歴史や製法など アミノ酸を詳しく学ぼう!

分岐鎖アミノ酸(BCAA)

分岐鎖アミノ酸(BCAA)とは

「分岐鎖アミノ酸(BCAA=Branched Chain Amino Acid)とは、骨格が一部分岐した分子構造をもつアミノ酸のことで、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸がそれにあたります。カラダのたんぱく質を増やす働きや、運動時のエネルギー源として重要な役割を果たします。

◆筋肉のたんぱく質に多いアミノ酸です。
◆カラダのたんぱく質をふやす働きが知られています。
◆運動時のエネルギー源として利用されます。
◆バリン・ロイシン・イソロイシンという3つのアミノ酸からなります。

分岐鎖アミノ酸は、運動時に重要な役割を果たすアミノ酸です。
最近では運動の持久力を高めたり、
筋肉痛を軽減する可能性を示す報告もあります。