ガバナンスの強化

アプローチ

味の素グループは、「ステークホルダーの意見を反映させる適切な執行の監督」と「機動的な意思決定と実行」を両立させる、実効的なコーポレート・ガバナンス体制の構築に向け継続して取り組んでいます。また、味の素グループ各社およびその役員・従業員が順守すべき考え方と行動のあり方を示した「味の素グループポリシー」を誠実に守り、内部統制システムの整備とその適正な運用を推進するとともに、ステークホルダーとの対話・連携を深めていくことが、ASVの土台となると考えています。今後も、味の素グループが将来にわたって競争力を発揮できる環境を整えるために、グローバルで強固なコーポレート・ガバナンスの強化・充実に努めます。経営計画の実効性を高めるために組織運営を改革し、協働によって事業における課題解決力を高めていきます。

具体例

  • コンプライアンス
  • 事故や安全性の管理
  • 競争行動の適切さ
  • 知的財産の保護
  • 政治的活動および政治献金
  • 倫理規定や支払いの透明性
  • ITマネジメント
  • 自然災害・疾病への対応
  • システミック・リスクの管理
  • データセキュリティとプライバシーの保護
  • 規制や政策への影響力
  • 環境や社会の資産やオペレーションへの影響
  • サクセションプラン
  • 経営の透明性
  • 人権とコミュニティへの関与

関連する機会とリスク(機会 リスク)

  • 企業価値の向上
  • 適切なリスクテイク
  • コーポレート・ガバナンス、内部統制の機能不全に伴う事業継続リスク、予期せぬ損失の発生
  • 脆弱なITマネジメント体制による競争力低下
  • 自然災害や疫病・パンデミック(新型コロナ、豚コレラ、鳥インフルエンザ等)の発生による操業停滞・停止
  • 金融危機、貿易摩擦等の不安定な政治・経済・社会情勢による組織運営への混乱や事業採算性低下
  • 知的財産リスクによる事業への影響
  • 為替・金利の急激な変動による事業への影響
  • 租税制度・税効果の変動による税負担増

味の素グループの主要な取り組み

  • グループ従業員全員への味の素グループポリシーの浸透
  • ホットライン(内部通報制度)の整備
  • コーポレートガバナンス体制の強化
  • 事業継続マネジメント(BCM)の強化
  • 労働安全衛生マネジメント
  • 「全社重要リスク」の選定とその対応策の検討
  • 知的財産リスクマネジメント
  • IT管理運用規程の制定による情報セキュリティの強化

貢献するSDGsのゴール

  • goal_8

活動報告

関連コンテンツ