「Cook Do®」飯店

トップへ戻る

  • 上海料理編
  • 北京料理編
  • 四川料理編

「四大中華料理の秘密」広東料理編

広東料理の歴史

広い中国の南、このあたりが、広東料理発祥の地じゃ。気候が暖かいからいろいろな種類の野菜ができるし、海に近いから魚介類もたくさんとれる。
しかもこの地方の人々は、2000年以上昔から海外と貿易をしてきたんじゃ。じゃから、早い時期から海外の料理法や調味料が伝わってきた。豊富な食材と海外との交流のおかげで、広東料理はバラエティに富んだ発達をしてきたわけじゃ。

それでは、
変わった料理がたくさんありそうですね。

うむ。741年といえば日本はまだ奈良時代じゃが、そのころにもう中国初の海外貿易事務所がつくられたような土地じゃからのう。
日本でも有名なフカヒレ料理や酢豚、お茶を飲みながら点心をつまむ飲茶だけではなく、カレー粉やトマトケチャップを使った料理もあるし、タンターッというカスタードクリームを使った菓子(エッグタルト)も食べられておる。

ページトップ

広東料理の特徴って?

「食在広州(食は広州にあり)」という言葉は、知っておるな?
これは、食材が非常に豊富な広東料理のことじゃ。フカヒレ、ツバメの巣、イセエビ、アワビなどの高級海鮮はもちろん、変わった素材をたくさん使用することでも有名な広東料理。
様々な野菜や海産物の持ち味を生かし、素材の下ごしらえを念入りにし、味付けは「薄くさっぱり」が基本。素材の味を第一に考え、火を通しすぎないように調理するのが特徴じゃぞ。

材料にはいろいろな珍しいものがあるのに、調理方法はシンプルなんですね。

ページトップ

いくつ知ってる?代表的な広東料理

酢豚やシュウマイ、フカヒレスープ、牛肉のオイスターソース炒め、ツバメの巣のスープなど広東料理には世界的に有名なものが多いんじゃが、中にはちょっと変わったものもある。ハトシは、食パンの間にエビなどのすり身をはさんで、サラダ油で揚げた料理で、東南アジアや長崎でも食べられておるんじゃ。
ユーサーンは、ナマモノをあまり食べない中国では珍しい、魚の刺身。ソウギョなどの淡水魚または海水魚を薄作りにして、ネギ、落花生、ニンニクなどの薬味とともに醤油や酢などで和えて食べる。日本では、寄生虫の心配がない鯛でつくることが多いようじゃな。

おいしそうな料理が多くて、
修業のしがいがあるなあ。

ページトップ

広東料理 おもしろエピソード

ページトップ
ページの上部へ