RECRUITING
INFORMATION

Interview

先輩社員

研究開発

デジタル技術で製品開発を
大幅に効率化する
粉体シミュレーション

食品事業部
食品研究所商品開発センター
生産技術グループ

山嵜 寿美

Yamazaki Sumi

2018年入社

実試験に要する
人手やコストを抑えつつ
様々な製造条件の検討が可能に。

生産技術グループの仕事には大きく分けて2つあり、1つが新製品や既存製品の改良において、どうすれば安定的かつ大量に生産できるかを検討し実現する「開発工業化」。もう1つが私の担当している、新たな製造技術を生み出す「製造技術開発」です。その中でも私は、製造工程の改良や開発工業化に活かせる「シミュレーション技術の活用」という新たな分野への挑戦を続けています。コンピュータ性能の向上や解析技術の進化により、シミュレーションは様々な産業で使われるようになってきました。よく目にするものでは自動車産業の空力シミュレーションがありますが、私たちは味の素KK製品と関わりの深い「粉体」を対象に取り組んでいます。例えば、ある製品の開発を行う場合には、安定して生産できるかを生産テストで確認する必要があります。そんなときにシミュレーションを使うことで、人手とコストを要する生産テストの回数を減らし、製造に最適な製造条件を見つけることができる。このような形で開発に役立てることを目指しています。
味の素KKでは以前から、将来を見すえた基盤技術の1つとしてシミュレーションの研究に取り組んできましたが、開発や生産に直接関わりのある部署で取り組み始めたのは私が入社する少し前。大規模な計算に耐えるコンピュータや解析ソフトの選定、現在の開発や生産に対して、どのようにシミュレーションを組み込むかといった業務フローの構想を含め、試行錯誤を重ねながら前に進んでいるところです。

シミュレーションの活用を
開発・製造現場の
「当たり前」にしたい。

大学院時代は環境工学を専攻しており、シミュレーションとは無縁だったので、入社当初は粉体シミュレーションに取り組む意義がよく理解できていませんでした。そんな意識が一転したのが、配属後すぐに与えられたテーマを通し、シミュレーションの有効性を目の当たりにしたことでした。テーマの内容は、ある製品の増産計画を対象に、シミュレーションによって製造条件を改善して生産効率を上げるというもの。ソフトの操作方法を一から学びながらの挑戦でした。シミュレーションを使って実験では見えない内部の粉を可視化しつつ、実験でもシミュレーションの確からしさを確認しながら進めることで、精度の高い提案に繋がりました。同じ生産ラインでも、条件を最適化することで約1.5倍もの生産効率の向上が見込めるとわかったとき、粉体シミュレーションは味の素KKの今後に必要な技術だと確信しました。
入社してからの3年で成長を感じるのは、自ら未来を描き、主体的に前に進めるようになったこと。上司に言われてではなく、やるべきだと思ったことは上司を説得してでも実現を目指すようになったのは、3年前と今の大きな違いです。

1Day Schedule

09:00

出社

メールチェック

09:30

結果データの確認

昨日の退社前に仕込んでおいた
シミュレーションの結果を確認

10:30

チーム打合せ

各メンバーの業務の進捗状況を共有、
実験結果について全員で議論

12:00

ランチ

部署の皆さんと社食でご飯を食べます

13:00

資料作成

シミュレーションの解析結果を
報告書にまとめる

14:00

開発製品の官能評価

来春に発売予定の新商品の試作品を
試食評価

15:00

社外打合せ

解析ソフトベンダーの方に
シミュレーション技術について問合わせ

16:00

解析設定

夜中のうちに実施しておきたい
解析作業をコンピュータに設定

17:00

退社

明日は技術コンサルティングを
お願いしている大学の先生との
打ち合わせなので、資料を揃えて退社

「着眼大局・着手小局」を
常に忘れず未来を目指す。

以前先輩に教えていただいた「着眼大局・着手小局」という言葉を、今も折に触れ思い返しています。「全体を俯瞰的に見ながら、目の前の小さいことを着実に実践する」という意味です。この姿勢を忘れず、開発や製造の現場でシミュレーション技術が当たり前に使われる環境を実現したいと思っています。また、目指す人物像として思い描いているのは、高度な専門性と、開発や生産に関する幅広い知識を併せ持ったエンジニア。今はシミュレーション技術を主業務にしていますが、今後は開発工業化の仕事も経験して、一歩ずつ目標に近づくつもりです。

Career

  • 2018年4月

    食品研究所 商品開発センター 生産技術グループ
    (数値解析、製造技術の開発)