人権

考え方

味の素グループは、ASV(Ajinomoto Group Shared Value)を通じたサステナブルな成長を実現し、SDGs等の環境・社会・ガバナンスに関する国際的なコンセンサス達成のためにイニシアティブを発揮していくにあたって、全ての事業活動が人権尊重を前提に成り立っているものであることを認識しています。「世界人権宣言」「労働における基本的原則及び権利に関するILO宣言とそのフォローアップ」「国連グローバル・コンパクト」を含めた国際的な人権基準を支持するとともに、「人権尊重に関するグループポリシー」を定め、味の素グループ各社およびその役職員が国際的に認められた人権を尊重し、活動を行う国の国際的人権債務、関連する法令の順守の徹底に努めています。
また、サプライチェーンにおける人権・社会的側面の持続可能性確保に共働して取り組むべく、「サプライヤー取引に関するグループポリシー」を定め、これに準じてサプライヤーにご理解・ご協力をお願いしています。

関連するマテリアリティ

活動報告

関連コンテンツ