川崎工場ってどんな工場?ABOUT


「味の素®」工場、「ほんだし®」工場、「Cook Do®」工場があります。

うま味調味料「味の素®」は、天然のさとうきびからつくられています。

かつお節づくりの職人が、「ほんだし®」のために燻し続けた3種のかつお節を使用してつくられています。

シェフと同じ工程を踏みながら、本格的な味に仕上げています。

川崎工場の環境の取り込み「硝化脱窒システム」

微生物の力で排水の汚れ(窒素や有機物)を取り除き、微生物を汚泥として分離して、水をきれいにします。余剰の微生物は汚泥として取り除かれた後、脱水・乾燥を経て肥料の原料として活かし切っています。

硝化脱窒システム

1914年から続く、歴史ある工場です。

創立:1914年(大正3年)
敷地面積:約330,000m2(約10万坪)で東京ドーム8個分にあたります。

住所:川崎市川崎区鈴木町1-1

1914 「味の素®」生産開始
1923 関東大震災により全壊
1934 醤油原料「味液」生産開始
1956 医薬用アミノ酸生産開始
1960 発酵法による「味の素」生産開始
「アジシオ®」生産開始
1962 「ハイミー®」生産開始
1970 「ほんだし®」生産開始
1977 「中華あじ」生産開始
1978 「Cook Do®」生産開始
1983 業務用調味料・アミノ酸新鋭工場完成
1988 小集団活動でPM優秀事業場賞受賞
1995 業務用液体調味料工場完成
1999 「Cook Do®」HACCP承認取得
2001 ISO 14001(環境)認証取得
2002 川崎物流センター完成
2003 ISO 9001(調味料・食品分野で認証取得)
2006 食品研究所完成
2007 「ほんだし®」新工場完成
2009 味の素(株)創業100周年
2012 「新排水処理設備」完成

  • 川崎工場に行ってみよう! ご予約はこちら

味の素KKの工場見学に行こう!