VICTORY PROJECT

江崎貴彦

オリンピック・パラリンピック推進室
ビクトリープロジェクトグループ長

最高のパフォーマンスを
発揮するための条件。
それは、カラダとココロ、両方に、
最高のコンディションをつくり出すこと。
食と栄養の、ベストパートナーをめざして。
いちばん信頼される存在をめざして。
そして、もちろん、メダルをめざして。
ビクトリープロジェクト®はアスリートと共に、
きょうも戦っています。

江崎グループ長率いるメンバーを一挙紹介!

VICTORY PROJECT

チームリーダー・ディレクター 栗原 秀文

情熱も信頼もアツい
頼れる兄貴

ビクトリープロジェクト®の中心人物。競泳瀬戸大也選手、卓球伊藤美誠選手をサポート。選手と本音でぶつかり、本気で向き合い、今のプロジェクトのカタチを作った熱い男。選手からの信頼も絶大で、頼れる兄貴として慕われています。

ディレクター 西川 健一

優しい笑顔で、
ガツンとアドバイス

外食、家庭用、コマースなど、さまざまな分野の営業職を経験したのち、社内公募でビクトリープロジェクト®に加入した西川健一。メダルの期待がかかるアーティスティックスイミング、ホッケー、走高跳の衛藤昂選手等のサポートに奔走し、厚い信頼を得ています。

ディレクター 上野 祐輝

鍋最強説を唱える
栄養の伝道師

主にバドミントンと空手を担当。2016年から個別サポートを始めた日本人女子初のプロバドミントンプレーヤー、奥原希望選手とも密接なコミュニケーションをとり続けています。ビクトリープロジェクト®を通じて、栄養の大切さを伝えていくのが目標です。

ディレクター 小川 智

アスリートに
愛される人情派

ビクトリープロジェクト®の最初期メンバー。主な業務は、国内パラリンピックスポーツにおける製品サポートと、味の素㈱海外での活動推進です。誰もがスポーツを楽しめる社会の実現に貢献したいと、日々体当たりでサポートに取り組んでいます。

研究員・管理栄養士 鈴木 晴香

勝利へ導く
献立プロフェッショナル

最重要ミッションは、献立の提案。ビクトリープロジェクト®では、競技担当メンバーとともに、選手の体重や体脂肪率などを収集・分析し、目標値を設定。そこから選手のスケジュールや目的に合ったストーリー性のある献立で、勝利に貢献していきます。

研究員 加藤 弘之

アミノサイエンスの
スペシャリスト

味の素㈱におけるアミノ酸研究の頭脳。大学時代に熱中していたオリエンテーリング、大学院でのスポーツ科学研究を通じてアミノバイタル®を知り、入社を決意。ビクトリープロジェクト®でも、選手と研究と事業、このつの架け橋になっています。

研究員・管理栄養士 水柿 亜美

研究者の知識。
栄養士の知恵。

入社以来、一貫してアミノバイタル®の基礎研究に従事し、2019年のアミノバイタル®プロの全面リニューアルに貢献。2014ビクトリープロジェクト®のメンバーに。選手のコンディショニングチェックおよび合宿・試合期間の献立作りを担当しています。

ビクトリープロジェクト®とは

2003年からスタートした「ビクトリープロジェクト®」は、日本代表選手およびその候補選手を対象とした、国際競技力向上およびメダル獲得数増の為の『食とアミノ酸』によるコンディショニングサポート活動です。

「勝ち飯®」勉強会
「勝ち飯®」勉強会
食事のアドバイス
大会中の現地サポート