RECRUITING
INFORMATION

Basic
Information

味の素グループ基本情報

Philosophy

味の素グループがめざすもの

味の素グループが
めざすもの

味の素グループは、創業以来一貫して事業を通じた社会課題の解決に取り組み、社会・地域と共有する価値を創造することで経済価値を向上し、成長につなげてきました。
この取り組みをASV(Ajinomoto Group Shared Value)と呼び、ASVをミッションとビジョンを実現するための中核と位置付けた理念体系を“Our Philosophy”としています。

ASVは、社会課題を
解決しながら
サステナブルな
成長を実現

ASVは、事業活動を通じた社会課題の解決によって創出された経済価値を次の事業活動へ再投資することで、さらなる社会課題の解決に貢献するという好循環(ASVサイクル)をつくり出し、サステナブルな成長を実現するための戦略的な取り組みです。
このASVサイクルを回し続けることによって、コーポレートブランドへの価値蓄積を通じた企業価値の向上につなげていきます。

Ajinomoto
Group
History

味の素グループの歩み

1908年、「日本人の栄養状態を改善したい」と強く願っていた池田菊苗博士が「うま味」を発見。
これを、創業者である二代 鈴木三郎助が1909年にうま味調味料「味の素®」として製品化したことから私たちの歩みは始まりました。創業以来、100年以上にわたって創業の志「おいしく食べて健康づくり」を受け継ぎ、「食」と「健康」を通じて社会課題の解決に貢献し、事業を拡大してきました。人と地球の健やかな未来をめざす私たちの挑戦は、“いまも”、そして、“これからも”続いていきます。

社史・沿革

The Ajinomoto
Group
by numbers

数字で見る味の素グループ

100年を超える歩みは、味の素グループをどのような企業に育てたのか。
集う多様な人財は、グローバル展開のスケールは、さらには経済的な成長は───。
そうした基本情報を、数字を追いながらご紹介します。

数字で見る味の素グループ