持続可能な原材料調達

アプローチ

味の素グループは、世界各地の農畜水産物等の自然の恵みを利用しながら製品・サービスを提供しており、事業活動と地球環境が相互に影響を与えていると認識しています。そのため、農・畜・水産資源の持続可能な調達の実現は、事業における重要な課題です。また調達においては、サプライチェーンにおける環境や人権・労働安全といった社会的側面への配慮も不可欠です。サプライヤーとも連携を図り、サプライチェーン全体で取り組みを進めます。

具体例

  • 生物多様性への影響
  • 森林減少の抑制
  • 児童労働、強制労働の撲滅
  • サプライチェーンマネジメント
  • 持続可能な土地利用
  • 動物との共生(アニマルウェルフェア)
  • 動植物栄養

関連する機会とリスク(機会 リスク)

  • サプライチェーン上の品質問題発生による原材料調達不全・製品回収
  • サプライチェーンにおける社会・環境問題への対応遅れによる原材料調達不全、企業価値毀損
  • 食資源の枯渇による原材料調達不全

味の素グループの主要な取り組み

  • 公正な事業慣行マネジメントの実践(トレーサビリティ等)
  • サプライヤーのサステナビリティ推進
  • 人権デュー・ディリジェンス
  • 重要原材料の特定と責任ある調達(紙、パーム油、カツオ等)
  • 公正な競争の確保と従業員教育の徹底
  • コプロ活用による持続可能な農業への貢献

貢献するSDGsのゴール

  • goal_2
  • goal_3
  • goal_3
  • goal_3
  • goal_17

20-25中計KPI

  • 持続可能な調達比率

活動報告

関連コンテンツ