世界で勝つための「食事と栄養」。私たちがお話します!

トップアスリートを支える「勝ち飯®」とは?

トップアスリートの「勝ち飯®」最前線

トップアスリートを支える「勝ち飯®」とは?

世界で勝つためのスポーツ栄養プログラム「勝ち飯®」について、日々実践しているトップアスリート本人から学べる「勝ち飯®」教室&実食会を開催しました。

「勝ち飯®」教室

講師に(北京オリンピック・競泳日本代表、「勝ち飯®」契約管理栄養士)柴田隆一さん、ゲストに入江陵介選手、寺川綾さんをお招きし、スポーツで勝つカラダを作るための秘訣や、スポーツをするお子様に必要な「食と栄養」についてお話いただきました。

「勝ち飯®」には、2つの要素があります。

「勝ち飯®」って?

寺川さん

「結果に差が出るのは食事」

「練習は、誰でも頑張っている。何で差が付くかというと、『食事』だよ。」トップを競うアスリートになるために 「食事」がいかに大切かを教えてくれた、寺川さんの先輩アスリートの言葉だそうです。


講師の柴田さんも、「目標達成のためには『栄養・休養・練習』のバランスが大切」で、よく食べ、よく休み、その上でよく練習することが、効果的なトレーニングにつながると教えてくれました!

目標

入江選手

毎日の食事では「5つの要素」を揃えることを意識しています。

入江選手からは、「毎日の食事では、主食・主菜・副菜・乳製品・汁物の「5つの要素」を食事の基本形として組み合わせ、バランスよく食べることが大事。」というお話がありました。スポーツで勝てるカラダ作りには、様々な栄養素をバランスよく摂ることが大切です。さらにビタミンを摂取できる果物をプラスしましょう。

食事の基本形は「5つの要素」プラス果物

ワンポイントアドバイス

柴田さんがおすすめするのが、最初に必ず汁物から食べる「汁物作戦」!
だしの「うま味」が食欲のスイッチを入れて、胃と腸が消化を始める準備ができるようになります。

柴田さん

効果的にトレーニングを行うために食べるのが「捕食」

柴田さんは「補食」について、「食事で足りない栄養を補うものではなく、効果的にトレーニングを行うために食べるのが『補食』」と説明。必要な栄養は朝昼晩の食事でしっかり摂る。その上で、トレーニングに必要な栄養をタイミングよく摂るために食べるのが『補食』なのです。

捕食を摂るおすすめのタイミングと量の目安

思いっきり練習するためには、練習を始めるときに胃に食物がない状態で、かつ筋肉には必要な栄養とエネルギーが行き渡っている状態を作り出すことが大切です。
そのために練習の開始時間から逆算して、いつまでに食事を食べて、その後いつどんな補食を食べるかを考える必要があります。


右の図の通り、練習の3~4時間前までに食事を済ませておきましょう。
練習の2~3時間前ならパンやおにぎりなどの主食、1~2時間前なら消化の良いジュースや果物、30分前なら吸収の速いアミノ酸サプリメントや飴などで糖質を摂りましょう。

おすすめのタイミング

ここで「勝ち飯®」教室の講義終了。

「5つの要素」が揃った「勝ち飯®」を実食!

本日の献立豚のねぎ塩炒め副菜

「勝ち飯食堂」に移動してお待ちかねの「勝ち飯®」を実食!柴田さんのアドバイス通り、みんな「いただきます!」の後はみそ汁から食べ始めていました。おいしそうに「勝ち飯®」を食べるみなさんのところへ、アスリートのみなさんも加わって賑やかで楽しい食卓に!食事や水泳について会話もはずみ、楽しいひとときを過ごしました!

「5つの要素」が揃った「勝ち飯®」を実食!

他の「勝ち飯®」レシピも見てみる

「5つの要素」が揃った「勝ち飯®」を実食!

参加された保護者の方のコメント

  • 参加された親御さんの声
  • 参加された親御さんの声
  • 参加された親御さんの声

ワンポイントアドバイス

どれか一品を残すと、栄養が偏ってしまいます。食べきれないときはバランスよく残しましょう!


食事は楽しく!

ストレスは胃の働きを妨げてしまいます。体のためにも、食事は楽しいのが一番!
「明るく楽しい食事」を心がけましょう!

みんなで記念撮影!

  • みんなで記念撮影!
  • みんなで記念撮影!
  • みんなで記念撮影!
  • みんなで記念撮影!
  • みんなで記念撮影!
  • みんなで記念撮影!
  • みんなで記念撮影!
  • みんなで記念撮影!
  • みんなで記念撮影!

クリックすると写真が拡大します

トップアスリートの「勝ち飯®」最前線

味の素(株)ステージ

憩いの広場ステージで行われた「味の素(株)ステージ」(12:35〜12:45)では、2015年8月にカザン(ロシア)で行われた世界水泳選手権大会で金メダルを獲得した渡部香生子選手、瀬戸大也選手が登場!その舞台裏をお話してくれました。

渡部香生子選手

自分のレース日程に合わせて食事と補食の細かいプランを立ててもらえて、とても心強かった!

瀬戸大也選手

しっかり食事と捕食を摂ることができたから頑張れました。

世界水泳選手権大会のような海外遠征先での食事は苦労の連続。そんな選手の食事・補食をサポートするために、味の素(株)「ビクトリープロジェクト®」のメンバーが日本代表チームに帯同。現地では25名の選手ひとりひとりの出場種目、レース数、レース日程などに応じて「消費エネルギー」を試算。

その「消費エネルギー」を目標とした
食事・補食のプランニングシートを作成し、
選手がベストコンディションでレースに臨めるようにサポートしました。

そんな食事・補食サポートの中で、お二人の印象に強く残ったのが「パワーボール」でした。

瀬戸大也選手

「パワーボール」とは?

「パワーボール」は約50gの小ぶりなおにぎり。グルタミンが胃腸の動きを活発にしてくれるので、緊張や疲れで食欲が落ちる時でも食べやすく、その一口一口が力になる、まさに「パワーボール」なのです!

お家でカンタン!「パワーボール」の作り方

「パワーボール」炊飯器にお米、水、「ほんだし®」、を入れて炊き上げます材料

ごはん200g(茶碗1杯)に「ほんだし®」小さじ1杯をふりかけて混ぜるだけでもOK

選手たちも食べた「パワーボール」を「スポーツ祭り2015」会場にて限定販売

イベントギャラリー

約14,000人が来場した「スポーツ祭り2015」において、味の素(株)はみなさんに楽しんでいただける様々なコンテンツを展開いたしました。

味の素(株)スポーツ支援活動ブース

味の素(株)が行っている、トップアスリートの「食と栄養」サポート活動をはじめ、様々なスポーツ支援活動をご紹介

味の素KKのスポーツ支援活動

味の素(株)スポーツ支援活動ブース

アミすご!キッズ★クイズラリー

アミノ酸の働きについてクイズ形式で学ぶ「アミすご!クイズラリー」では、多くのお子さんがアミノ酸に関するクイズにチャレンジ!
みなさん、アミノ酸の働きをしっかり理解して、クイズに回答していました。

アミすご!キッズ★クイズラリー

スポーツとアミノ酸

パンダ

Eat Well,Live Well.

  • Facebook 授業をシェアする
  • Twitter 授業をツイートする
  • mixi 授業をシェアする
  • Google+ 授業をシェアする