栄養ケア食品TOP > 製品情報 > 水分補給の重要性と経口補水液 > 脱水症って、どんな病気でしょう。

脱水症って、どんな病気でしょう。

私たちの体のほとんどは、体液(たいえき)と呼ばれる液体で満たされています。その量は、お子さんでは体重の70-80%、大人では60%、お年寄りでは50%にもなります(図1)。

体液は、人体の機能を維持するために必要な液体のことで、血液、リンパ液、唾液、粘液、汗、消化液および尿などのことを指します。体から体液が失われて日常活動や生命維持活動に障害が生じた状態のことを脱水症と呼びます。

脱水症になると、体に必要な栄養素や酸素を取り込めなくなったり、不要になった老廃物を排出できなくなったり、体温コントロールに支障を来したりします。適切な治療を受けないでいると、命に関わるような重篤な病気になる恐れがあります。従って、脱水症は早期に発見して、早期に適切な治療を受けることが大切なのです。
図1 年齢と体液の割合

図1 年齢と体液の割合

栄養ケア食品TOP > 製品情報 > 水分補給の重要性と経口補水液 > 脱水症って、どんな病気でしょう。