vol01. 見た目でも、食べごたえでも。一石二鳥な、お重のサラダ。

vol01. 見た目でも、食べごたえでも。一石二鳥な、お重のサラダ。

山本千織/CHIOBEN

東京・代々木上原で弁当店「chioben」を経営する料理人。2011年の弁当店開店から瞬く間にその名が知られるようになり、雑誌など多くの媒体で紹介される。「chioben」はモデルを中心とした、口コミで話題になっている人気店。
人気メニューは春巻き。その日によって使用する食材を変え、あっと驚く旬な食材を使った腹持ちも十分な美しいお弁当が特徴。

山本千織/CHIOBEN

ふたを開けた瞬間の笑顔が好きだから。

ふたを開けた瞬間の笑顔が好きだから。

ファッション誌の撮影現場へのケータリング。やっぱりサラダは外せませんが、意外にも、モデルのみなさんは、食べごたえがあるものが好きみたいです。その点、生春巻はぴったり!具材を変えれば、いろいろな味が楽しめますし、つまんで食べやすいのもいいところ。味付けが粉ドレ®だから、液だれの心配もありません。個人的には、「まろやかな京風ゆず味」とグレープフルーツの組み合わせが一番のお気に入り。この味、ちょっと衝撃だと思います。(笑)こういう発見があると、楽しんで食べてもらえる気がして。今日はもう一品、グリーンサラダとあわせて、お重箱でスタイリング。片づけもラクチンで、何よりふたを開けたときに、みんなが「わっ!」と喜んでくれる。その顔を見るのが、何よりうれしいんです。

グリーンサラダイタリアンバジル風味&生春巻まろやかな京風ゆず味 グリーンサラダイタリアンバジル風味&生春巻まろやかな京風ゆず味

グリーンサラダイタリアンバジル風味

<材料>(3人分)
  • ・クレソン 2わ
  • ・ブロッコリー 1/2個
  • ・サラダ玉ねぎ 1/2個
  • ・スナップえんどう 1パック
  • ・アボカド 1個
  • ・ズッキーニ 1/2本
  • ・サラダほうれん草 1袋
  • ・「Toss Sala®」イタリアン・バジル味 1袋
<作り方>
1. クレソン、サラダほうれん草は適当な大きさに手でちぎり、サラダ玉ねぎは横スライスにカットして、水にさらす。
2. ブロッコリーは小房にわけ、スナップえんどうは筋を取り、さっと茹でる。
3. アボカドは皮を剥き、一口大にカット、ズッキーニはピーラーでスライスする。
4. 水にさらした野菜はよく水をきり、すべてボウルに入れ、「Toss Sala®」イタリアン・バジル味を加えてトスする(まぜる)。

生春巻まろやかな京風ゆず味

<材料>(15人分)
  • A.人参と大根の生春巻
  • ・大根 1/2本
  • ・人参 2本
  • ・レタス 適量
  • ・生春巻の皮 15枚
  • ・「Toss Sala®」まろやかな京風ゆず味 1袋
  • B.ローストビーフときゅうりの生春巻
  • ・市販のローストビーフ 45枚
  • ・きゅうり5本分の千切り
  • ・水菜 適量
  • ・生春巻の皮 15枚
  • ・「Toss Sala®」まろやかな京風ゆず味 1袋
  • C.ごはんと長芋の生春巻
  • ・ご飯(市販の炊き込みご飯や無ければ白いご飯でも) ごはん茶碗一杯分※150g程度
  • ・長芋 1センチ角×5センチを15本
  • ・エゴマ葉(無ければ大葉)15枚
  • ・生春巻の皮 15枚
  • ・「Toss Sala®」まろやかな京風ゆず味 1袋
  • D.グレープフルーツとマスカルポーネチーズの生春巻
  • ・グレープフルーツ 剥いたもの2個分
  • ・マスカルポーネチーズ(無ければクリームチーズ)1/2箱
  • ・パクチー 適量
  • ・生春巻の皮 15枚
  • ・「Toss Sala®」まろやかな京風ゆず味 1袋
<作り方>
A.人参と大根の生春巻
大根、人参の千切りそれぞれに「Toss Sala®」まろやかな京風ゆず味を加えてトスし、全体になじんだらすぐにレタスと共に生春巻の皮で巻く。
B.ローストビーフときゅうりの生春巻
ローストビーフ、きゅうりの千切りそれぞれに「Toss Sala®」まろやかな京風ゆず味を加えてトスし、全体になじんだら、水菜と共に水気が出ないうちに生春巻の皮で巻く。
C.ごはんと長芋の生春巻
ご飯と長芋それぞれに「Toss Sala®」まろやかな京風ゆず味を加えてトスし、全体になじんだら、エゴマ葉を乗せた生春巻に並べて巻く。
D.グレープフルーツとマスカルポーネチーズの生春巻
グレープフルーツに「Toss Sala®」まろやかな京風ゆず味を加えてトスし、全体になじんだら、水気をきって、チーズとパクチーと共に生春巻の皮に乗せて巻く。

テーブルコーディネート アドバイスお重に盛り付けるときは、コンパクトにまとめたほうがきれいです。
四角からはみ出ないように、余白も活かしながらバランスを見て。

山本千織/CHIOBEN

東京・代々木上原で弁当店「chioben」を経営する料理人。2011年の弁当店開店から瞬く間にその名が知られるようになり、雑誌など多くの媒体で紹介される。「chioben」はモデルを中心とした、口コミで話題になっている人気店。
人気メニューは春巻き。その日によって使用する食材を変え、あっと驚く旬な食材を使った腹持ちも十分な美しいお弁当が特徴。