歴史や製法など アミノ酸を詳しく学ぼう!

アミノ酸Q&A

~アミノ酸についてよくある質問~

アミノ酸全般について

アミノ酸とペプチドの違いは?

たんぱく質はアミノ酸がたくさん集まってできています。ペプチドもアミノ酸が集まったものですが、その数がちがいます。
たんぱく質はアミノ酸が数十万から数百万集まってできていますが、ペプチドはアミノ酸が数個集まった状態のことをいいます。

アミノ酸は体内でどのように吸収されるの?

たんぱく質は腸で体の中に吸収されます。しかし、たんぱく質のままでは吸収できず、ペプチドやアミノ酸の状態にまで分解されてから吸収されます。
ペプチドの状態で腸管に取り込まれた場合、その後ペプチドが最終的にアミノ酸に分解された後に血液で全身に運ばれ、体の中に吸収されるのです。

アミノ酸とは何ですか?

アミノ酸は生命の源となる栄養成分です。身体のさまざまな機能を担っています。
わたしたちの身体をつくっているたんぱく質は20種類のアミノ酸からできています。

アミノ酸の名前の由来は?

その構造に、アミノ基とカルボキシル(カルボン酸)基をもっている物質の総称としてこの名前がつけられました。

アミノ酸は、何に役立つの?

食品の味健康スポーツ医療美容カロリーセーブなど、さまざまな場面でアミノ酸が活躍しています。

アミノ酸が不足するとどうなりますか?

アミノ酸が不足すると、成長障害や重篤な場合には生命に影響を与えることなどもあります。
通常の食事をしている限り、アミノ酸が不足することはありませんが、
最近の研究では、スポーツをするヒトや高齢者においてアミノ酸が不足しがちである可能性が指摘されています。
詳しくはこちら>>

アミノ酸を摂りすぎると太ったりしませんか?

アミノ酸は4kcal/gで、ブドウ糖などと同じカロリーがあります。
ただし、アミノ酸サプリメントとして摂取するアミノ酸の量は少量ですのでアミノ酸を摂りすぎて太ることは通常ありません。


アミノ酸の摂取のしかた

アミノ酸はたくさん摂れば摂るほど良いのですか?

余分に摂ったアミノ酸は、分解されて体外に排泄されます。
しかし、アミノ酸を含めたどんな栄養成分でも、不必要にとりすぎることはかえって身体の負担となることがあります。

食事で摂るだけではアミノ酸は足りないのですか?

通常の食事をしていれば、アミノ酸は足りています。ただし、栄養が偏った食事や、ダイエットで過度な食事制限をすると、アミノ酸が不足したり、バランスが崩れたりします。
また、激しい運動をする時などには、特定のアミノ酸がエネルギーとして消費されたりしますので、この様なときにアミノ酸を補給することはたいへん効果的です。
さらに特定のアミノ酸を補給して血中濃度を高めることにより、様々なカラダの調節機能の改善が期待できます。

アミノ酸をバランス良く摂るには、どんな食事(メニュー)が良いですか?

必須アミノ酸をバランス良く十分量摂取するためには、ごはんやパンのような主食と、肉、魚、卵、大豆などの副食をバランスよく組み合わせて摂ることが望まれます。

食品で摂るのと、サプリメント等で摂るのでは、どう違うのですか?

たんぱく質は腸管でアミノ酸に分解されてから体内に吸収されるため、消化吸収に時間がかかります。アミノ酸は摂取するとそのまま吸収されるため、たんぱく質よりもはやく吸収されます。
吸収されてからの機能は、食品として摂取しても錠剤やドリンクで摂取しても変わりはありません。

子供にあげても大丈夫ですか?

お子さんでも安心してお使いいただけますが、成長期のお子さんは食事から栄養を摂ることが基本です。

妊娠中ですが、飲んでも平気ですか?

妊娠中の方でも安心してお使いいただけますが、妊娠中の方の栄養摂取に関しては医師にご相談ください。

アミノ酸を他の薬と一緒に摂っても大丈夫ですか?

アミノ酸はタンパク質を構成する栄養素であり、通常の食品にも幅広く使用されていますので、基本的に問題ありません。心配な場合には、医師とご相談されることをお勧めします。

健康に問題があるのですが、、、

アミノ酸はタンパク質を構成する栄養素であり通常の食品にも幅広く使用されていますので、基本的に問題ありませんが重度の腎不全の方やフェニルケトン尿症の方はアミノ酸の摂取の制限がありますので、医師とご相談されることをお勧めします。

アミノ酸はどれくらい飲んだらいいのですか

アミノ酸は医薬品ではなく栄養素ですので、決まった摂取量はありません。また摂取量は個人差が大きいのですが、スポーツする場合は、おおよそ運動量や強度に比例して上がるようです。何度か試して、自分にとっての適量を判断するのがベストな方法でしょう。
詳しくはこちら>>


アミノ酸の役割

コンビニのお弁当の表示などに書かれている「調味料(アミノ酸等)」ってどういう意味ですか?

「調味料(アミノ酸等)」は主にうま味調味料のことです。
この表示は調味料として用いられるアミノ酸、核酸、有機酸、無機塩類などを一括表示するための表示方法として厚生労働省により定められています。
詳しくはこちら>>

スポーツ選手がアミノ酸を摂っていると聞きましたが、どんな効果があるのですか?

アミノ酸はたんぱく質を構成する栄養素であり、毎日の生活には欠かせません。筋肉のタンパク質の構成要素でもあるので運動時には大切な成分であり、エネルギー源にもなり疲労回復にも役立ちます。そのため、アスリートだけでなくスポーツ愛好者においても、幅広く利用されています。
アミノ酸はカラダの中でタンパク質より吸収が速く、スポーツ時などでも必要な時に手軽に補給できる便利な栄養素です。
詳しくはこちら>>

アミノ酸を摂ると、筋肉ムキムキになれるのですか?

アミノ酸は運動の効果を高め、筋肉をつくる材料にもなりますのでウエイトリフティングの選手などにも利用されていますが、運動をせずにアミノ酸を摂っただけでは、筋肉は簡単には増えません。

スポーツ選手のドーピングにはアミノ酸は引っかからないのですか?

アミノ酸はもともと身体にふくまれる成分であり、ドーピングにおいて問題になることはありません。

アミノ酸で肌や髪がしっとりするって本当ですか?

肌には本来天然のうるおい成分(NMF)が含まれており、乾燥や刺激からダメージを防いでいます。このうるおい成分の半分以上がアミノ酸とその仲間からなります。
アミノ酸は肌の保湿に大切な成分です。また、髪のうるおいにもアミノ酸が関係しています。
ある種のアミノ酸を配合したシャンプーやトリートメントを使うと、保湿力が高くなり櫛どおりが良くなったというデータがあります。
詳しくはこちら>>

シャンプーなどによく「アミノ酸配合」と書いてありますが、アミノ酸で汚れが落ちるのですか?

アミノ酸系洗浄成分とは、基本はアミノ酸で、これに汚れを落とす役割をもつ成分を組み合わせてつくられたものです。肌の状態に近い、弱酸性の洗浄成分をつくることができます。

薬になっているアミノ酸があるときいたのですがほんとうですか?

アミノ酸は体の中でいろいろな働きをもっています。いくつかのアミノ酸は疾病にたいするその薬理効果が認められ、薬としても利用されています。
また、医薬品の中間体として利用されているアミノ酸もあります。
詳しくはこちら>>

点滴の中身がアミノ酸って本当ですか?

点滴液のすべてにアミノ酸が含まれるわけではありませんが、手術の後などで口から栄養が十分に摂れない患者さんのための高カロリー輸液などには、アミノ酸は欠かすことのできない成分として含まれています。
詳しくはこちら>>

アミノ酸を他の薬と一緒に摂っても大丈夫ですか?

アミノ酸は通常の食品にも含まれている成分ですので、基本的には問題ありませんが、医師とご相談していただくことをお勧めします。