栄養ケア食品TOP > 栄養管理と介護のためのお役立ちレシピ > 白身魚の赤飯蒸し

  • 医療法人社団福寿会 福岡クリニック在宅部 栄養課課長 中村育子先生監修
  • 白身魚の赤飯蒸し

  • やわらかレシピ

  • お正月やハレの日にピッタリな、赤飯蒸し。
    白身魚は刺身用のものを焼くと骨が無く食べやすいですが、
    市販の焼き魚の骨を外して使っても良いでしょう。
  • 弱い力でかめる
  • 所要時間15分
  • プリント
白身魚の赤飯蒸し

使用材料

・白身魚(鯛、さわら等)
50g
・酒
小さじ1/2
・塩
少々
・赤飯
50g
・A「ほんだし®」
小さじ1/3
・A 水
100ml
・A しょうゆ
小さじ1/3
・A 三つ葉(5mm長さのザク切り)
・片栗粉
小さじ1/2
・水
10ml

最後に電子レンジで温めることで、魚と赤飯が蒸されてふわっと仕上がります。
<区分対応>
区分『舌でつぶせる』、『かまなくてよい』は、レトルトかゆを使うと便利です。

栄養成分(1人分)

エネルギー
203kcal
炭水化物
23.2g
タンパク質
13.2g
脂質
5.6g
食塩相当量
1.1g

調理方法

  • ポイント1
  • 白身魚は塩、酒をふり、焼く。(魚焼きグリル、トースター、フライパンなど、使いやすいもので焼く)

  • 調理方法1
  • ポイント2
  • 赤飯を丸めて耐熱皿に盛り、①をのせる。

  • 調理方法2
  • ポイント3
  • Aを煮立て、水溶き片栗粉でとろみをつけ②にかけたら、ラップをして電子レンジ500Wで10秒ほど温める。

  • 調理方法3

噛む力、飲み込む力に配慮したアレンジメニュー

白身魚の赤飯蒸しの場合

歯ぐきでつぶせる 程度

歯ぐきでつぶせる

水を足し、軽く煮る。

舌でつぶせる 程度

舌でつぶせる

ミキサーで粗ミジン。

かまなくてよい 程度

かまなくてよい

ペースト(とろみ剤を入れる)

区分について

おすすめの組み合せ