HOMEレシピ大百科PROプロのための「味噌汁進化論」

味噌汁を変える、ランチが変わる。プロのための「味噌汁進化論」おかげさまで「ほんだし?」は発売50周年を迎えました。麹由来の酵素のチカラ、味噌の抗酸化力など、理想的な免疫サポート食である味噌汁は、いま改めて注目されています。発売50周年を迎えた今年、「ほんだし?」は基本に立ち返り、味噌汁メニューのご提案で飲食店のお役立ちに貢献いたします。

お客様の声

汁物の具材量アップに追加で支払ってもよい価格帯 (2020年当社調べ、「外食メニューに関するアンケート」)満足できる味噌汁なら、単価UPもOK!味噌汁の具材アップやだしの品質アップに対して、約半数の人が「50円以上追加で払ってもよい」と回答しています。

繁盛店の味噌汁進化術を直撃!

「具だくさん味噌汁」でプラス100円のオーダー率が3倍増!ランチメニューが評判の和食居酒屋【名古屋・御器所】Q.ランチ味噌汁の工夫を教えてください。味噌汁の代わりに+100円で「具だくさん味噌汁」を提供したところ、オーダー率は3倍以上に跳ね上がりました。とりわけ女性のお客様からのオーダーが増えましたね。具だくさん味噌汁は、具を煮崩さないように、一緒に煮込まないのがコツです。あらかじめ具材をだしで煮てストックしておき、注文が入ってから味噌汁とあわせて提供しています。Q.業務用「ほんだし??」の良さは?「ほんだし??」を使うと味のまとまりが出ますね。以前は味噌汁も自家抽出だしを使っていましたが、どうしても味がまとまらないので今は半分を「ほんだし??」にしています。 「できたて味噌汁」の提供で常連客を掴む!常連客で賑わう鶏料理居酒屋【東京・浜松町】Q.ランチ味噌汁の工夫を教えてください。味噌汁ってどれだけおいしいだしを使っても、煮詰まっちゃったらおいしい味噌汁にはならないんです。だから当店では、味噌汁はこまかく作り、常にできたてを出すようにしています。忙しい時間帯でも、お客様第一というのはブレません。Q.業務用「ほんだし??」の良さは?使いやすいというのが一番ですね。顆粒だから入れ方をちょっと変えたりして思いどおりのだしがとれる。味噌汁も、お湯さえ沸かしておけば、20〜30秒で提供できます。つくりたて味噌汁が提供できるのも、「ほんだし??」があればこそですね。

皆様に支えられて発売50周年!ランチの味噌汁づくりが、業務用「ほんだし?」で変わります。おかげさまで、「ほんだし?」は今年で発売50周年を迎えます。業務用「ほんだし?」の特徴は、食欲をそそる力強い風味と作り立ての香りの持続性。業務用「ほんだし?」をうまく利用して、ランチのクオリティアップ&オペレーションの効率化にトライしてみませんか?

飲食店ならではのクオリティとオペレーション改善をお約束!仕込み時間を圧倒的に短縮 来店人数に応じて、作りたい分だけすぐに提供 だしがらが出ず、ゴミの量を削減 場所をとらず保管もカンタン 天然だし・だしパックに比べてコストダウン 業務用「ほんだし??」はここが違う!時間が経っても作り立ての香りを維持 他の食材の味を邪魔しない