に貢献します。


食品研究所は、味の素グループ全体の食および健康・栄養に関する幅広い研究開発機能を保有しています。さらに、食のリーディングカンパニーである味の素グループの研究開発拠点の中心として、国内外の味の素グループ各社との連携により、科学的かつグローバルな視点で、食および健康・栄養に関する独自技術を開発し世界に向けて展開し続けています。

食品研究所の取り組み

「おいしさ」と「健康」の新しい価値を生み出す素材と技術の開発

私たちは、味の素グループのスペシャリティの源泉となる、新たな独自素材の開発や、食品に関わるあらゆる技術の開発を行っています。味・風味・食感改質素材など、おいしさの解析技術を駆使することで、鍵となる成分の特定と独自素材の探索、開発を進めています。また、これらの独自素材を活用してお客様に新しい価値をお届けしていくために、商品への応用に関する検証や製造に関するも検証も実施しています。


また、サプリメントなどに用いる健康素材については、栄養面からの有用性の検証や、食品に加工するための技術開発も行っています。さらに安全性を担保するために、食品中の微量成分を検出するなど、最新の分析技術を開発しています。

「おいしさ」と「健康」の新しい価値を生み出す素材と技術の開発

お客様満足を第一とした価値提案型の商品開発とアプリケーション開発

食品研究所では、独自に開発した素材や技術を、実際の商品やソリューションとして、国内外のお客様にご提供するための研究開発を行っています。
「ほんだし®」、「丸鶏がらスープ」などの家庭用調味料をはじめ、業務用調味料や健康素材、アミノ酸を利用した健康に役立つ製品の開発および工業化までを行っています。また、味の素グループの幅広い製品領域において、お客様にご満足いただけることを目指して、独自の商品評価体系「キッチンバリューチェーン®」を構築しています。
おいしくて安定した品質はもちろん、開封し易いパッケージにするなど、お客様がより使い易く、環境にも配慮した製品にするために、包装設計技術の開発にも取り組んでいます。

お客様満足を第一とした価値提案型の商品開発とアプリケーション開発

さらにレストラン向けやコンビニエンスストア、加工食品メーカーなど、業務用のお客様に向けて、味の素グループ独自の新素材や新製法、ノウハウなどの強みを活かし、調味料および食品改質用酵素製剤等の素材の開発、そのアプリケーションの開発を行っています。業務用のお客様の技術的課題をサポートするために、実際にお客様がご使用になる現場を想定したソリューションのご提案、またフルオーダーメイドの製品を開発するなど、最適な解決策をお客様と協力して導き出します。

お客様満足を第一とした価値提案型の商品開発とアプリケーション開発

グローバル体制

グローバル視点での食品研究開発と世界中の食の価値創造のために

食品研究所では、欧米に設けられている先端科学研究の情報拠点と連携し、研究開発業務をより高度化しています。開発した独自素材や独自技術については、海外のグループ各社にて様々な海外向け製品に導入しています。各国の嗜好やニーズに適合した商品をスピーディに提供する拠点を充実させることで、その開発支援や教育活動を行うほか、新興国での工場建設におけるプロセス開発の技術支援も行っています。


食品分野における 主なグローバルR&D拠点

アクセス

味の素(株)食品研究所

〒210-8681 神奈川県川崎市川崎区鈴木町1番1号

最寄り駅
JR「川崎駅」または京浜急行「京急川崎駅」より
京浜急行大師線乗り換え
2駅目「鈴木町駅」下車(徒歩0分)

Recommended Links

オープンイノベーション オープンイノベーション
研究開発の領域 研究開発の領域
RECRUITING INFORMATION 採用情報 RECRUITING INFORMATION
採用情報