RECRUITING
INFORMATION

Movie

先輩社員インタビュームービー

コーポレート

世界各地の仲間とワンチームとなり、
約140社の連結決算をまとめていく。

国内出向
味の素フィナンシャル・ソリューションズ株式会社
連結会計部 連結決算グループ

大西 彰

Onishi Akira

2016年入社

Career

  • 2016年4月

    財務・経理部 会計企画グループ
    (味の素KK単体の予算業績管理)

  • 2020年4月

    味の素フィナンシャル・
    ソリューションズ株式会社
    連結会計部 連結決算グループ
    (味の素グループの連結決算・開示)

  • 学生時代について

    アメリカの州立大学に留学していました。留学生は州立大学でも大きな学費がかかり、しかも学生ビザではアルバイトができないため、私は良い成績を取って奨学金を獲得しようと考えました。そして、睡眠時間を大幅に削って猛勉強し、何度も心が折れそうになりながらも耐えて、無事に奨学金をいただくことができました。また、留学生と日本の企業をつなげる学生団体を仲間と共に立ち上げ、イベント開催などを通して多くの内定者を輩出することに成功しました。こうした経験から大きな自信を得ることができ、「諦めずに努力すれば必ず報われる」ということも学びました。

  • 志望動機

    最初に興味を持ったきっかけは、味の素KKは世界中に事業を展開していて、世界の一般消費者・業者を相手に施策を考えるのは楽しそうだと感じた点と、自分自身が食というものに凄く興味があったからです。
    内定を決めた理由としては、面接の時に、人生の節目で私が何をどう思い、何故その選択をしたのか等、単なる人財としてでは無く“大西 彰”という一人の人間として私をしっかりと見てくれた事を強く感じたためです。就職活動を通じて複数の会社の方に面接して頂きましたが、私の事をただの留学生としてでは無く、私自身をこんなにも真剣に見てくれる会社は他にありませんでした。また、面接担当者が「今の仕事」や「将来の夢」について熱く語っているのを聞き、私もこのような熱い想いを持った方々と一緒に働きたいと思いました。

  • 現在の仕事

    私が所属している連結決算グループの主な業務は、味の素グループの連結決算とその開示業務です。世界各地に展開している約140社の経理担当者と連携して、グループ全体の決算データを収集し、その内容を分析した上で経営への報告を行うと共に、決算短信や有価証券報告書を作成して経営状況や今後の見通しなどを投資家にわかりやすく開示しています。また、味の素グループでは、国際的な財務報告基準であるIFRS(国際会計基準)を導入しています。そのため、海外法人がIFRSにもとづいた報告を適切に行えるようにサポートをするのも私たちの業務です。

  • 印象に残っている仕事

    連結決算グループに異動してきたのは、ちょうど年度末決算を迎える時期でした。それまでは味の素KK単体の予算や管理会計を担当していたので、海外法人の担当者と決算データの確認をするのも初めてでした。決算内容の開示や翻訳会社との調整も担当して慌ただしい日々を過ごしましたが、とても学びの多い時期だったのを記憶しています。また、多くのグループ会社、そして法務部や経営企画部といった関連部署と確認・調整を行うことで、決算短信や有価証券報告書ができあがっていく様子を目の当たりにして、「仕事はひとりではできない」ということを改めて感じました。

  • 味の素KKの魅力

    味の素KKは多種多様な事業を展開しており、コーポレート部門も含めて多くの部署があります。その分、自分のキャリアにも多くの選択肢や可能性を見出すことができます。また、味の素KKはオンとオフのメリハリをつけ、ワークライフバランスを取って仕事に取り組むことを推奨しています。私はプライベートではミュージカルに情熱を持って挑戦しており、その活動を通して貴重な経験をすることや自分に自信をつけることができました。プライベートが充実することで仕事も充実すると実感しており、その点でも味の素KKに入社して良かったと思っています。

  • 今後の目標

    入社した当社は、財務・経理部に配属になったことで、財務人財として「こうあるべき」というキャリアを歩もうと思っていました。しかし、味の素KKでのキャリアには多種多様な可能性が広がっていることがわかった今は、自分の価値観を大切にして、経験した事の無い分野にも積極的に挑戦して自分ならではの「こうなりたい」と思うキャリアを歩んでいきたいと思っています。今後の目標としては、財務・経理の専門性をより磨いた上、事業部にて採算管理等でスペシャリティを発揮しつつ、事業をより近い場所で見てみたいと考えております。将来的には一つの事業部だけでなく、様々な事業を経験し、全体を俯瞰して提言・提案が出来る人財になりたいです。

『やってみよう!!』をずっと大切に。大西 彰