RECRUITING
INFORMATION

Branch Offices

支社・支店紹介

味の素KKでは、日本全国で19ヵ所(※2020年12月現在)の
勤務地があります。
代表的な支社・支店についてご紹介します。

  • 東北支社

    • エリアの特徴

      東北支社の管轄エリアは青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県の6県で構成され、面積は66,952kmと本州の約3割を占める広大なエリアです。東は太平洋、西は日本海に挟まれ、東北エリアの中央奥羽山脈が南北に走る山と海に囲まれた自然あふれる環境です。この四季の移ろいや伝統がもたらす多彩な食文化を持つ東北エリアは、雪国で育まれた個性豊かな鍋料理(きりたんぽ鍋・せんべい汁・芋煮等)など、地元の食材をふんだんに盛り込んだ郷土料理も豊富で、東北の歴史や文化を感じることが出来るのも特徴です。

    • お得意先との関係

      家庭用においては、GMS(大型スーパー)から、リージョナルのSM(食品スーパー)、ドラッグストアや百貨店、CVS、生鮮食品専門店等、様々な業態のお店が混在する市場です。大小問わず約2万のお店が東北エリアに存在し、全体での食品市場規模場(調味料のみならず生鮮食品等全て含む)は約3兆円になります。
      また業務用においては、居酒屋をはじめとした外食店や学校・施設関係の給食、総菜店、等々幅広い外食業態に加え、食品メーカー向けの原料として、蒲鉾、ハム・ソーセージ、醤油、味噌、漬物、調味料、お土産等と多岐にわたって供給する加工業態があります。

    • 味の素KKの影響力

      東北エリアでは、短命・健康寿命といった社会課題があり、心疾病・脳疾病等を引き起こす肥満・高血圧・糖尿病疾病者が多く、その要因として塩分摂取過多・野菜摂取不足等が挙げられています。その栄養の課題解決に向け、流通は勿論、県庁等の行政機関や大学・栄養士会のステークホルダー、地元メディア等を巻き込むことで、エリアマーケティングを推し進めると共に社会課題解決に向けた活動を行っています。

    • 支社の雰囲気

      東北エリアは宮城県仙台市(東北支社)と岩手県盛岡市(北東北営業所)の2か所に拠点を設けています。営業は若手が多く、元気で明るく、地域に根差した営業を行っています。フォローするエリアが広大なことに加え、コロナ禍の影響で在宅勤務による業務も進んでいますが、そのような中でも、電話・メールは勿論、オンラインでの打合せやTeams等のコミュニケーションツールを活用して、密なコミュニケーションが図れる環境になっています。一方、支社・営業所から徒歩圏内に住んでいる社員も多く、必要があればすぐに出社できる体制にもなっており、働きやすい環境です。

  • 関東支店

    • エリアの特徴

      関東支店のエリアとしては、埼玉、群馬、栃木、茨城の北関東と新潟、長野を含む広範囲になります。よって、さいたま市のさいたまスーパーアリーナに隣接する事務所である関東支店と新潟駅、長野駅に隣接する新潟営業所と長野営業所を構えています。我々の地域は、昨年、自虐的映画が大ヒットした大都会埼玉や、草津や伊香保等温泉が豊かな群馬、イチゴの生産日本一の栃木、関東圏の野菜生産量No.1を誇る茨城、米どころ、酒どころ新潟、軽井沢や北アルプスなどの観光立県の長野など、地域色は大変豊かで、住んでも良し、旅して良しの地域です。

    • お得意先との関係

      関東支店では、家庭用と業務用を担当していますが、家庭用では、カインズやワークマンもグループとして有するベイシアグループのスーパーマーケット部門のベイシア、メガドラッグストアの先駆けであるカワチ薬品、新潟の地域密着のスーパーマーケット原信ナルスや、軽井沢でのお土産の名所にもなっている長野のスーパーマーケットツルヤなど地域企業との取り組みがあります。また業務用は、外食の商品群では外食の卸店である関東食糧やニッカネ、また加工では、地域ごとに様々な企業がある為、多彩です。新潟は米菓や、水ねりの企業が多く、亀田製菓や一正蒲鉾など、長野はみそ作りが盛んなので、マルコメやハナマルキ、北関東は日配メーカーも多く、キムチのピックルスや、しんしん、豆腐の相模屋食料など、皆さんにもなじみのメーカーと取引しています。

    • 味の素KKの影響力

      このエリアには味の素の工場はないですが、群馬県に味の素冷凍食品社や味の素AGF社の工場もあり、味の素グループに親近感を持ってくださっていると思います。また、以前は、群馬、栃木、茨城と各県に事務所を置いて(現在はすべて埼玉からフォロー)きめ細やかなフォローをしており、今でも各地の企業さんとその関係が続いており、深い信頼関係でつながった良い取り組みを続けていると思います。また各県の行政と住民の皆様の食と健康の課題解決の為に協業し、信州・勝ち飯®など地域に密着した活動を行っています。

    • 支社の雰囲気

      支店総勢は45名で、新潟と長野は6名ずつ、残りは埼玉の事務所にいます。埼玉は若手も多く、自分のグループ以外のメンバーとも積極的に交流し、週末も充実しているようです。また女性も6名在籍しており、そのうち3名がママさんですが、皆、活き活きと仕事をしてくれています。新潟、長野はメンバーとしては少ないですが、今年も両方に新入社員が配属になり、先輩たちと楽しく仕事をしてくれています。特に自然、食文化も豊かですのでここでしか味わえない体験も多いようです。

  • 東京支社

    • エリアの特徴

      日本で最大のマーケットである首都圏は、多様な生活者のニーズに応えるべく、日々変化・進化している魅力的なマーケットであり、かつ、日々新しいアプローチが必要なエリアです。

    • お得意先との関係

      大手SMから小売店、ドラッグまで様々な業種があり、マーケットも、順調に拡大中。また、外食(居酒屋・FR・FF・給食、等)、中食(弁当・CVS・惣菜、等)、内食(食肉加工・冷食・水練・味噌、等)、と様々な食シーンに登場する各企業との良好な関係を構築し、各企業の抱える課題に応え得るソリューションを提供しています。

    • 味の素KKの影響力

      家庭用では商品数だけでなく、カテゴリーシェアNo1を持つ商品も多いので、お客様から頼られる機会も多いです。業界全体を見て、仕事をする必要があります。
      業務用ではあらゆる食シーンに対応可能な製品・ソリューションを有し、独自のポジショニングを確立しています。各得意先に対して、「味の素なら何とかしてくれる」といった信頼感・存在感を発揮しており、付加価値のある製品・ソリューションを提供しています。

    • 支社の雰囲気

      年代・性別を問わず、働きやすく、元気な職場です。2020年8月にフロア改装し、開放的な空間に生まれ変わり、オフィスでの働きやすさも進みました。
      若手から責任のある仕事を任される事もあり、前向きでチャレンジングな姿勢を持った人間が多いと感じます。組織間で補完しながら、産休・育休・時短勤務、等の多様な働き方に対応しながら、場所・時間に縛られない、働き方改革が体質化された職場環境です。

  • 名古屋支社

    • エリアの特徴

      東海エリアは、鈴鹿山脈から岐阜の山々に囲まれ、夏は蒸し暑く、冬は乾燥して寒く、配属1年目は驚きました。歴史的に言えば、尾張の織田信長、三河生まれの徳川家康に代表される日本の名立たる武将たちが過ごした場所であります。それゆえに他エリアからの影響はあまりなく、独自の文化が色濃く残っているエリアです。食に関しても「味噌カツ」、「ひつまぶし」、「きしめん」、「手羽先」、「あんかけスパゲティ」などなどいわゆる「名古屋飯」と呼ばれる独自の食がたくさんあるエリアです。関東出身の私にとっては、日本でありながら、異文化を強く感じることができている土地で、新しい発見が多くてワクワクします。

    • お得意先との関係

      家庭用の特徴は、東海エリアは他のエリアと比べて、卸店との関係が強いことです。また日本の真ん中に位置しているため、西からは関西や九州の企業が、東からは関東の企業が続々と商圏を広げるため近年出店を進めています。そのため、新規参入の流通勢力に負けないよう地元企業ならではのオリジナリティのある地産地消の企画を提案しています。業務用の特徴は、事業所給食が代表的な業種としてあげられます。これは東海エリアで、自動車産業をはじめとする製造業が盛んであることから、工場の方々の食を支える事が大きなマーケットの一つになっているからです。また、喫茶文化が根付いている地域であり、大手から個人店まで喫茶店向けの取引も大きいです。名古屋駅前ではリニア開通に向けた工事も着々と進んでおり、今後に目を向けてもエリアとしてはより盛り上がっていく機運が高まっています。

    • 味の素KKの影響力

      家庭用では、全国有数の農産物の産地にもかかわらず、野菜摂取量が全国ワースト1であることに着目し、野菜をしっかり美味しく食べる「ラブベジ®」プロジェクトを名古屋支社では推進しています。和洋中とバラエティに富んだ調味料を持つ味の素ならではの「ラブベジ®」提案をお客様と一緒に店頭で実現することは、とてもやりがいを感じます。業務用では、「心が通じ合い、受け入れてもらえれば、愛してくれる」方々が多いエリアのため、心が通じ合えば徹底して弊社を、社員を愛してくれます。そのため、先輩方が積み重ねてきた、お店からの信頼を肌で感じることができるエリアと言えます。名古屋の有名中国料理店に通い続け、そのお店で弊社とのコラボメニューを出していただいたり、弊社商品を料理教室で宣伝していただいており、貢献を実感しやりがいに繋がります。

    • 支社の雰囲気

      名古屋支社は「大家族」という言葉が合うと思います。家業のビジネスタイプや、グループ、世代を超えて懇親を深めてますし、お互いがお互いを支え合う文化が根付いている支社だと感じます。また、各人の意見を尊重する雰囲気があり、若手の営業から「ラブベジ®」や「椀UP」に代表されるような大きなプロジェクトが立ち上がり、それを支社全体で支える文化があります。また組織としては、若いメンバーが多く、毎日和気あいあいとした雰囲気の中で仕事をしており、年次の近い先輩が多いことから、仕事の話はもちろん、プライベートの相談にも乗ってもらっており、面倒見のいい方がとても多いです。

  • 大阪支社

    • エリアの特徴

      大阪支社は近畿2府4県+中四国9県を管轄しており、非常に広いエリアで活動しています。拠点は大阪(大阪支社)・広島(中四国支店)・岡山(東中国営業所)・高松(四国営業所)の4ヶ所にあります。4ヶ所それぞれ特色の異なるエリアで、言葉も少しずつ異なり方言を楽しむことができます。町の大きさも適度で、街の中心部は都会ですが少し離れると山や海がある、暮らしやすい環境だと思います。
      海、山にも恵まれた環境から新鮮な野菜や肉、海産物を食べることができます。
      大阪に限っては、プチ海外を味わうことができます(声が大きい、会話が漫才、インバウンドもアジアの方が多い)。関西エリアには食の都「大阪」、古都「京都」「奈良」、港町「神戸」、世界遺産のある「和歌山」、近畿の水がめ「滋賀」など個性豊かな府県がいっぱいあります。また、長い歴史を持つ県が多いため見どころがたくさんあり、歴史の教科書でしか見たことのない場所や建造物の実物を見ることができ、年中楽しむことができます。関西弁はきつく感じることもありますが、関西人はおせっかい焼きが多く、根はいい人が多いです。

    • お得意先との関係

      家庭用においては卸店、量販店ともに全国展開している企業もありますが、地域に根差した有力企業が多くあるのが特徴です。しかし、最近は他エリアからのドラッグストア、ディスカウントストアなどが参入し競争が激しくなっています。このようなマーケットに対しメニュー提案を行うなどして、地域のお客様の健康に貢献すべく提案活動を行います。また、地方公共団体(行政)に対しても健康を軸とした提案を行い、一緒に地域の方々の健康に貢献する活動を行っています。業務用においては大阪発祥の有名ラーメンチェーンやファーストフード店があります。また、小規模な新規チェーン店が新規でよく出てきており、市場にチャレンジしています。加工は大阪本社の食品メーカーや、調味料メーカーがあります。このような企業に対し、より美味しくなるメニューの提案、効率化の提案を行っています。
      得意先は時に厳しいことをいうこともありますが、根っこの部分は温かい人が多くおり、成長を感じることができます。

    • 味の素KKの影響力

      ASVの理念に基づき、社会課題である「過剰栄養」「不足栄養」を解消するため行政との取り組みを深め、メニュー提案や啓発活動を行っている。行政と一緒に取り組むことで、地域の量販店も巻き込んだ大きな流れとなり、地域の健康に貢献する活動となっている。各部署の連携により実現した事例で、組織で動くとはどのようなことかが体現できた事例と考えています。

    • 支社の雰囲気

      毎年新人も入ってくるため若手も多く、最も多い年齢層は20代、次いで30代40代が同じくらいの割合となっており、女性比率は4割程度となります。女性営業はまだ少ないですが、徐々に増えてきています。ワーキングママも数名おり、会社の制度を活用しWORKとLIFEの両立を行っています。年齢差のあるラインもありますが、年齢差を感じさせない非常に雰囲気の職場です。
      内勤者も含め・通年採用者も多く15%程度所属しています。前職での経験を業務に生かしています。有志でお菓子班などの活動も行われています。同期や同年代、ラインごとなど会食やBBQなどそれぞれに活動しています。
      大阪支社ビルには味の素グループの「味の素冷凍食品」「味の素AGF」「J-オイルミルズ」が同居しており、各社とのコラボ提案を行ったり、同期同士で遊びに行ったりしています。また、全国の営業支社では唯一カフェテリアがあり、安くておいしい昼食をとることができます。

  • 中四国支店

    • エリアの特徴

      広島は「平和」の象徴ともいわれる平和記念公園、世界遺産となっている原爆ドームが存在し、歴史を感じる街です。四季を通じて気候も穏やかであり、過ごしやすいです。地域によっては冬は大雪が降り、広島はウインタースポーツも人気です。
      瀬戸内海で採れる牡蠣をはじめとする新鮮な魚介類、広島風お好み焼きなど美味しい食べ物も沢山あります。また、中四国としてのシンボルは、広島東洋カープといっても過言ではありません。赤いユニフォーム姿の人が街を歩く姿が日常風景であるくらい、熱狂的ファンが多いです。優勝の瞬間には商店街中の人がハイタッチをして喜ぶなど、友好的な方が多い印象です。

    • お得意先との関係

      家庭用グループでは、スーパーマーケット・ドラッグストア・卸店を中心に商品を提案します。
      TVCMでもお馴染みの「ほんだし®」や「Cook Do®」等、家庭にも馴染みのある商品が中心です。
      得意先が抱えている悩みに対し、商品提案や店舗での売り方提案までしていきます。お客様のニーズは逐一変化していくので、迅速な情報収集・分析も必要となります。
      味の素商品を1人でも多くの方に召し上がっていただき、ファンを増やしていくことが魅力の1つです。
      業務用グループでは、中国4県+愛媛県の外食・加工営業を幅広く学ぶことができます。
      外食営業では、和洋中他の外食店、給食、中食(量販店やコンビニ弁当)等幅広い業態へ商品の提案を行います。加工営業では、中四国エリアの食品メーカーへの原料として調味料商品などを提案することで得意先が困っている課題(味や食感、経時劣化等)を解決することができます。
      中四国では幅広い業種・業態に取り組める点が魅力です。

    • 味の素KKの影響力

      得意先は、提案内容を親身に聞いてくださる方が非常に多い印象で、こちらが学ぶことも多々あります。
      私が新人時代に担当していた島根県の得意先は、社長自らが現場に立ち、積極的にメーカーと話をしてくれました。常にお客様目線を忘れず、どうしたらお客様・地域へ貢献できるかを一緒になって考えてくれた経緯があります。味の素を単なるブランドとしてでなく、担当者として見てくれる方が多いので、提案のやりがいは何倍にもなります。

    • 支社の雰囲気

      中四国支店は総勢約30名と、他支社と比較しても人数が少ない分、社員同士の会話も多く和気あいあいとしています。若手からベテランまで幅広い年齢層がおり、中途採用者・ワーキングママについても1割程働いており、在宅ワークを活用しながら、各自が多種多様な働き方をしています。
      業務後はジムで筋トレする方もいれば、料理教室に通う方もいて、趣味の時間も大切にしている印象です。
      業務外でも年に一度、家族ぐるみのバーベキュー行事があり、メインイベントの一つにもなっています。
      味の素の社員の特徴でもありますが、面倒見の良い方ばかりで、自分のやりたいことは業務内外応援してくれるような、非常に前向きな職場です。

  • 九州支社

    • エリアの特徴

      私たちが働く九州支社は、博多駅から徒歩5分の場所にあります。また南九州営業所も鹿児島中央駅の近くにあります。九州は、ひとつひとつの県にその特徴、良さがあり、本当に「よかとこ」です! 「よかとこ」ポイント①:食べ物がおいしい!しかもリーズナブル!お魚、お肉、野菜全ておいしいです。味の素製品を使って料理するとその良さがより引き立ちます! 「よかとこ」ポイント②:都会と自然が隣接し、風光明媚な名所も数多くあります。インドア派、アウトドア派ともに楽しめます。 「よかとこ」ポイント③:「人」がやさしい。これは是非来られて体感してください!

    • お得意先との関係

      九州には、地元を拠点としていたり、全国でチェーン展開していたりする多くのスーパーマーケット、ドラッグストアなどがあります。またレストランや、居酒屋など九州のおいしいものを提供する飲食店さんも数多くあります。そのようなお得意先へ、卸売業者さんなどを通じて当社の家庭用商品や業務用商品を供給させていただいております。また九州を代表する明太子メーカーや、醤油、味噌などの醸造メーカーなどの食品メーカーさんへも原料供給でのお取引をさせていただいております。

    • 味の素KKの影響力

      味の素グループは、創業以来一貫して事業を通じた社会課題の解決に取り組み、社会・地域と共有する価値を創造することで経済価値を向上し、成長につなげてきました。この取り組みをASV(Ajinomoto Group Shared Value)と称しています。九州支社でも「九州はひとつひとつ」というテーマを掲げて、県ごとに行政(県や市など)や流通業者、教育機関やマスコミとのネットワークを活用して、地域の生活者の皆さんの健康に貢献できるような取組を実施しています。例えば、地元の大学と連携し、生活者の健康課題である「減塩」をテーマにしたレシピを共同開発、店頭等を通じたメニューの普及を実施する予定です。

    • 支社の雰囲気

      九州支社は、博多駅から近いビルの9階・10階にあります(とてもきれいな職場です!)。同じフロアでグループ企業の、味の素AGF、味の素冷凍食品、味の素コミュニケーションズのメンバーと一緒に働いています。味の素の座席はフリーアドレスになっており、またグループ企業との共用スペースも確保しているため、社内はもとよりグループ企業ともコミュニケーションを取りやすい環境になっています。若手社員も多いですが、各年代層の方々が一緒に働いており、子育て中のワーキングママもいます。南九州営業所は、鹿児島中央駅から近いビルにあり、やはりグループ企業と同じビルで働いています。

国内事業所・工場一覧