新卒採用情報

そもそもアミノ酸とは?

そのギモンにお答えします。

“いのちのもと”となる大切な栄養成分で、カラダのさまざまな機能を担っているアミノ酸。
それほど重要な役割を果たしているにもかかわらず、人々に知られていないことが数多くあります。
いったいどんな働きをしているのか。私たちのカラダにどのように取り込まれるのか。
ここでは、そうした基本的な知識をご紹介します。

  • Q1アミノ酸とは、何をするもの?
    Aカラダの20%を占めるたんぱく質をつくっています。

    私たちのカラダの約20%はたんぱく質が占め、その種類はなんと約10万種にも及んでいます。
    この膨大な数のいのちのもとをつくっているのがアミノ酸。
    自然界に存在する約500種類のアミノ酸の中のわずか20種類の組み合わせでたんぱく質がつくられています。それだけではなく、一つ一つのアミノ酸はとても重要で、大切な役割を担っています。

    たんぱく質をつくるアミノ酸

    これら20種類のアミノ酸は、私たちのカラダにとって、決して欠かせないものです。個々のアミノ酸は、それぞれカラダにとって重要で、特徴のある役割も担っています。

    バリン・ロイシン・イソロイシン
    (分岐鎖アミノ酸 BCAA)
    カラダのたんぱく質を増やす働きや、
    運動時のエネルギー源として重要な役割を果たします。
    グルタミン 胃や腸管を守る働きをします。また、肝臓を守り、
    アルコールの代謝を高める働きを持つことが報告されています。
    アスパラギン酸 エネルギー源として最も利用されやすいアミノ酸の一つ。
    栄養剤などの成分として利用されることもあります。
    グルタミン酸 昆布だしの成分で、さまざまな食品に含まれています。
    生体内では多くのアミノ酸がグルタミン酸をもとに合成されます。
    アルギニン 血管を広げ、血液を通りやすくするために重要な役割を果たします。
    体内の余分なアンモニアを除去するはたらきがあります。
    また、免疫能を高めることも報告されています。
    アラニン 肝臓の働きを助けるアミノ酸。カラダに必要な糖を合成する材料としても
    使われます。また、アルコール代謝を改善する作用が報告されています。
    プロリン 皮膚などを構成するコラーゲンの原料。
    皮膚に潤いをもたらす天然保湿成分として重要なアミノ酸の一つです。
    システイン 皮膚に含まれる黒いメラニン色素の産生を抑えるアミノ酸です。
    リシン(リジン) 代表的な必須アミノ酸。小麦粉や精白米には不足しがちです。
    トレオニン(スレオニン) 必須アミノ酸の一つで、酵素の活性部位などを形成するのに用いられます。
    アスパラギン アスパラガスから見つかったアミノ酸。アスパラギン酸とともに、
    エネルギー源として最も利用され易いアミノ酸のひとつです。
    フェニルアラニン 必須アミノ酸の一つで、多種の有用なアミンなどをつくるのに用いられます。
    セリン リン脂質やグリセリン酸をつくるのに用いられます。
    メチオニン 必須アミノ酸の一つで、 生体内で必要なさまざまな物質をつくるのに用いられます。
    グリシン 体内でつくられるアミノ酸で、カラダに広く存在しています。
    神経ネットワークの情報のやりとりにも関わり、運動・感覚などの調節に
    役立っています。また、コラーゲンの1/3を構成しています。
    チロシン 多種の有用なアミンをつくるのに用いられ、フェニルアラニンや
    トリプトファンなどとともに芳香族アミノ酸とも呼ばれます。
    ヒスチジン 必須アミノ酸の一つで、ヒスタミンなどをつくるのに用いられます。
    トリプトファン 必須アミノ酸の一つで、多種の有用なアミンなどをつくるのに用いられます。

    ※必須アミノ酸とは、体内で合成できないため、食べ物からとる必要があるものを言います。

  • Q2アミノ酸からつくられる、たんぱく質の役割は?
    Aカラダをつくり、動かすことで、いのちを支えています。

    アミノ酸はたんぱく質の原料ということをご紹介しましたが、ではそのたんぱく質はカラダの中で何をしているのでしょうか? たんぱく質は肌や毛髪、筋肉・内臓をつくる、なくてはならないもの。それだけでなく、カラダを動かす生命活動のほとんどを司るという重要な役割を果たしています。例えば、各種のホルモンや酵素、抗体となってカラダを維持・調節したり、エネルギーとなってカラダを動かしたりする源に。たった20種類のアミノ酸が約10万種のたんぱく質となり、私たちの「いのちのもと」になっています。

  • Q3アミノ酸は、どのようにしてカラダに取り込むの?
    A食事で摂る肉や魚などのたんぱく質が、
    体内でアミノ酸に分解されます。

    いのちのもとであるアミノ酸を、私たちはどのようにして体内に取り込んでいるのでしょうか?
    夕食で食べた肉や魚をたどってみると---食材のたんぱく質はそのままの形ではなく、胃や腸で分解されてアミノ酸となり、体内に吸収されます。そして、血液によって全身の細胞へ運ばれ、そこでアミノ酸どうしが遺伝子(DNA)に従ってつながり、私たちが生きるために必要なたんぱく質に再合成されるのです。

  • Q4アミノ酸のチカラは、
    他にどのように活用されているの?
    A 食、健康、スポーツ、美容など、
    さまざまな分野で大活躍しています。

    食とアミノ酸

    おいしさのカギは
    アミノ酸にあり
    アミノ酸は甘味、苦味、酸味やうま味を持ち、その味はアミノ酸によってさまざまです。そのため、アミノ酸の組み合わせが食べ物の味を決める要素の一つに。私たちが感じる味は、含まれているアミノ酸の種類と量に大きく関係しています。
    アミノ酸の組み合わせが食べ物の味のカギ!

    出典:Kawai M et al., Amino Acids, 43: 2349-58, 2012

    毎日の健康とアミノ酸

    健康な毎日に欠かせない
    アミノ酸
    私たちのカラダを構成するたんぱく質は、毎日合成と分解を繰り返しています。そのたんぱく質をつくるアミノ酸をきちんと食事から摂ることは、毎日の食事の重要なテーマ。不足するとカラダのさまざまな機能が正しく行われにくくなります。特に必須アミノ酸の欠乏時は、低栄養状態や肌あれなどが起こることがあります。アミノ酸は私たちが生きていく上で欠かせない栄養成分なのです。

    健康チェックとアミノ酸

    血中アミノ酸バランスで、
    がんなどの
    リスクをチェック
    病気になると多くの場合、代謝のバランスが変化して血液中のアミノ酸濃度が変動することがわかっています。味の素KKはこれに着目し、複数のアミノ酸濃度からなる指標「アミノインデックス®」による健康チェック法を確立。血液中のアミノ酸濃度のバランスから、現在がんである可能性や、将来糖尿病になるリスクなどを評価することができます。

    スポーツとアミノ酸

    スポーツにも活用できる、
    アミノ酸のチカラ
    長時間にわたって運動を行うと、カラダは不足したエネルギー源を補うために、アミノ酸を消費しはじめます。そのため、運動開始前や途中にバリン・ロイシン・イソロイシン(BCAA)を補給すると、パフォーマンスアップにつながる可能性が。また、運動直後や就寝前などに補給すると筋肉痛などのダメージを軽くする効果も期待できます。

    美容とアミノ酸

    一人ひとりの
    “きれい”に、
    アミノ酸がしっかり貢献
    肌の保湿に重要な役割を果たすアミノ酸は、傷ついた髪のキューティクルケアにも有効的。また、筋肉の原料であるアミノ酸を補給しながら、ランニングや長距離水泳などの運動を行うと、筋肉の合成が促されて組織が増えます。筋肉が増えた結果、基礎代謝が高まり、消費エネルギーが増えて太りにくいカラダをつくるという効果も期待できます。
  • Q5味の素グループとアミノ酸は、
    どのようなつながりがあるの?
    A 私たちは、100年以上の歴史を持つ、
    アミノ酸研究のリーディングカンパニーです。

    味の素グループは、1908年に昆布だしの味がグルタミン酸(アミノ酸の一種)に由来することが発見されて以来、アミノ酸に関する知見を長年にわたり蓄積。それらをもとに、アミノ酸の幅広い機能をさまざまな分野に発展させてきました。
    生命や健康を支えるアミノ酸は、まだ私たちが知らない可能性を秘めています。
    味の素グループは、調味料としての利用をはじめ、医薬品やアミノ酸を活用した甘味料、化粧品の原料などの研究を行っています。