アミノインデックス®

アミノインデックス®検査の内容

  • TOP
  • アミノインデックス®検査の内容
  • アミノインデックス®を取り扱っている医療機関
  • 「アミノインデックス技術」とは?
  • よくあるご質問
  • 医療関係者向け専用サイト

アミノインデックス®
リスクスクリーニング
(AIRS®:AminoIndex® Risk Screening)

AIRS®とは?

AIRS®は、1回の採血で、血液中のアミノ酸濃度バランスから、現在・将来のさまざまな疾患リスクを一度に検査します。
人のからだは約60%が水分で、約20%がたんぱく質でできています。
人のからだを構成しているたんぱく質は、20種類のアミノ酸から作られています。
健康な人の血液中のアミノ酸濃度は、それぞれ、一定に保たれるようにコントロールされています。しかし、さまざまな病気になると、一定に保たれている血液中のアミノ酸濃度のバランスが変動することが分かっています。

人のからだの約20%がたんぱく質

たんぱく質を構成する20種類のアミノ酸

さまざまな病気になると
血液中のアミノ酸濃度バランスも変動

人のからだの約20%がたんぱく質 たんぱく質を構成する20種類のアミノ酸 さまざまな病気になると血液中のアミノ酸濃度バランスも変動

AIRS®とは、血液中のアミノ酸濃度バランスから、さまざまな疾患リスクを一度に評価する検査です。AIRS®アミノインデックス®がんリスクスクリーニング(AICS®と、アミノインデックス®生活習慣病リスクスクリーニング(AILS®エーアイエルエスの検査結果を報告させていただきます。

AICS AILS
グラフ

AIRS®の対象と注意事項

AIRS®は、下記年齢の日本人を対象として開発された検査です。 これらの方以外の結果は報告されますが、評価対象外となります。
検査項目 評価内容 対象年齢
男性 AICS(5種) 胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん 25歳~90歳
前立腺がん 40歳~90歳
AILS(脳心疾患リスク) 10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスク 30歳~74歳
AILS(糖尿病リスク) 4年以内に糖尿病を発症するリスク 20歳~80歳
AILS(アミノ酸レベル) 血液中の必須・準必須アミノ酸の低さ
女性 AICS(6種) 胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん 25歳~90歳
子宮がん・卵巣がん 20歳~80歳
AILS(脳心疾患リスク) 10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスク 30歳~74歳
AILS(糖尿病リスク) 4年以内に糖尿病を発症するリスク 20歳~80歳
AILS(アミノ酸レベル) 血液中の必須・準必須アミノ酸の低さ

・脳卒中・心筋梗塞の方(治療中も含む)のAILS(脳心疾患リスク)値やランクおよび検査結果に基づくタイプ、糖尿病の方(治療中も含む)のAILS(糖尿病リスク)値やランクおよび検査結果に基づくタイプも出力されますが、いずれも評価対象外となります。

・この検査には健康保険は適用されません。検査の費用については受診される医療機関におたずねください。

・子宮がん・卵巣がんは、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんのいずれかのがんである可能性について評価することはできますが、それぞれのがんの可能性について区別することはできません。

  • 食事 検査前の8時間は水以外は×

    検査前の8時間は、水以外(食事、サプリメント等)は摂らないで、午前中に採血してください。検査前日の夕食も、肉、魚などの高たんぱく質の食事は摂りすぎないようにしてください。

  • 運動 当日朝は×

    正しい検査結果を得るために、検査当日朝の運動はお控えください。

  • お薬 事前に相談を

    薬剤の検査への影響に関してはわかっておりません。検査当日のお薬の服用方法については、事前に主治医または健診施設にご相談の上、その指示に従ってください。

AIRS®を受けられない方

妊娠されている方、授乳中の方、がん患者(治療中を含む)の方、先天性代謝異常の方、透析患者の方は検査結果に影響がありますので、検査を受けていただくことはできません。

アミノインデックス®の情報をもっと知りたい方へ

「アミノインデックス技術」に
関するお問い合わせは

0120-171-714(受付時間:平日9:30〜17:30)

お客様への対応を正確に行うため、
内容を録音させていただいております。

ページのTOPへ

アミノインデックス®
がんリスクスクリーニング
(AICS®:AminoIndex® Cancer Screening)

AICS®とは?

AICS®とは、血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な方とがんである方のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、現在がんである可能性を評価する検査です。早期のがんにも対応しています。

健康な方と胃がんの方のアミノ酸濃度バランス

がんになるとアミノ酸濃度バランスは、がんが早期の段階から変化します。

AICS®の評価できる内容

検査項目 評価内容
男性AICS(5種) 現在がんである可能性
対象となるがん種:胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん
女性AICS(6種) 現在がんである可能性
対象となるがん種:胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん・卵巣がん

*子宮がん・卵巣がんは、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんのいずれかのがんである可能性について評価することはできますが、それぞれのがんの可能性について区別することはできません。

AICS®の報告内容

AICS®は、それぞれのがんについて、現在がんである可能性を0.0~10.0の数値(AICS値)で報告します。数値が高いほど、現在がんである可能性が高くなります。現在がんである可能性を評価する目安として、「ランクA」、「ランクB」、「ランクC」の3段階に分類しています。
ランクがA、B、Cになるにつれて、現在がんである可能性は高くなります。

ランク分類 ランクA ランクB ランクC
AICS値 0.0〜4.9 5.0〜7.9 8.0〜10.0

男性AICS(5種)の結果報告書サンプル

女性AICS(6種)の結果報告書サンプル

ランク別のがんである可能性

下の表は、がん種ごとに、現在がんであるおおよその確率をランク別に示したものです。例えばAICS(胃)では、「ランクA」では、3,088人に1人が、「ランクB」では603人に1人が、「ランクC」では95人に1人が、胃がんであることを示しています。

●各ランクでのがんである可能性【倍率】

ランク分類 罹患率 ランクA ランクB ランクC
AICS値 0.0〜4.9 5.0〜7.9 8.0〜10.0
AICS(胃) 胃がん 0.1036% 1/3,088【0.3倍】 1/603【1.6倍】 1/95【10.2倍】
AICS(肺) 肺がん 0.0887% 1/3,342【0.3倍】 1/604【1.9倍】 1/125【9.0倍】
AICS(大腸) 大腸がん 0.1325% 1/1,510【0.5倍】 1/596【1.3倍】 1/92【8.2倍】
AICS(膵臓) 膵臓がん 0.0273% 1/12,744【0.3倍】 1/2,893【1.3倍】 1/316【11.6倍】
AICS(前立腺) 前立腺がん 0.1179% 1/1,885【0.5倍】 1/398【2.1倍】 1/133【6.4倍】
AICS(乳腺) 乳がん 0.1264% 1/1,194【0.7倍】 1/440【1.8倍】 1/198【4.0倍】
AICS(子宮・卵巣) 子宮がん・卵巣がん 0.0858% 1/4,660【0.3倍】 1/794【1.5倍】 1/100【11.6倍】

【 】内は各種がんの罹患率を1とした場合の、がんである倍率を示しています。

*罹患率は、2012年の全国年齢階級別推定罹患率(出典:国立がん研究センターがん情報サービス:地域がん登録全国推計によるがん罹患データ(1975年~2012年))に基づき、%表記に換算しています。

各ランクについて

この検査は、現在がんである可能性を評価する検査で、がんであるか否かをはっきりと判断するものではありません。現在がんである可能性が0の方はいませんので、「ランクA」でも、がんでないとは言いきれませんし、「ランクB」や「ランクC」であっても、必ずがんであるということではありません。また、血液中のアミノ酸濃度は、さまざまな原因で変化しますので、がん以外の病気でもAICS値が高くなり、「ランクB」や「ランクC」になる場合があります。

AICS®の検査結果の判断について

AICS®はその他の検査結果とともに総合的に判断されるものです。現在がんである可能性に対する考え方や感じ方は個人により異なりますので、本検査結果の解釈やその他の必要な検査に関しては、医師にご相談ください。

現在までにAICS®の結果に影響を与える可能性が分かっている病気

現在下記の病気にかかっている方は、AICS値に影響を与える可能性がありますが、検査の対象外とするものではありません。

・AICS(肺)
慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎、非結核性抗酸菌症、肺結核、肺気腫、無気肺
・AICS(前立腺)
前立腺肥大、糖尿病
・AICS(子宮・卵巣)
子宮筋腫、子宮内膜症、良性卵巣腫瘍
・複数のAICS®
脳梗塞

ページのTOPへ

アミノインデックス®
生活習慣病リスクスクリーニング
AILS®エーアイエルエス:AminoIndex® LifeStyle diseases)

AILS®エーアイエルエスとは?

アミノインデックス®生活習慣病リスクスクリーニング(AILS®エーアイエルエス)とは、血液中のアミノ酸濃度バランスから、10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスクと、4年以内に糖尿病を発症するリスクおよび、大切な栄養素である必須・準必須アミノ酸が現在血液中で低下していないかを評価する検査です。
アミノ酸の中には、からだの中で作り出せないアミノ酸=必須アミノ酸、十分な量が作り出しにくいアミノ酸=準必須アミノ酸があります。 たんぱく質を形づくるには、20種類のアミノ酸が必要ですが、そのうち約半分が必須アミノ酸および準必須アミノ酸であり、 これらは食事から継続的にバランス良く摂る必要がある必須栄養素になります。

10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症した方、10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症しなかった方のアミノ酸濃度バランス

10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症した人は、発症前からアミノ酸濃度バランスが変化しています。

現在糖尿病の方、4年以内に糖尿病を発症した方、4年以内に糖尿病を発症しなかった方のアミノ酸濃度バランス

4年以内に糖尿病を発症した人は、発症前からアミノ酸濃度バランスが変化しています。

AILS®エーアイエルエスの評価できる内容

検査項目 評価内容
AILS(脳心疾患リスク) 10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスク
AILS(糖尿病リスク) 4年以内に糖尿病を発症するリスク
AILS(アミノ酸レベル) 血液中の必須・準必須アミノ酸の低さ

*AILS(脳心疾患リスク)は、脳卒中・心筋梗塞を合わせた発症リスクを評価します。
AILS(脳心疾患リスク)は10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスクを、 AILS(糖尿病リスク)は4年以内に糖尿病を発症するリスクを評価するもので、生涯にわたってのリスクを予測するものではありません。

AILS®エーアイエルエスの報告内容

AILS(脳心疾患リスク)、AILS(糖尿病リスク)とAILS(アミノ酸レベル)の3つの検査項目があります。

①AILS(脳心疾患リスク)

10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスクの検査結果をAILS(脳心疾患リスク)値とランクで報告

②AILS(糖尿病リスク)

4年以内に糖尿病を発症するリスクの検査結果をAILS(糖尿病リスク)値とランクで報告

③AILS(アミノ酸レベル)

血液中の必須・準必須アミノ酸レベルの検査結果をAILS(アミノ酸レベル)値と「通常」、「低い」で報告

④検査結果分類

AILS(糖尿病リスク)とAILS(アミノ酸レベル)の検査結果に基づき、「タイプⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ」の4つに分類され、更にAILS(脳心疾患リスク)の結果が「ランクC」の場合には、「*」マークが付きます。

AILS(脳心疾患リスク)の報告内容

AILS(脳心疾患リスク)値は、10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスクを0.0~10.0の数値で報告し、 リスクを評価する目安として、「ランクA」、「ランクB」、「ランクC」の3段階に分類しています。

ランク分類 ランクA ランクB ランクC
AILS(脳心疾患リスク)値 0.0~4.9 5.0~7.9 8.0~10.0

ランクがA、B、Cになるにつれて、10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスクは高くなります。
「ランクA」を1とした場合のランク別の発症リスク(相対リスク)は以下の通りです。

AILS(糖尿病リスク)の報告内容

AILS(糖尿病リスク)値は、4年以内に糖尿病を発症するリスクを0.0~10.0の数値で報告し、リスクを評価する目安として、 「ランクA」、「ランクB」、「ランクC」の3段階に分類しています。

ランク分類 ランクA ランクB ランクC
AILS(糖尿病リスク)値 0.0~4.9 5.0~7.9 8.0~10.0

ランクA、B、Cになるにつれて、4年以内に糖尿病を発症するリスクは高くなります。
「ランクA」を1とした場合のランク別の発症リスク(相対リスク)は以下の通りです。

AILS(アミノ酸レベル)の報告内容

AILS(アミノ酸レベル)値は、0.0~100.0の数値で報告致します。数値が低いほど、現在血液中のいずれか 必須・準必須アミノ酸の濃度が低いことを意味します。 低いことを評価する目安として、「通常」、「低い」の2つに分類しています。 「低い」場合には、たんぱく質栄養不良、貧血、免疫・炎症の指標との関連が報告されています。

低い 通常
AILS(アミノ酸レベル)値 0.0~29.9 30.0~100.0
人間ドック受診者の分布 17% 83%

検査結果に基づくタイプについて

AILS(糖尿病リスク)とAILS(アミノ酸レベル)の検査結果に基づき、「タイプⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ」の4つに分類され、更にAILS(脳心疾患リスク)の検査結果が「ランクC」の場合には、「*」マークが付きます。 それぞれのタイプに適した「タイプ別AILS®エーアイエルエス生活改善ガイド」を提供します。

各ランクについて

AILS(脳心疾患リスク)やAILS (糖尿病リスク)が「ランクA」であっても、100%10年以内に脳卒中・心筋梗塞や、4年以内に糖尿病を発症しないとは言い切れません。 また、同時に受診した他の脳心疾患や糖尿病関連の検査結果と異なる場合があります。
血液中のアミノ酸濃度はさまざまな原因で変化するため、脳卒中、心筋梗塞や糖尿病以外の病気や、個人特有のアミノ酸濃度バランスにより、「ランクB」や「ランクC」と評価される場合でも、必ずしも10年以内に脳卒中・心筋梗塞や4年以内に糖尿病を発症するわけではありません。

AILS®エーアイエルエスの検査結果の判断について

脳卒中・心筋梗塞発症や糖尿病の発症リスクは、AILS(脳心疾患リスク)やAILS(糖尿病リスク)と、その他の検査結果とともに総合的に判断されるものです。
本検査結果の解釈や必要な他の検査に関しては、医師にご相談ください。

高値を示すことが現在までにわかっている病気・所見

脳卒中・心筋梗塞発症や 糖尿病発症との関連が報告されている以下の病気・所見について、「ランクB」、「ランクC」を示す割合が高くなることが知られています。

  • ・食後高血糖
  • ・高血圧
  • ・脂質異常症
  • ・メタボリックシンドローム
  • ・内臓脂肪型肥満
  • ・脂肪肝
  • ・肝機能異常
  • ・高尿酸血症

アミノインデックス®の情報をもっと知りたい方へ

「アミノインデックス技術」に
関するお問い合わせは

0120-171-714 (受付時間:平日9:30〜17:30)

お客様への対応を正確に行うため、内容を録音させていただいております。