新卒採用情報

「Eat Well,Live Well.」

味の素株式会社

執行役員人事部長

松澤 巧

Matsuzawa Takumi

地球的視野で社会課題解決に挑み続ける
味の素グループ。

地球的視野で社会課題解決に挑み続ける味の素グループ。

「おいしく食べて健康づくり」。一世紀にわたり大切にしてきたこの創業の志が示すように、味の素グループは単に製品を製造し、販売している企業ではありません。「健康なこころとからだ」「食資源」「地球持続性」の3つの解決すべき社会課題に対し新しい価値を創造し、日本のみならず世界各地域の習慣や食文化に根差した人々の生活(Quality of Life)に貢献することが、私たちの存在意義だと考えています。世界を舞台にした事業を通じて社会課題の解決に挑戦し続け、人と地球の健やかな未来に貢献し、食と健康の課題解決企業という使命をもってサステナブルな成長を続けている、それが味の素グループです。

価値観を共有する新たな仲間と出会い、
その可能性を最大限伸ばしたい。

価値観を共有する新たな仲間と出会い、その可能性を最大限伸ばしたい。

目まぐるしく変わる不確実な環境の中、味の素グループの挑戦を支えるのは、「人」以外にありません。私たちには、次のような人財ポリシーがあります。

『私たちは地球的な視野にたち、“食”と“健康”、そして明日のよりよい生活に貢献するために、最も大切なものは社員である。』

味の素グループの最大の財産は多種多様な人財です。私たち人事部の重要なミッションは、社員一人ひとりが人種や国籍、民族、性別などを越えて魅力ある強みを持った「個人の成長」に重点をおき、個人の成長を会社の成長に結びつけることです。

仕事(Work)の面では、一人ひとりの個性やキャリアプランを尊重した「3つのエントリーフィ―ルド」を新たに設けます。文系、理系等の出身学部に関わらず、すべての社員がプロフェッショナル領域を持てるキャリア形成を早期から行います。その「強み」を持ったうえで“ヨコ”に領域を広げていく人財、あるいは“タテ”に専門領域を深掘りしていく人財、多種多様な個の強みを持つプロ集団を育成していきます。
「個」の育成は、創業以来の文化であり強みでもあります。成長の機会は、すべての社員に提供されます。しかし、その環境の中で新たな価値の創造にチャレンジし、不断の努力を怠らずにキャリアを磨き続け、伸ばしていくのは社員自身です。

人生(Life)の面では、「働き方改革」により、限られた時間で集中して成果をあげる密度の高い働き方にシフトし、有意義な自分の時間を過ごす社員が増えています。時間も場所も自由に選択できる「働き方改革」は、社員の様々なライフスタイルに対応できます。それは多様な人財が集まり活躍できることにつながり、そこからまた新たな価値創造が推進されていく「循環」を生むのです。

「人を求めてやまず、人を活かす。」

「人を求めてやまず、人を活かす。」

人事部には、「人を求めてやまず、人を活かす。」という、脈々と受け継がれてきた言葉があります。同じ価値観を共有できる、よき仲間に会いたい。よき仲間を迎えたからには、一人ひとりが失敗を恐れずにチャレンジができて、常に成長していくことができる働きがいのある会社づくりに貢献する。それが私たち人事部の使命であり、存在価値です。

味の素グループの未来は、社員がつくるものです。私たちにとって、一人ひとり社員の成長こそが会社の成長につながり、そして、社会貢献につながるものと考えています。

こうした理念と価値観を共有し、世界中の人々に「Eat Well, Live Well.」をお届けしていく、高い志と情熱を持った皆さんと出会えることを楽しみにしています。