トレーニングによる筋肉量アップの効率を上げる『必須アミノ酸高配合ホエイプロテイン』

筋量・筋力を高めるために欠かせないのは、トレーニングに加え、十分な栄養を摂り、しっかりと休養すること。栄養素の中で特に注目されているたんぱく質、最近ではプロテインを活用する人が増えてきています。しかし、運動した後に摂ると、それだけでお腹がいっぱいになってしまう、次の食事に響いてしまう……このようなことを感じている人も多いかもしれません。

そんな悩みに役立つのが、『必須アミノ酸高配合ホエイプロテイン(EAA高配合WP)』。少ない量で一般的なプロテインと同じように筋量・筋力を高める効果が期待できる。『必須アミノ酸高配合ホエイプロテイン』の秘密をご説明します。

1.トレーニングは、適切な食事や休養と組み合わせないと、効果がない?

スポーツする人はもちろん、健康やダイエット目的の人も、今や普通に取り入れているトレーニング。しかし、トレーニングの効果をいま一つ感じられていない人もいるかもしれません。そのような場合、摂っている食事は適切か、休養はしっかり取れているか、などについて見直してみることをおすすめします。

トレーニングにより筋量と筋力を効率的に高めるには、毎日の食事からたんぱく質を十分に摂ることが必要です。そして、しっかりと休養を取ることで、トレーニングの効果として筋肉が太く、強くなっていきます。ただし、栄養や休養が十分ではない場合、残念ながら、努力に見合った効果は得られないかもしれません。

2.食事から十分なたんぱく質を摂取することは難しい?

私たちのカラダの60%が水分、残りの40%の約半分、20%はたんぱく質でできています。そのため、スポーツをしない人でも体重1kgあたり1日1gのたんぱく質を摂る必要があります(体重60kgの人は1日60gのたんぱく質)。アスリートや毎日のように運動する人になると、体重1kgあたり1日2gものたんぱく質が必要となります(体重60kgの人は1日120gのたんぱく質)1)。これだけの量を食事だけから摂ろうとすると、必要のない脂質も一緒に摂ってしまいます。そこで注目されているのが、プロテイン。運動を行う人が、カラダに必要なたんぱく質を手軽に摂るために役立ちます。

1)小清水ら、栄養学雑誌. 64: 205-298, 2006.

3.プロテインの抱えている問題は必須アミノ酸を活用すると解決できる!

最近では、ホエイプロテイン、カゼインや大豆プロテインなど、いろいろな種類のプロテインが使われています。しかし、このようなプロテインは、一度に摂る量が多いため、摂った後に満腹感がある、という量についての問題があるようです。そこで、必須アミノ酸の働きに注目し、プロテインが抱える問題を解決できないか考えてみました。

カラダのタンパク質は20種類のアミノ酸で作られており、カラダの中で作ることのできない必須アミノ酸9種類と、作ることのできる非必須アミノ酸11種類に分けられます。

筋肉の中のタンパク質を効率的に作るには、摂るたんぱく質の量ではなく、そのたんぱく質に含まれているアミノ酸の組み合わせが大事であるというデータがありました。

図1

図1は、筋肉のタンパク質が作られる速さに対して、アミノ酸の組み合わせによる違いを調べたものです。必須アミノ酸と非必須アミノ酸の両方を含むアミノ酸6gを摂った場合と、必須アミノ酸だけの6gを摂った場合を比べた結果、必須アミノ酸だけの場合の方が、タンパク質を作る速度が速いことがわかりました。

4.4分の1の量でトレーニングの効果を得られる!それが『必須アミノ酸高配合ホエイプロテイン』

味の素KKは、必須アミノ酸を活用することで、一般的なプロテインが有効である量に比べ、摂る量を大幅に減らしながらも、同じように効果が得られる『必須アミノ酸高配合ホエイプロテイン(EAA高配合WP)』を見出しました(図2)。

図2

一般的なプロテインの場合、通常有効とされる量は1回当たり約15~20gですが、『必須アミノ酸高配合ホエイプロテイン』では、約4gで済むようになりました。

5.トレーニング効果として筋量・筋力を高めるとともに、脂肪の量も減らせる!

この『必須アミノ酸高配合ホエイプロテイン』をトレーニングと組み合わせ、効果を確かめたデータがあります。一般的なプロテインもしくは、『必須アミノ酸高配合ホエイプロテイン』のどちらかを摂り、トレーニングを実施して、カラダの変化を測定しました。

図3

その結果(図3)、『必須アミノ酸高配合ホエイプロテイン』を摂ったグループでも、一般的なプロテインを摂ったグループと同じように、体重や筋量が増えることが確認できました。さらに、『必須アミノ酸高配合ホエイプロテイン』のグループでは、脂肪の量が減っているという効果もありました。


図4


図5

図4と図5のように、各部位の筋量・筋力も同等に効果が得られ、『必須アミノ酸高配合ホエイプロテイン』による効果が確認されました。

6.プロテインとして摂る量が減ることで食事が十分に食べられる。

これまで一般的なプロテインの問題の一つが、プロテインを摂った後に満腹になってしまうことでした。『必須アミノ酸高配合ホエイプロテイン』は、1回分の量が減ることで満腹にならず、その後の食事が十分に食べられるようになるのです。

トレーニングした効果を十分に発揮するためには、十分な栄養を摂ることが必要だと説明しましたが、栄養の大部分は食事から摂ることがとても大切です。そのため、食事が十分にとれないというようなことは避けなければなりません。

図6

アンケート(図6)により、『必須アミノ酸高配合ホエイプロテイン』なら、摂った後も満腹にならず、次の食事に影響しない、という結果も得られています。

7.少量でも筋量・筋力が増え、カラダ作りに役立ちます!

『必須アミノ酸高配合ホエイプロテイン』は、一般的なプロテインが有効とされる量の約4分の1で、トレーニング効果として、体重、筋量、筋力の増加が得られます。また、食事に対する影響が少ないことも分りました。

『必須アミノ酸高配合ホエイプロテイン』は、バランスの良い食事と組み合わせることで、効率的なカラダ作りに役立つのです!


▼このアミノ酸に関連する課題はこちら
トレーニングの効果をより高める大切なポイントは栄養と休養にあり

Related article関連記事