栄養ケア食品TOP > 製品情報 > 「アクアソリタ」 > 経口補水液の特長

経口補水液の特長

経口補水液は 水分や電解質をカラダに 素早く補給できるよう 設計された飲料です。

経口補水液の歴史

経口補水液は海外ではORS(Oral Rehydration Solution)と呼ばれ、その誕生は1940年代にさかのぼります。体内で効率の良い水分吸収には砂糖(ブドウ糖)と塩が必要であることが発見され、水分補給に効果的で簡単・安全な飲料として用いられたのが始まりです。
その後も改良が進み、発展途上国を中心に急速に広まり、現在でも多くの方に利用されています。

経口補水液の特長

スーッとカラダに浸透

水分は大部分が腸から吸収されますが、ただの水よりもナトリウムや糖分(ぶどう糖)を一定量含んでいたほうが、より速くカラダに取り込むことができます。

水と経口補水液との吸収の違い(イメージ)

ワンポイントアドバイス
腸管壁にはナトリウム/ブドウ糖共輸送機構という、水分吸収を効率よく行う仕組みがあり、ナトリウムに対してブドウ糖の比率が最適バランス(1~2倍)の時、最も吸収が速いと考えられています。
水分をしっかりキープ

水分を体内にとどめておくためには、ナトリウム(塩分)も同時に摂ることが必要です。水分だけとってもナトリウム濃度が低いと体液が薄まってしまい、水分をカラダに保持できず、尿として体外に出てしまいます。

水と経口補水液との水分保持力の違い(イメージ)

ご存じですか!?
経口補水液は、使い分けがポイント!

いつもの体重から△3%以上の場合
(水分不足がかなり進んだ状態)

  • いつもの体重の場合
    (通常の体内水分量を保っている状態)
  • いつもの体重から△1~2%の場合
    (水分不足が進みつつある状態)
  • 水分不足


お茶
スポーツドリンク

Na低め
(80mg前後/100ml)の
経口補水液
水分不足が進みつつある時に。

Na高め
(110〜120mg前後/100ml)の
経口補水液過度に水分が不足した時に。

水分不足が進みつつある時には、必要な塩分量に合った
Na低めの経口補水製品をおすすめします!

栄養ケア食品TOP > 製品情報 > 「アクアソリタ」 > 経口補水液の特長