HOMEお役立ち情報キーワードで見るおすすめ特集冷めてもおいしいごはん

キーワードで見るおすすめ特集 冷めてもおいしいごはん

テイクアウトのお弁当。おかずがおいしくても

ごはんがおいしくないとお客様の評価は下がってしまいます。

「また食べたい」とリピートしていただける冷めても、

時間が経ってもおいしい「ごはん」の炊き方をご紹介します。

お弁当の「ごはん」の課題

時間が経つと糠臭さが目立つ、風味が失われる

他の食材と同様、ごはんも時間とともにおいしさが損なわれます。また、お米の研ぎ方や経時変化で糠臭さが目立つこともあります。 梅雨や夏場は、食中毒のリスクも気になります。

お弁当

酢+こんぶだしを加えて炊く。
菌の繁殖を抑え、米のうま味・風味が長持ち

酢は、主成分である酢酸のはたらきで雑菌の繁殖を抑えます。
しかし、酢だけだと独特の酸臭が出てしまいます。
こんぶだしを加えることで酸臭を抑え、うま味と風味を付与します。

プロの技

  • 酢

    米1kgに対して 酢10ml

    「酢」で雑菌の繁殖を抑え腐敗予防

  • だし自慢濃厚こんぶだし

    だし自慢濃厚こんぶだし 5ml

    こんぶだしで酸味・糠臭さを抑制しうま味を補強

「酢+こんぶだし」ここがポイント

「だし自慢」濃厚こんぶだし

「だし自慢」濃厚こんぶだし

厳選した真昆布より抽出したエキスをベースに各種の調味料を絶妙にブレンドした液体和風だしです。

めん類のかけ汁、つけ汁、鍋などにも最適です。
※真昆布とは、うま味の強い高級なだし用昆布の品種です。