HOME繁盛お役立ち情報販促カレンダー > 6月「雨の日の「ロスなし」メニュー」

販促カレンダー販促カレンダー一覧

キーワード
6月は夏季の売上拡大を狙うスタート月

6月を皮切りに8月までは飲料中心に売上拡大を狙える絶好の時期です。夏向けメニューの導入、オペレーションの見直し、新しい人員配置など、夏休みの需要期を迎える前にスタートダッシュを図るお店が多いようです。

雨の日が多く客数が不安定

しかし、雨の日が多く来客数に大きくばらつきがあることが多い月でもあります。「料理を多く仕込んだのに、雨でお客様が来なくて困った」そんな声がよく聞かれます。

仕込みロスの無い料理

料理として高い価値がありながら、仕込みロスや廃棄がない。梅雨に入るこの時期にそんなメニューがあれば、降雨日の不安もなく、どんどん積極的なメニュー展開ができるでしょう。

バルサミコ酢を活用する

バルサミコ酢のマリネが雨の多い6月に活躍します。
使い方は普通の酢と同じですが、今までのマリネメニューがフルーティになります。女性客だけでなく、男性客からも大人気です。

唐揚げの木樽熟成バルサミコ酢マリネ

ポイント

お店で提供している唐揚げをバルサミコ酢でマリネするだけで、保存性が高いだけでなく、メニューとしての価値があがります。

なるほど使いやすい!

ご提案メモ1

マリネ液約10人前の材料(唐揚げ鶏肉1.5kgに対して)

「クノール® チキンコンソメ」 … 大さじ1 醤油 … 60cc
「信州アルプス工場木樽熟成バルサミコ酢」 … 180cc パセリみじん切・レモン汁・輪切唐辛子 … 適量
にんにくスライス … 1かけ 砂糖 … 30g
輪切り唐辛子 … 適量 … 120cc
マリネ液約10人前の参考原価 180円

作り方

  • 揚げたての唐揚げをマリネ液にひたしてください。
    冷蔵庫で1時間程度寝かして味をなじませます。
    ※冷蔵庫で保管すると通常のマリネのように日持ちします。

ご提案メモ2

和風料理にもバルサミコ酢はお使いいただけます。

アジの南蛮漬け、うざくなどの料理にもバルサミコ酢を使ってみてください。まろやかな酸味とコクがあるオリジナルメニューになります。和風料理の場合「ほんだし® かつおだし」と一緒に使うと味がしっくりとなじみます。

南蛮漬け液約10人前の材料(豆アジ700gに対して)

「ほんだし® かつおだし」 … 小さじ1/2
「信州アルプス工場木樽熟成バルサミコ酢」 … 180cc
薄口しょうゆ … 150cc
砂糖 … 50cc
… 60cc
… 100cc
鷹の爪 … 2本
きざみしょうが … 30g
南蛮漬け液約10人前の参考原価 380円

うざくのタレ約10人前の材料(うなぎ蒲焼2本に対して)

「ほんだし® かつおだし」 … 小さじ1/2
「信州アルプス工場木樽熟成バルサミコ酢」 … 100cc
しょうゆ … 80cc
砂糖 … 30g
… 200cc
うざくのタレ約10人前の参考原価 200円

ご提案メモ3

フィッシュ&チップスにもバルサミコ酢

オリンピックが開催されるロンドンのパブでは定番のフィッシュ&チップスと一緒に必ずビネガーが置かれています。白身魚の唐揚げとバルサミコ酢。ロンドン気分が味わえます。