味の素グループのマテリアリティ

マテリアリティ項目

味の素グループは、最新の社会情勢およびステークホルダーのご意見・期待を踏まえ、マテリアリティ項目を継続的に見直しており、2020年度にも内容を更新しました。
また、マテリアリティから機会・リスクを抽出し、それらへの取り組みを進めることで価値創造を目指しています。

マテリアリティ特定プロセス

味の素グループでは、ASVを通じた価値創造能力に実質的な影響を及ぼすマテリアリティを特定し、重要度・優先度を明確にして、事業活動を展開しています。