HOME繁盛お役立ち情報販促カレンダー > 7月「手間なし野菜ランチメニュー」

販促カレンダー販促カレンダー一覧

手間なし野菜ランチメニュー

キーワード
ポイント1

「野菜メニューを増やしたら売上が向上した」と実感しているお店は、約8割です。(※1)野菜メニューにはお客様を満足させる力があります。お店の経営状態を強く健全化するお店のファン作りのために、野菜メニューをどんどん提供してください。

ポイント2

お客様が野菜料理に求めているのは「質」より「量」です。(※2)特に原価率が厳しいランチでは、ブランド野菜などの高価値野菜を使用して「質」でお客様を満足させることが難しいのではないでしょうか。「量」=「高価値」=「お客様の満足」の関係が成り立ちます。

ポイント3

量をたっぷり提供するには、低原価のいつも使っている旬野菜の活用がポイントです。いつもの旬野菜で、オペレーション負担が軽く、しかもオリジナルメニューの提供に貢献するのが「ベジクック」の特長です。



(※1)(※2) 出典 日経レストラン2012年5月号「野菜料理に関するアンケート」より

いつもの素材でメニューの可能性を広げる。

新メニューのネックになるのが、原価アップではないでしょうか。今回のご提案メニューに、特別な素材も手間も必要ありません。つまり、原材料費、人件費そのままにメニューを広げることができるのです。ぜひご活用ください。

おすすめレシピ1トマトとツナのバジル風味サラダ

さっとあえるだけで、味が決まります。


様々な旬野菜でお試しください。余っても、冷蔵庫に保管すれば軽いマリネになります。

おすすめレシピ2チーズのコクのコールスロー

ぐっとコクのある仕上がりに。


味付けの難しいコールスローが、専門店の一品料理の味わいになります。

おすすめレシピ3干し桜えびのポテサラ

ポテトサラダの味のベースが簡単にできる。


ポテトサラダのベースがしっかりするので、トッピングが自由自在です。