How to おいしいトスサラ®の作り方 Howto おいしいトスサラ®の作り方

作るなら、おいしく楽しく、見た目もキレイに!はじめてでも簡単にためせるコツをご紹介します。 つくるなら、おいしく楽しく、見た目もキレイに!はじめてでも簡単にためせるコツをご紹介します。

簡単&おいしい4STEP 簡単&おいしい4STEP

Step.01 まずは野菜を一口サイズに

サラダにしたい野菜をチョイス。洗って、食べやすい一口サイズにカットしたら水にさらします。

Step.02 パリッとさせたら水気を切って

水にさらすことで、野菜がさらにパリッと変身。ザルにあげたら、水気をよく切りましょう。

Step.03 ふりかけたら楽しくトス!

ボウルに野菜類をいれて「トスサラ®」をかけてまぜる。最後にたんぱく質をまぜあわせるのがポイント!

Step.04 もう完成!?いただきます!

まんべんなく「トスサラ®」がなじんだら、いつもより、ちょっと華やかなごちそうサラダのできあがり。さあ、めしあがれ!

Step.01 まずは野菜を一口サイズに

サラダにしたい野菜をチョイス。
洗って、食べやすい一口サイズにカットしたら水にさらします。

Step.02 パリッとさせたら水気を切って

水にさらすことで、
野菜がさらにパリッと変身。
ザルにあげたら、水気をよく切りましょう。

Step.03 ふりかけたら楽しくトス!

ボウルに野菜類をいれて
「トスサラ®」をかけてまぜる。最後にたんぱく質をまぜあわせるのがポイント!

Step.04 もう完成!?いただきます!

まんべんなく「トスサラ®」がなじんだら、
いつもより、ちょっと華やかなごちそうサラダのできあがり。さあ、めしあがれ!

さらにおいしく!ワンランクアップのポイント さらにおいしく!ワンランクアップのポイント

Point.1 役割の違う食材を、まぜておいしく。

組み合わせる食材を工夫すれば、メインのサラダへワンランクアップ!
ベースになる葉もの野菜や、アクセントになる香り野菜、食感を変えるごろごろ系野菜や、モッツァレラなどのたんぱく質食材など、 それぞれの役割をイメージしながら組み合わせて。まず、野菜類と「トスサラ®」をまぜ最後にたんぱく質をまぜあわせることが、 おいしく仕上げるコツです。

Point.1 役割の違う食材を、まぜておいしく。

組み合わせる食材を工夫すれば、メインのサラダへワンランクアップ!
ベースになる葉もの野菜や、アクセントになる香り野菜、食感を変えるごろごろ系野菜や、モッツァレラなどのたんぱく質食材など、それぞれの役割をイメージしながら組み合わせて。まず、野菜類と「トスサラ®」をまぜ最後にたんぱく質をまぜあわせることが、おいしく仕上げるコツです。

・ベース野菜(サラダのベース)
レタス、水菜、サラダほうれん草、白菜、大根 など
・香り野菜 (ワンランクアップの香りづけ)
ピーマン、セロリ、オニオン、スプラウト、ルッコラ、クレソン、春菊、大葉、みょうが、青ねぎ、 カイワレ、パクチー など
・ごろごろ系野菜 (食感の変化)
ブロッコリー、トマト、キュウリ、いんげん、アボカド、カリフラワー、コーン、きのこ類、ゴボウ、じゃがいも、かぼちゃ、さつまいも、レンコン、ニンジン など
・たんぱく質食材 (食べごたえ)
モッツアレラ、ベーコン、サラダチキン、豆腐 など

Point.2 食材の役割配分がおいしさの決め手。

下ごしらえに一手間加えるだけで、サラダのおいしさがさらにアップ。
たとえば具材を焼いたり炒めたりして香ばしさを加えたり、
茹でたり蒸すことで食感を変化させたり。さらには揚げることで食べごたえをプラスしたり。おいしさがぎゅっと凝縮されて、より一味違うサラダに!

Point.2 食材の役割配分がおいしさの決め手。

下ごしらえに一手間加えるだけで、サラダのおいしさがさらにアップ。
たとえば具材を焼いたり炒めたりして香ばしさを加えたり、茹でたり蒸すことで食感を変化させたり。さらには揚げることで食べごたえをプラスしたり。おいしさがぎゅっと凝縮されて、より一味違うサラダに!

調理のコツをおさえたら、あとはあなたのアイデア次第。さあ、今日はどんなサラダにする?

  • モッツァレラとトマトの イタリアンサラダ用
  • チーズ香る シーザーサラダ用
  • サラダチキンとレタスの 京風ゆずサラダ用
  • 豆腐と水菜の 和風ごまサラダ用
  • サラダチキンとサニーレタスの 甘辛ごまサラダ用

商品紹介を見る

調理のコツをおさえたら、あとはあなたのアイデア次第。さあ、今日はどんなサラダにする?

商品紹介を見る