新卒採用情報

セールス&マーケティング

アミノサイエンス事業本部
スポーツニュートリション部
マーケティンググループ
販売チーム チーム長

1999年入社

森 竜輔

セールス&マーケティング

アミノサイエンス事業本部
スポーツニュートリション部
マーケティンググループ
販売チーム チーム長

1999年入社

森 竜輔

「アミノバイタル®」の
販売戦略、ユーザー拡大の
一翼を担い、
「ファンづくり活動」を
販売現場の最前線で行う

Career

1999年4月
北陸支店 営業第1課
(家庭用製品の営業)
2002年7月
名古屋支社 家庭用グループ
(家庭用製品の営業/大手量販店担当)
2006年7月
研究所 人事総務グループ
2008年1月
人事部 労務グループ
2011年7月
海外食品部 事業基盤強化グループ
2013年7月
ベトナム味の素社(販売部門長、営業企画部長)
2016年7月
スポーツニュートリション部 マーケティンググループ

「アミノバイタル®」「ノ・ミカタ®」
商品全般の国内販売を統括。

スポーツニュートリション部は「アミノバイタル®」などのスポーツ系のアミノ酸製品を扱っている部署で、私は国内販売の統括責任者を務めています。具体的には、全社的な販売計画や販促企画を立て、全国の支社・支店の営業担当者に商品の特性、魅力を理解してもらい、商談やプレゼンテーションの支援を行います。同時に販売現場で起きていることを把握し、商品開発チームにフィードバックすることなども重要な役割になります。市場や売上のデータなどは把握しやすいのですが、難しいのは例えば「バイヤーの考え」などといった無形の部分です。このような部分も含めて、全国に足を運び一人ひとりの営業担当者と共にデータだけでは分からない販売現場の「真実」を詳らかにすることも、私の重要な役割だと考えています。
販売の最前線で活躍しているメンバーと接する時に一番大事にしていることは「アミノバイタル®」の一番のファンになってもらうこと。幸いにも営業現場にはスポーツ好きな社員も多く、積極的に販売してくれる場合もありますがそれだけで大きな広がりを生むのは限界があります。スポーツ系のアミノ酸製品は毎年2桁で販売が伸びている成長分野であり、熱烈に信頼してくださる多くのユーザーに支えられ安定した売上が期待できるため、当社としての商品の広がりを顧客へアピールする「武器」としての魅力も浸透させる努力を続けています。

ベトナム駐在時の
新商品導入・育成プロジェクト。
営業スタッフと共に勝ち取った成功体験。

ベトナム味の素社での当時の役割は、200名を超える現地の営業スタッフとともに現地での伸長チャネルであったスーパーマーケットやCVSなどに新製品を早期導入し、着実な育成を図ることでした。しかしながら思ったほど売上が伸びず、営業担当者と打開策を話し合っても手応えのある意見が返ってきません。理由のひとつには販売量の大きい既存品を売ることの優先順位が高く、新商品の拡売にチャレンジする意識がやや希薄であることも一因であることが分かりました。ベトナムは急成長を遂げている市場であり、このまま「守り」に入っていたら会社としての機会損失になると感じ、率先して商品の導入率帳票の整備、販促提案書の作成、売場でのイベント企画など、ディテールからやや大掛かりな仕掛けまで「攻め」の営業活動にあたりました。同時に「ベトナム味の素社の20年後を想像してほしい」「成長し続けるためには新しい核となる商品が必要だ」と鼓舞しました。メンバーも次第に意欲的になり、最終的に、市場の流行を牽引する大手量販店への導入を実現できたのは大きな成果でした。これにより私自身も、自らが「現場視点」で考え抜き、異国で自分が成長させて頂いているという「感謝」「他利」を意識した「共育視点」や、自分がトップセールスだという自覚で課題に向き合う困難な状況下でも逃げずに行動し成果を出す「突破力」を身につけることができました。

わたしが拓く道

「スポーツ、水、アミノ酸」
日本でもそして世界でも、
様々なスポーツを愛する人のそばに
「アミノバイタル®」を拡げ続ける。

「アミノバイタル®」シリーズは、この分野で50%以上のシェアを獲得するトップブランドに育ちましたが目的レベルにまでは到達していません。これは自社の販売、シェア目標などを達成できていないという小さな話ではなく、より多くのスポーツに真剣に取り組んでいる方々、スポーツを愛し、楽しんでいる方々への貢献を目指しています。例えば「大事な試合で競り勝つことができた」=「勝利」「達成」、「快適にスポーツを楽しむ」=「健康」に大きく貢献し得る商品であると強く自負しています。限界を設けず、今以上に「アミノバイタル®」のいつでも、どこでも、どなたでも買いやすい販売現場を実現したいです。