新卒採用情報

人財育成の基本的な考え方

「確かなグローバル・スペシャリティー・カンパニー」に向けて「世界レベルの多様な分厚い人財」を育成するため、ステージに合せて様々な研修を行うことで、社員の成長を会社は最大限支援しています。その中で社員は自らキャリアを描き、個性や専門性を活かし“プロフェッショナル人財”として成長を加速させ、多様なフィールドで活躍しています。育成の主体者は社員自分自身であり、一人ひとりの成長が会社の成長を支えています。

サステナブルな成長に向けた人事部門基本方針

「人を求めてやまず、人を活かす。」という味の素グループのDNAを体現し、社員個人と会社が共に成長することが、多様な強みを持つ人財が「働きがい」を実感し、味の素グループ全体でASVを進化させるための源泉であると考えています。

グローバルレベルで
人財の「適所適財」を実現する仕組み

「グローバル人財マネジメントシステム」とは、各国・地域の味の素グループ企業に所属している多様な人財を横断的に育成・登用し、人財の「適所適財」を実現することを目的とした人財マネジメントに関する共通基盤です。「グローバル人財マネジメントシステム」の導入により、次世代経営・高度専門人財の育成を加速させています。分厚く多様な人財層を形成する人財輩出企業を目指しています。

育成プログラムの概要

成長の3段階「気づき」「充実」「さらなるステップアップ」に合わせた育成プログラムが整備されています。 社員自らが主体者となり、日々の業務やキャリア開発支援制度などと自らのキャリアや強みをつなぎ社員一人ひとりの自律的成長を実現しています。

  • 気づき
    階層別プログラム
    階層や年次ごとに求められる力、
    役割期待を学ぶ
  • 充実
    選択型プログラム
    「コアとなる能力」
    「ビジネススキル」の中で
    より高めたい力を磨く
  • さらなるステップアップ
    グローバル&
    グループプログラム
    「味の素グループWay」を
    高いレベルで発揮し、
    より高い視座・広い視野を持ち、
    力を発揮する

日本における多様な人財が活躍できる
「働き方改革」の推進

AI、ICT等を活用した業務標準化や働き方の高度化を加速し、多様な人財が活躍できる生産性の高い働き方をすることで、イノベーションの創出を目指しています。