水資源の保全

アプローチ

世界の人口増加に伴い水の需要増が見込まれる一方で、地球上の淡水は偏在しているという課題があります。水資源の枯渇は、生産に使用する水そのものだけでなく、原材料の調達にも影響を及ぼします。また、渇水や洪水、水質悪化が起これば、生産の停滞を招きかねません。
味の素グループは、長年にわたり継続してきた生産における水使用量・排出量削減をさらに深化させるとともに、水源の森林整備等を通じて、持続的に水を利用できる環境の創出に貢献します。

具体例

  • 生産時の水の消費と排水の管理
  • 農業・畜産における水利用

関連する機会とリスク(機会 リスク)

  • 渇水・洪水・水質悪化による生産停滞
  • 水資源の枯渇による原材料調達不全
  • 水資源保全への対応遅れによる企業価値毀損

味の素グループの主要な取り組み

  • 水源の森林整備
  • 排水処理技術の開発

貢献するSDGsのゴール

  • goal_2
  • goal_3
  • goal_17

20-25中計KPI

  • 水使用量対生産量原単位削減率(対2005年度)
  • 飲料使⽤⽔森林涵養率

活動報告

関連コンテンツ