RECRUITING
INFORMATION

Interview

先輩社員

セールス&マーケティング

“アミノ酸由来”の需要拡大で、
洗浄剤の供給体制を強化

アミノサイエンス事業本部
化成品部
パーソナルケア・マーケティンググループ

金子 真衣

Kaneko Mai

2008年入社

ブラジルに新工場を設立し、
世界的な需要の高まりに応える。

私は化成品部でアミノ系洗浄剤を担当し、プロダクトマネージャーのような立ち位置でマーケティング全般を担っています。アミノ酸洗浄剤は、シャンプーやボディソープなどに配合される洗浄成分。味の素KKは、1972年に世界で初めて植物由来の発酵法で製造したグルタミン酸を原料としたアミノ酸系洗浄剤を発売して以降、世界中にアミノ酸系香粧品素材を提供しているパイオニアです。特に近年はアミノ酸由来の洗浄成分に対して、「肌や環境に優しい」というイメージが確立されてきており、味の素KKの洗浄剤の需要が世界的に高まっています。ただ、今はお客様からの需要に供給が追いついていない状態です。そのため、国内工場の生産ラインを再編するだけでなく、ブラジルにも新工場の建設を進めており、私も事業担当者として供給体制の強化に関わっています。ブラジル工場が稼働して生産体制が強化されれば、供給量は約6割増強できる予定です。こうして事業が大きく拡大する重要局面に携われることを、私は幸運だと感じています。現在は供給が間に合っていない中でお客様との関係維持に注力していますが、高品質な製品を提供するだけでなく、処方技術などのサポートも充実化させることで、お客様との強い信頼関係を維持できると考えています。マーケティング担当者としてサプライチェーンのあらゆる部門と関わり、全体をマネージしていくのは簡単ではありません。しかし、みんなで同じ方向を向いていると実感できたときや、壁をひとつ乗り越えられたときに、大きなやりがいを感じます。

3年で111回の試験を行い、
ヨーロッパの難解な化学品規制に対応。

化成品部では、ヨーロッパへ化粧品の原料を輸出しています。ヨーロッパは化粧品の本場であり、私たちにとっても重要な市場です。そのヨーロッパでは化粧品の原料も化学品規制(REACH規則)の対象となっており、規則が改定された際に、味の素KKで輸出している多くの原料も規制の対象となりました。REACH規則は当時発効間もなかっただけでなく、とても難解なルール。部内にも詳しく知見のあるメンバーがいない状況で、私が担当することとなりました。2015年から、登録期限の2018年までの約3年間、私は右も左もわからない状態から、このREACH規則に対応するための試験や手続きを実施。現地のコンサルタントに協力してもらいながら情報収集を行い、その情報にもとづいて試験計画を策定・遂行し、また最新情報を集めては試験計画を策定するというサイクルを回し続けました。結果的には111回の試験を実施し、合計16の物質の登録を終えることができました。このREACH規則への対応は、失敗すればヨーロッパへ原料輸出ができなくなるため、大きなプレッシャーのかかる仕事。やり遂げたときは大きな達成感がありました。また、REACH規則に基づく登録ができたことは、競合製品との差別化にもつながりましたし、登録の過程で身につけた知識は現在のマーケティング業務に活かされています。高い専門性を獲得できたので、自分に自信をつけることもできました。

1Day Schedule

08:30

業務開始

1日のスケジュール確認、
メールチェック

09:00

資料作成

顧客向け書面、
販社へのアナウンス書面など

11:30

デイリーミーティングのエントリー準備

12:00

昼休み

自宅にて昼食

13:00

デイリーミーティング

事業に関わる日々の情報共有・判断の場

14:00

製造委託先との
Webミーティング

15:00

プレゼン資料作成、
ミーティング準備、
メールチェック

17:00

業務一時終了、夕食、
休憩、家事など

スーパーフレックスタイム勤務制度※利用。(不就業)
※効率的な業務遂行、WLBの向上を目的とし、
コアタイムを設定しないフレックスタイム制度

19:00

ブラジルと
Webミーティング

製造移管プロジェクトの進捗確認

20:00

業務終了

事業全体を見渡せる経験を活かし、
化成品部の成長を牽引していきたい。

製品開発から生産、販売、マーケティング、顧客サービス、法規制など、これまでに化成品部で幅広い業務を経験でき、事業全体を広い視点で考えられるようになりました。今後は化成品部の事業を成長させられる存在になりたいです。味の素KKはさまざまな事業を手掛けつつも、全体でひとつの方向を向いている一体感のある会社。化成品部を牽引することで、会社の成長にも貢献していきたいと思います。

Career

  • 2008年4月

    医薬研究所 製剤研究室 ※現:EAファーマ
    (医薬品の製剤化研究)

  • 2013年4月

    化成品部 香粧品素材グループ
    (香粧品原料のプロダクトマネージャー、
    テクニカルサポート窓口等)

  • 2015年4月

    化成品部 香粧品素材グループ
    (香粧品原料の欧州化学品(REACH)登録、
    自然派認証、新規原料開発)
    ※2018/5の登録期限に向けて、
    徐々にREACH登録に注力

  • 2018年7月

    化成品部
    パーソナルケア・マーケティンググループ
    ・CRMチーム(REACH登録、顧客納入仕様書)
    ・マーケティングチーム:
    (メークアップ素材担当、北米法人担当)
    ※チームを兼務

  • 2019年7月

    化成品部
    パーソナルケア・マーケティンググループ
    マーケティングチーム
    (アミノ酸系洗浄剤担当、北米法人担当)