対談インタビュー 松田丈志×アスリート VICTORY ROAD
食にまつわる15の質問

宮原知子(フィギュアスケート)
が語る金メダルへの道
「前よりも力強く滑れている」

勝利のために。トップアスリートは試合に勝つため、世界に勝つため、自分に勝つために、日々たゆまぬ努力を続けている。本連載「ビクトリーロード」では、さまざまなアスリートがこれまで歩んできた、そしてこの先に思い描く「勝利への道筋」をひもとく。聞き手は、自身も競泳選手として北京2008オリンピック、ロンドン2012オリンピック、リオデジャネイロ2016オリンピックで4つのメダルを獲得してきた競泳の元日本代表選手で、現在はコメンテーターなど幅広いジャンルで活躍し、味の素(株)の栄養プログラム「勝ち飯®」アンバサダーの松田丈志が務める。

第4回は、フィギュアスケーターの宮原知子と対談する。日本女子のエースである宮原は、平昌2018冬季オリンピックでは女子シングルス4位入賞と健闘した。

惜しくも出場を逃したソチ2014冬季オリンピック後のシーズンから、国内大会全日本選手権4連覇。“ミス・パーフェクト”と呼ばれ、安定した成績を残してきた宮原だが、平昌2018冬季オリンピックの前にはケガとの戦いがあった。積み重ねてきた努力を知る周囲が懸念する中、出場を決して諦めなかった宮原は、念願の舞台で力を出し切った。

宮原の今季のテーマは「チャレンジ」。リハビリ期間中は他競技の選手との交流から力をもらったという宮原が、夏のオリンピックを知る松田に思いを語った。

ジャンプの質を上げることに集中

松田:10月初旬に日本で開催された国際大会が今シーズン2戦目となりましたが、試合はどうでしたか?

宮原:自分の演技はまだまだ課題がたくさんあるなと。練習ではいい演技ができたので、後はそれを本番でしないと、という感じです。

松田:新たなチャレンジという意味では、どういうことに取り組んでいますか?

宮原:特に今はジャンプの質を上げることを重点的に練習していて、今までと跳ぶ時の意識の持ち方を変えて練習しています。回転不足で減点されやすいので、今までは単純に高く跳ぶことばかりを考えていたのですが、顔の位置や手の使い方をより細かく意識しながら跳ぶようにしています。跳ぶ直前ぎりぎりまで顔を残して跳んだ方が、最後に回転のピッチが速くなるので、それを目指してやっています。

松田:練習ではもういい感じですか?

宮原:完璧ではないのですが、調子がいい日は自分の中ですごくいいなと思うジャンプが跳べてきているので、その確率をもっと上げたいです。

松田:まだ取り組み始めたばかりで、これからですものね。平昌2018冬季オリンピックの次のシーズンだからいろいろなことにチャレンジできるのかなと思いますが、やはりそういう意識で取り組んでいるのですか?

宮原:そうですね。何か違うことをするには今シーズンが一番やりやすいのかなと思うので、いろいろチャレンジしたいです。(ジャンプについては)今まではいい時はいい評価を頂けたのですが、「どうかな」と考えてしまう時もあるという感じでした。「絶対大丈夫」と毎回思えるような演技がしたい。そのためにはガラッと変えないといけない。先生からもそういうアドバイスを頂いて、思い切って今シーズンからリセットして、また頑張ろうと思いました。どうしても試合になると、今までは「ちゃんと降りたい」という気持ちばかりが先走って大きいジャンプができないことが多かったのですが、今変えているジャンプをきっちりやることを目標に、試合に臨むようにしています。

初めてのオリンピックは「心から楽しめた」

松田:オリンピックを意識し始めたのは、いつぐらいからですか?

宮原:オリンピックに「絶対に行きたい」と思ったのは平昌2018冬季オリンピックの4年前です。でも、漠然とオリンピック出場を夢に持ったのは、国際試合に出始めた頃です。小学校3、4年生ぐらいですね。

松田:どうでしたか、初めてのオリンピックは?

宮原:すごく楽しかったです。その一言という感じ。

松田:大会直後もそう仰っていましたよね。どんなことが楽しかった?

宮原:すべてが楽しくて。試合だけじゃなくて、選手村で共同生活する感じとか。自分の演技や6分(間練習)に入る時に「自分がここにやっと来られた、本当に来たんだ」ということを心から実感できて、それが感動的でした。緊張はしたのですが、大きな舞台で演技することを楽しむ気持ちの方が勝っていた感じです。

松田:僕が演技を見て感動したのは、今やれることは全部出し切った演技と、それが伝わる宮原さんの表情だったのですが、ご自身ではどのように感じていますか?

宮原:「本当にやり切れた試合だったな」と今でも感じていて……。「せっかく来たかった夢の舞台に立てたからには、いい演技がしたい」と思って試合に臨んでいたので、それが実現できてすごくうれしかったです。

松田:しかも、自己ベストのスコアですもんね。僕、最初のオリンピックで自己ベストが出せなかったんですよ。最初のオリンピックで自分の力を出し切るってすごいことだなと思っているのですが、何故、宮原さんはそれができたのでしょうか?

宮原:大会自体を心から楽しめたということが、大きいのかなと思います。

松田:僕は最初のオリンピックでは「結果を出したい」「ちゃんとやらなきゃ」という気持ちがすごく強くて、楽しむ余裕が全然なかったと思っていて……。(オリンピックを)楽しめる人が結果を出しているなと感じていました。最初から楽しめる余裕があったのはすごいですね。

宮原:余裕は全然なかったです。でも、せっかく来たからには楽しめるだけ楽しんじゃおうと思って。

松田:宮原さんは真面目な印象がありますけど、「楽しんじゃえ」というマインドはどこから来るのでしょうか?

宮原:昨シーズンは特に、ケガから復帰した時に試合の楽しさをすごく味わうことができたので。もしかしたら、その感覚がよかったから平昌2018冬季オリンピックにも上手く気持ちを持っていけたのかなと思います。

ケガを機会に筋肉の使い方を勉強した

松田:そういう意味でも大きな転機になった昨季のケガ(左股関節疲労骨折)の話も伺っていこうと思います。平昌2018冬季オリンピックの約1年前で「本当にやばいんじゃないか」というタイミングでしたよね?

宮原:「しょうがないな、治すしかない」と思っていました。吹っ切れてというか、諦めがついてというか……。「悩んだところですぐ治るわけじゃないから」と思って。「絶対間に合わせる」と思ってリハビリをしていました。

松田:リハビリをすることで、体やトレーニングについても学びがあったんじゃないですか?

宮原:測定をして、ハムストリングやお尻の筋肉がまったく使えていないという弱いところも知ることができたし、これからどうしていかなくてはいけないかという勉強もできました。

松田:何か修正してスケーティング自体が変わったとか、そういうこともありましたか?

宮原:リハビリ明けで初めて氷に乗った時は全然ジャンプの練習ができなかったので、スケーティングばかり練習している中で「ひと押しで前よりも滑れるな」という感覚はありました。

松田:体作りは、今も継続してやっていますか?

宮原:後ろ側の筋肉も前よりは使えるようにはなったのですが、まだどうしても前ばかり使っちゃう癖があるので、今もそれを直しながらトレーニングしています。ジャンプは「自分の力で跳んでいる」という感覚が出てきました。今は、昨年に較べると何の不安もなく練習できているので、すごくうれしいです。

食事も見直し力強いジャンプに 身長も少し伸びる!?

松田:ケガのタイミングで食事も見直したと聞いていますが、実際ケガをする前と後で、食事はどう変えたのでしょうか?

宮原:ケガをする前は、朝ご飯は普通に食べて、昼はおにぎり1個、夜にガッツリ食べるというパターンだったのですが、それを見直して、三食バランスよく食べるようにしています。

松田:食事の量は増やしましたか?

宮原:元々すごく食べるので、あまり量を無理矢理増やした感覚はないですが、昼食の量は増やしました。特に試合の時はいつもすごく痩せてしまっていたので、補食を入れるようにしました。試合の時の食事の量は、増えているかもしれないです。

松田:栄養が足りていない時期があったわけですよね?

宮原:どうしてもシーズンに入って試合が重なると、試合中は自然に「あまり食べないでおこうかな」と減らし気味になっていたので、それが重なったのが原因かなと思います。「あまり(体重が)重い状態で試合に入りたくない」というのがあって、なんとなく気持ち的に「抑えようかな」みたいになっちゃいます。

松田:やっぱり選手として「体重が軽い方が跳びやすい」という感覚はあるのですか?

宮原:そうですね、前はそういう感覚もあって、やっぱり痩せていて細い方がキレイにも見えるし、軽くて跳びやすい、というイメージがありました。でも今は見直して、筋肉をつけた健康な状態で、しっかりジャンプを跳べて演技ができる方が力強さもあるし、自分の体を上手く使っている感覚が出てくるので、その方がいいのかなという考えに変わりました。

松田:それは実感としてあるんですか?

宮原:そうですね、前よりも力強く滑れている感覚はあります。ケガでほとんど滑っていない時期は4キロぐらい増やして、骨にも栄養が届くようにしました。その時には「重くてジャンプが跳べなくなっていたら……」という考えがあったのですが、ケガ明けで最初に滑り出した時に上手くスピードに乗れる感覚があったので「よかったな」と感じました。体重を増やしてしっかり筋肉をつけて、という感じで練習を始めて、だんだん練習密度が濃くなるにつれて自然に体重が減ってきたので、今の体重だと2キロぐらいは増えています。実際増えても、以前よりもいいジャンプが跳べたりしているので。あと、身長がちょっと伸びました(笑)。

松田:えー! だって、二十歳ですよね?

宮原:二十歳です(笑)。もうちょっと伸びたいです。

松田:平昌2018冬季オリンピックでの味の素社のサポートはどうでしたか?

宮原:夜ご飯は元気をもらえて、ほっこりしました。だし炊きご飯やお鍋や納豆があって、デザートも置いてあってよかったです。あとは朝がすごく早かったので、冷蔵庫にお鍋と納豆を用意して下さっていて、朝起きたらそれを温めて食べていました。

松田:期間中の食事で意識していたことは?

宮原:体重を減らさないように、なるべくしっかり三食食べるように意識していました。補食では、たくさん頂いた「パワーボール®」を活用していました。練習が微妙な時間にあってお昼がちゃんと食べられなかったりした時、合間に食べていました。

今シーズンはチャレンジするシーズン

松田:体作りや体重管理について、今後の方針は?

宮原:昨年1シーズンでまたさらにエネルギーの消費量が上がっていて、今は食事量を昨年よりも少しだけ増やしています。食事を減らさずに食べた分は動いて、しっかり筋肉をつけていい状態で試合に入れるように、今もケガ明けからのプランを変えずにいきたいと思っています。それから、牛乳はちゃんと飲むようにしています(笑)。

松田:それは骨のケガがあったからですか?

宮原:そうですね、「カルシウムが大事」というのがスタートです。前は嫌いなのでまったく飲まなかったのですが、頑張って飲むようにしました。今も克服できたわけではないですが……(笑)。

松田:今後の目標をどのように考えていますか?

宮原:今シーズンはチャレンジするシーズンと決めているので、その考えを曲げずに、練習したことを思い切って試合で出せるように、自分に勝てるようにしていきたいです。

松田:4年後となる次の北京2022冬季オリンピックについては?

宮原:次の大会にも出たい気持ちはありますが、そのためには一年一年が大事なので、まずは今シーズン、今シーズンが終わったらまた次のシーズンというふうに、一歩一歩頑張っていきたいです。 見直している自分のジャンプを、試合できっちりやるのが一番の目標です。

松田:新たなチャレンジ、やり切ってほしいですね。ありがとうございます。

(文中敬称略)
※味の素㈱は、JOCオフィシャルパートナー(調味料、乾燥スープ、アミノ酸ベース顆粒、冷凍食品)です。

写真提供:Getty Images
文:沢田聡子
撮影:アフロスポーツ

プロフィール

宮原知子(みやはら・さとこ)

1998年3月26日生まれ。京都府京都市出身。幼少期を過ごした米国でスケートを始める。初出場となった2011年の全日本フィギュアジュニア選手権では13歳8カ月で優勝すると、その年の全日本選手権で6位に。2013年にシニアデビューを果たすが、ソチ2014冬季オリンピックは惜しくも出場を逃した。2014年の全日本選手権で初優勝を飾ると、その後4連覇を達成。2017年1月に左股関節疲労骨折を負ったが、翌シーズンのグランプリシリーズで復帰すると、平昌2018冬季オリンピックの出場権を獲得し、女子シングルス4位。日本のエースとして次回の北京2022冬季オリンピック出場を目指している。

松田丈志(まつだ・たけし)

宮崎県延岡市出身。4歳で地元・東海(とうみ)スイミングクラブに入会し水泳を始める。北京2008オリンピックにて200mバタフライで銅メダルを獲得。この活躍が認められて宮崎県民栄誉賞と延岡市民栄誉賞を受賞。ロンドン2012オリンピックでは200mバタフライで銅メダル、400mメドレーリレーで銀メダルを獲得。リオ2016オリンピックで800メートルリレーのアンカーとして銅メダルを手にしたのち引退。現在は、コメンテーターなど幅広いジャンルで活躍。味の素(株)の栄養プログラム「勝ち飯®」アンバサダーという一面も。

宮原知子選手を大解剖!食にまつわる14の質問
Q1
好きな食べ物は?
パイナップルと、チーズとヨーグルトが好きです。
Q2
子供の頃の好きな食べ物は?
パンが好きでした。
Q3
懐かしの味といえば?
おばあちゃんの肉じゃがです。
Q4
得意、もしくは作ってみたい料理は?
作ってみたい料理は、凝った料理を作ってみたいです。パンとか、ケーキとか、そういう時間のかかるものを一から作ってみたいです。
Q5
忘れられない思い出の食事は?
忘れられない思い出の食事……。うーん……(考える)えー?リハビリをしていた時に、みんなで食堂で食べていたのはすごく思い出です。
Q6
大会で勝ったときのごほうび飯は?
いつも大会の後に、バンケット、パーティーみたいなのがあって、みんなでビュッフェスタイルで、国ごとにテーブルに座って、食事会みたいなのがあるんですが、その時に食欲を爆発させて、みんなで食べます。それがご褒美です。
Q7
一番好きなおにぎりの具材は?
鮭。
Q8
朝食はパン派?ご飯派?
最近はご飯派です。ちょっと前までパン派でした。
Q9
好きな味噌汁の具材は?
タマネギか、カボチャ。
Q10
遠征中の「勝ち飯®」献立で、テンションが上がるのは?
えー……全部美味しいです。
Q11
げんかつぎ飯は?
今はないです。昔は、とんかつを食べたりしていました。
Q12
お弁当で好きなおかずは?
お弁当の好きなおかず……えー難しい。特にないです。
Q13
給食で好きだったメニューは?
給食は……あんまり、これというのは思い浮かばないです。
Q14
大学の学食で好きなメニューは?
学食、食べたことがなくて。すごく混んでいて、多分並んでいると次の授業が始まっちゃうので。
Q15
間食するなら何を食べたい?
間食するなら……ヨーグルトか、おせんべい。
記事一覧に戻る
味の素㈱は、食とアミノサイエンスを通じて、
東京2020オリンピック・パラリンピックを
応援しています。

東京2020
オリンピック・パラリンピック
スペシャルサイト