HOME繁盛お役立ち情報販促カレンダー > 12月「ソース、タレで食べる鶏唐揚げ」

販促カレンダー販促カレンダー一覧

ソース、タレで食べる鶏唐揚げ

キーワード
ポイント1

あらかじめ調理しておくスタンバイ料理が、最繁忙期の12月には必要です。唐揚げだと、来店客数を予測して先に数人前を揚げておくことになります。その際、お客様から「作り置き」と思われると、料理の魅力は、半減します。仕上げにソース、タレをかけるだけで、作り置き感が弱まります。

ポイント2

ソース、タレの特長のひとつに、様々な素材をまとめることがあります。いつもの唐揚げにいつもの野菜をたっぷり加えることで料理価値が上がりますし、お客様の値ごろ感を得ることができます。

ポイント3

ソース、タレと料理の相性がいまいち、ソースの味わいに満足できない。そんな時こそ風味豊かな「調味料」で味が決まります。調理経験の少ないスタッフの方でも、さっとソースが作れてしまいます。

繁忙期に料理価値を上げる「調味料」

「調味料」は、時間短縮と手間の削減にたいへん有効です。それと同時に「調味料」は、料理価値を大きく上げることができます。繁忙期にあって「調味料」は、お店の強い味方になります。

おすすめレシピ1鶏の唐揚げ ねぎポンおろし

さっぱり味でも、ちゃんと味がまとまる


下味に「味の素® S」、タレに「ほんだし® こんぶだし」を使います。たっぷり大根おろしに負けないしっかりとした味わいになります。

おすすめレシピ2唐揚げの油淋鶏風ソースがけ

「中華味」+いつもの調味料だけ


「中華味」だけで味が決まります。たっぷり野菜をトッピングして人気メニューに!

おすすめレシピ3鶏のからあげ コリアンマヨソース

「かけだれ工房®」活用で新メニュー


「かけだれ工房®」ピリ辛コチュジャンだれをかけるだけで、人気になる新メニューになります。