対談インタビュー 松田丈志×アスリート VICTORY ROAD
食にまつわる15の質問

村岡桃佳(アルペンスキー)
が語る金メダルへの道
「人は、悔しさで強くなる」

勝利のために。トップアスリートは試合に勝つため、世界に勝つため、自分に勝つために、日々たゆまぬ努力を続けている。本連載「ビクトリーロード」では、さまざまなアスリートがこれまで歩んできた、そしてこの先に思い描く「勝利への道筋」をひもとく。聞き手は、自身も競泳選手として北京2008オリンピック、ロンドン2012オリンピック、リオデジャネイロ2016オリンピックで4つのメダルを獲得してきた競泳の元日本代表選手で、現在はコメンテーターなど幅広いジャンルで活躍し、味の素(株)の栄養プログラム「勝ち飯®」アンバサダーの松田丈志が務める。

第6回は、平昌2018冬季パラリンピックで金1個、銀2個、銅2個のメダルを獲得したアルペンスキー座位(LW10-2)の村岡桃佳。輝かしい実績ばかりが注目されがちだが、その道のりは決して平坦ではなかった。17歳で挑んだソチ2014冬季パラリンピックでは、プレッシャーに押しつぶされた。それから4年――。エネルギーになったのは、表彰台に立てなかった悔しさだ。

変化は、あった。早稲田大学に進学するなど、環境が大きく変わった。食に対する意識も芽生え、長いシーズンを戦い抜く体を手に入れた。そうしてたどり着いた表彰台の頂上、そこから見た景色とは?

北京2022冬季パラリンピックに向けて再スタートを切った村岡に、オリンピック4大会に出場して4つのメダルを獲得した松田が話を聞いた。

金メダルを取るなら「ここしかない」

松田:平昌から帰ってきた直後は、イベント出演などが目白押しで忙しかったのではないですか?

村岡:おかげさまで(笑)。今までよりも、少し慌ただしい生活を送らせてもらいました。

松田:平昌2018冬季パラリンピックで金メダルを獲得した時のことを聞かせてください。少し時間が経ちましたが、改めて感じることはありますか?

村岡:奇跡だったと思っています(笑)。

松田:なぜ?

村岡:もちろん、選手である以上はメダルが欲しいし、取るからには金メダルがいい。でも、平昌に行くまでの調子やそれまでの成績を加味した上で、自分のことを客観的に見た結果、「頑張れば、メダルに手が届くかもしれない。でも、金メダルは難しいかな」というくらいだったんです。

松田:それがどこで変わったのですか?

村岡:平昌2018冬季パラリンピックではアルペンスキー座位(LW10-2)5種目に出場して、4つ目の女子 ジャイアントスラロームで金メダルを取りました。それまでの3種目は、銀メダル(女子 ダウンヒル)、銅メダル(女子 スーパーG)、銅メダル(女子 スーパーコンビ)。言い方はよくないけれど、「同じ色のメダルはもういらない」と思ったんです。足りないのは、1つだけ。しかも、私の中では一番好きな種目で、金メダルを取るなら「ここしかない」と思っていました。あとはもう、「メダルを3つも取ったし、何があってもいい」という気持ちで、自分の全力を尽くしました。

松田:すごい。要するに、攻めたということですね。その前に3種目を経験していたからこそ、女子 ジャイアントスラロームも攻めることができた?

村岡:そう思います。1本目を1位で通過しても、「いつもの自分のようにやっちゃいけない」と逆に気を引き締めていました。弱いところが出たら、一瞬で負けます。ただ、滑り出して1ターン目をした瞬間に「ヤバい。体が動かない」と思ったんですよ。その後はもう必死。修正というよりも、考えていたのは「練習どおり滑るためには体をどう使えばいいか」ということ。「もっといける、もっといける」と思いながら滑っていました。

松田:「ヤバい」と思ったことが、逆によかったんですね。

村岡:焦りましたけどね(笑)。でも、結果的にいろいろな方から「2本目の方がいい滑りをしていた」と言われました。それは、素直にうれしかったです。「ヤバい」と思いながらも、すごく冷静に自分を客観視できましたから。

雪の上でも自由に動けるのがうれしかった

松田:本当に感動させてもらいました。ここからは少しアルペンスキーについて聞かせてください。そもそも、アルペンスキーに出会ったのはいつですか?

村岡:小学校2年のときに、初めて車椅子スポーツの体験をしました。そのときからずっと、陸上競技を3輪の車椅子でやっていたんです。体験会などのイベントにも参加しました。小学校3年のとき、そこで出会った友達から「アルペンスキーの体験教室に行こうよ」と誘われたのがきっかけです。

松田:初めてスキーをやったときのことを覚えていますか?

村岡:私は埼玉県生まれ埼玉県育ちなので、身近に雪がありません。だから、すごく新鮮でした。

松田:わかります。僕も宮崎県出身ですから。

村岡:雪そのものが新鮮で。車椅子って、雪の上だと止まっちゃって全然動けないんですよ。でも、アルペンスキーだったら、雪の上でも自由に動ける。それがうれしかったですね。それから、日常では感じられないスピード感。陸上競技とはまた違う、風を切る感覚が楽しかったです。

松田:ということは、初めてスキーをやったときから「これでいこう!」と決めたのですか?

村岡:そんなことはないです。2泊3日くらいのイベントだったんですけど、実は最終日にちょっと痛い転び方をして、大泣きしてしまったんです。だから、いい思い出がない(笑)。でも、その次の年からも、誘われて行っていました。

松田:アルペンスキーの魅力を教えてください。

村岡:競技としての魅力は、毎回、山が違うことです。たとえ同じ山、同じコースを滑るとしても、そのときの条件によってまったく違うものになります。逆に言うと、陸上競技や競泳のように、目標タイムや自己ベストといった基準がないので、そこは少し寂しい部分かもしれません。アルペンスキーの場合、滑り終わってから自分の順位を知ったり、あとは自己満足の世界ですから。いかに自分が納得できる滑りをするか。でも、そこに際限はありません。「もっと、もっと」とずっと貪欲でいられるところが、アルペンスキーの魅力だと思います。

松田:いいですね。僕も好きでサーフィンをやるんですけど、それに近いかもしれません。17歳でソチ2014冬季パラリンピックに出場していますが、そのときはどんなことを感じましたか?

村岡:早く日本に帰りたかった(笑)。

松田:それはまた、どうして?

村岡:パラリンピックって、正直言うと当時は4年に一度のお祭りという感覚でした。そこに出られるだけでもうれしくて、でも、その祭典の重みを感じるのも初めて。舞い上がっていたんでしょうね。実際に競技が始まると、いろんなものに押しつぶされそうになってすごくつらかったです。

松田:その気持ち、すごく分かります。僕が初めてオリンピックに行って感じたのは、「メダルを取らないとすごくつまらない」ということ。そういう感覚は、ソチ2014冬季パラリンピックのときにありましたか?

村岡:ソチ2014冬季パラリンピックのときはなかったです。自分は表彰式を見る側でしたから。でも、それが平昌2018冬季パラリンピックでは、表彰台から周りを見る側になった。「すごい景色だな」と思いましたよ。この景色は何度でも見たい、と言う人の気持ちがわかりました。君が代がかかったときは、ちょっと泣きそうでしたね。ソチ2014冬季パラリンピックからの4年間が走馬灯のように頭の中を駆け巡って、感慨深かったです。

松田:平昌2018冬季パラリンピックまでの4年間、モチベーションはソチ2014冬季パラリンピックでの“悔しさ”でしたか?それとも表彰台に立ちたいという“欲求”?

村岡:悔しさです。もちろん、メダルを取りたい気持ちはありました。でも、人は悔しさで強くなると思います。

「じゃあ、やってみるか」と思えた理由

松田:ソチ2014冬季パラリンピックの後は早稲田大学に進学するなど環境も大きく変わったと思いますが、どんなふうに自分を変えていったのですか?

村岡:高校生までは、体の関係でフィジカルトレーニングにドクターストップがかかっていました。だから、大学進学を機に筋力トレーニングを始めたんです。代表チームのコーチやスタッフから「トレーニングをしているのに、どうしてちゃんとご飯を食べないの?」って叱られながら(笑)。私、もともと食が細いんです。

松田:僕は逆に食べるのが大好きでした。運動した後にお腹が空かないんですか?

村岡:その感覚がわからなかったんです。朝からゲレンデに出て、普通だったらお昼にお腹が空くじゃないですか。でも、当時の村岡桃佳は「お昼ご飯を食べる時間があるなら滑りたい」と思うような少女でした(笑)。

松田:食に対する意識が変わったタイミングは?

村岡:遠征に行くと、周りから「食べなさい、食べなさい」と言われますね。だから、遠征に行けば頑張って食べるんです。だけど、遠征から帰ってきてオフに入ると、また食に対する意識が低くなる。誰からも何も言われないし、「まあ、いいかな」と思ってしまう自分がずっといたんです。ただ、味の素さんにサポートしていただくようになってからは、「ちゃんとしよう」と思うようになりました。

松田:17年3月から味の素(株)のサポートを受けていますが、最初はどう感じましたか?

村岡:私、とても面倒くさがり屋なんです。なおかつ普段は料理もしない。だけど、そんな私の性格や好みを考慮に入れた上で提案してくださいました。「これだったら、あなたでもできるんじゃない?」というのがとてもありがたくて、「じゃあ、やってみるか」という感じでしたね。

松田:ストレートに言えば、もともと食に興味がない面倒くさがり屋の村岡さんでもできる提案をしてもらったと(笑)?

村岡:はい。普段ならやってみようとも思わない人間なんですけど、試してみようという気持ちになれたことが、私にとっては第一歩でした。すごく小さな一歩でしたけど(笑)。

松田:どういうことから始めたんですか?

村岡:寮に住んでいるので、基本的に朝と夜はご飯が出るんです。昼は学校で食べるんですけど、休日はもちろん出ません。でも、トレーニングはあるから、ちゃんと食べなくちゃいけないですよね。そんな中で、火も使わない、鍋もいらない、「鍋キューブ®」(キューブ状の鍋つゆの素)を使ってレンジでできる“ひとり鍋”の提案をしていただきました。

松田:どういうものですか?

村岡:「鍋キューブ®」とカット野菜、鶏肉などをスーパーで買ってきて、お湯を耐熱容器に入れて、レンジでチンするだけ。「私でもできるー!」って思いました(笑)。しかも、おいしい。平昌にも持っていきましたよ。選手村のご飯に飽きたタイミングで、「強い味方が!」と思いました。

松田:好みの味はあるんですか?

村岡:チゲ味が好きですね。いろいろな味があるんです。遠征にも3種類くらい持って行って、そのときに食べたいものを食べるようにしています。ただ、好きなチゲ味は遠征の後半に取っておくことが多いですね。「今日は疲れたな」と思ったタイミングで最初の1回、中盤に1回、そして終盤に1回、という感じです。

松田:遠征中の食事って大事ですよね。

村岡:すごく役立ちました。遠征に行くとホテル暮らしになるので、どうしてもホテルで出されたものを食べる生活になります。バランスが偏ったり、野菜が不足してしまうこともある。そんなときに、「鍋キューブ®」の簡単さがありがたかったです。毎日のようにやっていました。

私は追う立場、挑戦者だと思っている

松田:体にも変化はありましたか?

村岡:変わったと思います。野菜の摂取量が増えたからか、体の調子がよくなった気がします。言い方は変だけど、体内で血液がきれいに巡っている感じ。疲れにくくなったし、食事ってすごく大事なんだと実感しました。最近は、練習が終わるとお腹が空くようになったんですよ。そこも成長したところです(笑)。

松田:アルペンスキーをやる上で、体づくりの大切さをどのように感じていますか?

村岡:遠征って期間が長いんです。スキー競技だと、夏から翌年の春先くらいまでずっとレースを転戦します。1つのレースが終わったら、そのまま荷物を詰めて移動して、翌日からまた違う場所でレースがあるという感じです。それが競技の特性みたいなもので、コンディショニングの大切さはわかっていても、実際にやるのは難しい。それでも、食事やアミノ酸の取り方で、以前に比べればリカバリーもできるようになってきました。

松田:実際、平昌2018冬季パラリンピックでは5種目も出場したわけですからね。テレビで見ていても、「また村岡さんが出ている」と思うくらいずっと出ていました。

村岡:いやあ、つらかったですね。今までで一番きつかったです。

松田:そんな中、全種目でメダル獲得です。よくやり切りましたね。

村岡:心のよりどころが「アミノバイタル®」でした(笑)。笑っていますけど、ホントですよ!かばんの中に、いくつ入っていたことか。

松田:お守りみたいなものですね。でも、それも戦い抜けた1つの要因だと?

村岡:そうですね。平昌2018冬季パラリンピックは10日間だったんですが、その中で5種目に出場しました。実はその前からトレーニングランという形で、基本的にゲレンデには出ていたんです。だから、何日間もずっと滑っていました。なおかつ朝の4時に起きて、寝るのは早くても夜の12時。その間、ほぼ動きっぱなしです。しかも、(天候の悪化による)日程変更があって、まさかの「もう1日」。連続滑走日数が6日くらいあって、本当に大変でした。

松田:最後に、北京2022冬季パラリンピックに向けて目標を聞かせてください。

村岡:周りの方から「これからは追われる立場だね」と言っていただくんですけれど、私が平昌2018冬季パラリンピックで一番上に立てたのは1種目だけで、他の4種目ではまだ上に人がいます。私は追う立場、挑戦者だと思っているので、次の北京2022冬季パラリンピックでは一番上に立てる回数を増やせるように頑張ります。

松田:そこに向けて、“食”に関する目標はありますか?

村岡:まずは「Cook Do®」から始めようと思います。4年かけて。私の場合、実践したことを継続できるように頑張っていかなければいけませんから(笑)。

(文中敬称略)
※味の素㈱は、JPCオフィシャルパートナー(調味料、乾燥スープ、アミノ酸ベース顆粒、冷凍食品)です。

撮影:田村翔/アフロスポーツ
文:岩本勝暁

プロフィール

村岡桃佳(むらおか・ももか)

1997年3月3日生まれ。埼玉県出身。4歳で横断性脊髄炎により下半身がまひし、車椅子生活に。小学校2年生でアルペンスキー座位と出会い、中学生になると本格的に競技スポーツの道へ。17歳でソチ2014冬季パラリンピックに出場すると、女子 ジャイアントスラロームで5位入賞を果たした。その後は早稲田大学に入学。18年には平昌2018冬季パラリンピックに出場し、冬季パラリンピック大会における日本選手最多記録となる1大会5個のメダルを獲得。女子 ジャイアントスラロームでは金メダルに輝いた。いま、最も注目を集めるパラアスリートの1人だ。

松田丈志(まつだ・たけし)

宮崎県延岡市出身。4歳で地元・東海(とうみ)スイミングクラブに入会し水泳を始める。北京2008オリンピックにて200mバタフライで銅メダルを獲得。この活躍が認められて宮崎県民栄誉賞と延岡市民栄誉賞を受賞。ロンドン2012オリンピックでは200mバタフライで銅メダル、400mメドレーリレーで銀メダルを獲得。リオ2016オリンピックで800メートルリレーのアンカーとして銅メダルを手にしたのち引退。現在は、コメンテーターなど幅広いジャンルで活躍。味の素(株)の栄養プログラム「勝ち飯®」アンバサダーという一面も。

村岡桃佳選手を大解剖!食にまつわる14の質問
Q1
好きな食べ物は?
好きな食べ物はカスタードプリンとアスパラガス。
Q2
子供の頃の好きな食べ物は?
お母さんの作ったアスパラベーコンとオムレツが好きでした。
Q3
懐かしの味といえば?
おばあちゃんの作った煮込みハンバーグ。
Q4
得意、もしくは作ってみたい料理は?
ええー。「Cook Do®」。これだったら料理してみようという気になるんで(笑)。
Q5
忘れられない思い出の食事は?
平昌に行く前に、家で食べたチゲ鍋。キムチ鍋。
Q6
大会で勝ったときのごほうび飯は?
甘いもの!
Q7
一番好きなおにぎりの具材は?
おにぎりの具材!?なんだろう……コンビニで買うんだったら、高菜。家でだったら、昆布かな。
Q8
朝食はパン派?ご飯派?
もともとはパンでしたが、最近はご飯です。
Q9
好きな味噌汁の具材は?
大根!
Q10
遠征中の「勝ち飯®」献立で、テンションが上がるのは?
お鍋。チゲ鍋が一番好きです。
Q11
げんかつぎ飯は?
特にないです。
Q12
お弁当で好きなおかずは?
アスパラベーコン。
Q13
給食で好きだったメニューは?
えー、なんだろう。煮ぼうとう。すっごくローカルなんですかね。ほうとうです。実家が群馬寄りなので。
Q14
大学の学食で好きなメニューは?
オクラのおひたし。
記事一覧に戻る
味の素㈱は、食とアミノ酸を通じて、
東京2020オリンピック・パラリンピックを
応援しています。

東京2020
オリンピック・パラリンピック
スペシャルサイト